2020年02月27日

◆ 新型コロナウイルスの話題 4

 新型コロナウイルスの話題を六つ。

 ──

  (1) 小中高 臨時休校

 安倍晋三首相は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、全国すべての小中高校と特別支援学校について、3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請した。法的根拠はないが、感染者の増加を踏まえ要請に踏み切った。
 首相は26日にスポーツ・文化イベントの今後2週間の開催自粛を要請したばかり。その翌日に、より多くの国民の日常生活に関わる前代未聞の要請が出されることになった。
( → 【まとめ】全国の小中高校に臨時休校を要請(27日) [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞

 反響は……
  → 長期の臨時休校、子供の世話はどうする? 働くママ悲鳴 | 読売新聞
 働きながら子育てをしている親たちからは、悲痛とも言える声が相次いで投稿されています。
 「え?学校休み?春休みまで?うちの子独りで留守番はまだ無理だよ」「嘘でしょ・・?だったらすべての会社も休みにしてもらえるんですかね??全国の共働きのお家の子はどうしろと??」「低学年の子供がいる共働きの家はどうしたらいいの?仕事は休めない在宅ワークできる職場ばかりじゃないのよ」
( → 臨時休校要請 インターネット上に戸惑いの声相次ぐ | NHKニュース

 すでに休校を実施済みの北海道では、看護師が2割減となって外来受付を中止した病院もある。
  → 休校で看護師出勤できず外来休診|NHK 北海道のニュース
  → 看護師2割減の病院も 小中高休校要請で医療機関が混乱の不安 千葉市長「社会が崩壊しかねない」

 はてなブックマークでも批判の嵐だ。

  もっぱら看護クラスタが「これ病院機能停止する」と大騒ぎになっており/北海道の休校の地域ではすでに看護師が子供の世話で休むために病院の機能制限が出まくってるそう
 ──
 正気か?シングル家庭とか死亡するで。
 ──
 共働きの親はどうするん? 春休みと違って、学童保育も休業することになるんだろうし。
( → はてなブックマーク

 やむなく、対策を考える自治体もある。
 臨時休校を要請したのを受け、千葉市の熊谷俊人市長は27日夜、ツイッターで「全国一斉春休みまで休校…いくらなんでも…。社会が崩壊しかねません」と指摘した。
 そのうえで「低学年と特別支援学級を中心に、保護者が対応できないケースについて学校で、感染防止に十分配慮した上で預かる方向で検討します」とした。
( → 千葉市長「低学年、学校で預かる方向」 政府休校要請で:朝日新聞

 クルーズ船の乗客では、「感染している客を解放する」という甘すぎる対応をした。と思えば、今度は「感染してもいない生徒を過剰に休校にする」という厳しすぎる対応。まったく、適度というものを知らないね。
 風呂で言えば、熱すぎるか冷たすぎるか、どっちかだ。ひどいものだ。

 ※ 「すでに休校を実施済みの北海道」と述べたが、北海道は特別な事情にある。もう暖かくなった関東以南とは違って、北海道はまだ寒い。そのせいで感染しやすいので、感染した人の数が多いのだ。
  → 都道府県別の新型コロナウイルス感染者数 | nippon.com
 ほとんどの県は5以下の数値なのに、北海道だけは何と 54人も感染していて、飛び抜けて感染者数が多い。つまり、「北海道で成立したことが他県でも成立する」とは言えないのだ。首相には理解できないようだが。

 ※ 上のデータを見ると、おおむね「人口 100万人に、感染者数が 3ぐらい」というふうに概算できる。東北各県は、寒いけれど、人口が少ないせいで、感染者数がゼロであるようだ。

 (2) 検査の件数

 検査数が少ないことについては、政府が公式に認めた。
 加藤勝信厚生労働相は26日の衆院予算委員会で、18〜24日の7日間に実施した新型コロナウイルスの検査件数が約6300件で、1日平均約900件だったと明らかにした。政府は最大で1日約3800件の検査が可能と説明していたが、実数はそれを大きく下回っていた。
( → 新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 説明大きく下回り野党批判 - 毎日新聞

 1日平均約900件というが、厚労省のホームページでは、「累計で 1890件だ」と示していた。
  → 新型コロナウイルス感染症について
 これだと 1日あたり 50〜 100件程度になる。上の記事と数字が合わない。どっちかの数字が間違っていることになる。しかも、数字の乖離がひどすぎる。

 なお、次の情報もある。ソースはテレビの報道。
 PCR検査の協力要請を受けた都内の民間検査会社が2月17日に検査受け入れ体制が完了したにも関わらず、本日現在一件も検査依頼が無いと暴露。
( → Twitter

 2月17日から26日まで、検査能力は1日 240件で、実施数はゼロ。依頼がないせいで。……キャパがないどころではないね。
 ただ、民間の施設で利用がないということから、「予算(つまり金)がないからだろう」という私の推測が裏付けられる。前々項で述べた推測。
  → 新型肺炎の検査数が少ないわけ: Open ブログ の 【 追記 】

 (3) 検査拒否の理由

 病院の検査拒否については、次の理由も考えられる。(仮説)
 大病院では感染患者の受付ができるが、小病院では感染患者の受付ができない。検査して、感染が判明しても、受け付けるだけの設備がない。無理に受け付けたら、防疫体制もないまま、医師や看護婦が新型コロナに感染してしまうかもしれない。それは怖い。だから、新型コロナらしい患者は、極力、排除したい。
 つまり、「自分の病院には入院させたくないから、検査もしない」というわけだ。
 ちなみに、「検査を受けさせてください」と言わずに、「他の病気でしょうけど、症状がひどいので、とにかく入院させてください」と頼んでごらん。たぶん、断られる。「新型コロナの患者かもしれないのに、入院させてたまるか」と医者は思っているはずだ。

 これに対する解決策は、こうだ。
 新型コロナの患者を、たくさん集中的に受け入れる大病院をあちこちに整備するといい。専用フロアがあればいいが、そうでなくても、とにかく受け入れ体制を整えてくれる大病院があればいい。
 そのあとは、小病院は、紹介状を書いて、大病院に送り出せばいい。これなら、新型コロナだと判明しても、小病院は自分のところで受け入れる必要はない。だから、小病院でも検査をする気になるだろう。(どうせすぐに大病院に転院させるのだから、自分のところで検査しても、何ら問題ない。)
 というわけで、新型コロナの患者を受け入れ可能な大病院をたくさん増やすべきだ。
 つまり、検査しないことでは、検査のキャパに問題があるのではなく、入院させる病院の入院能力のキャパに問題があるわけだ。特に、小病院では。

 なお、「検査しないのは科学的な合理性に基づく」というふうに(自称)正論を吐く医者もいる。
  → 「コロナウイルスPCR検査に関して、科学的に妥当なものの見方ができる人たちと不安の強い人たちとの分断について」
  → もし家族が肺炎になったら新型コロナの検査を要求するか? - NATROMのブログ

 こういう医者には、「コロナに感染しているとわかったら入院させてくださいね」と頼んでごらん。きっと入院を拒否されると思うよ。
 つまり、「入院拒否」が本音であって、そのために、「検査拒否」を理由として利用しているだけだ。「科学的合理性」というような名分で。
 自分の利己的な利益のために、理屈をこねあげているわけだ。
( ※ ま、医者が「自分は死にたくない」と思うのは仕方ないが、だからといって、理屈にもならない嘘を正論のごとく書くのは困りものだ。キャパはあるのに「キャパがない」という嘘。)

 (4) 夏の五輪まで続くか?

 夏の五輪の時期まで続くだろうか?
 「続くかもしれない。その場合には、五輪を1年延期」
 という提案があった。
  → 東京新聞:東京五輪「1年延期」に言及 新型コロナでIOCの最古参委員
 五月に判断すればいい、という見解もあった。
  → IOC委員、東京五輪開催の判断「5月下旬が期限」 : 読売新聞

 一方、感染症の専門家からは、楽観的な意見が聞かれる。「このウイルスは、暑さに弱く、壊れやすいので、暖かくなれば消えてしまう」と。
 ウイルスの多くは、外殻(エンベロープ)に覆われたボール状で、外側にトゲ(スパイクタンパク質)をたくさん備えています。
 ところがコロナウイルスの「トゲ」は脆弱で、空気中では脱げてしまうんですよ。そのため、咳や痰で排出した飛沫に含まれるコロナウイルスは、1メートルも飛べば死滅してしまうわけです。

 テレビで4月、5月にさらに感染が広がるおそれがあると発言している人がいて唖然としました。コロナウイルスは気温が上がると生きていけないんです。もともと冬の寒い季節に活発になる風邪のウイルスなので、2月末から3月に入れば自然に終息すると私は見ています。
正しい知恵と対処法をもって向き合あえば、あと1ヵ月で終息するはずです。
( → コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由(山根 一眞)

 将来については楽観的に考えていいようだ。もちろん「五輪中止」の恐れも考えなくていいだろう。

 (5) 豚インフルエンザとの比較

 五輪への影響という点では、2009年の豚インフルエンザとの比較も参考になる。
 豚インフルエンザでは、こうだった。
  ・ 五月には感染者 5000人を突破。死者はゼロ同然。
  ・ 夏には、感染者6万人、死者はゼロ同然。
  ・ 冬には、感染者は千万人規模で、死者は 198人。


 夏では、感染者数は途方もない数になったが、死者数では無視できる規模だった。豚インフルエンザは、感染力は強いが、重篤化することはなかったわけだ。(夏の時点では)

 ただし、その後、冬の数値を見ると、感染者数も死者数も、ものすごい規模になったように見える。だが、実は、これは例年のインフルエンザ被害よりも、かなり少ない。豚インフルエンザのあったことで、被害があるにはあったのだが、その規模は、通年のインフルエンザ被害の規模よりも、かなり小さかったわけだ。
 「 198人も死んだので、大変だった」というよりは、「 198人しか死なないで済んだので、とても良かった」というわけだ。ありがたや、ありがたや。
( ※ なお、これは、タミフルが有効だったことも一因だ。通常のインフルエンザは、タミフル耐性になっていたので、すでにタミフルが有効でなくなっていた。その点、豚インフルエンザは、タミフルが効いたので、死者数は少なくて済んだ。特に、高齢者や虚弱者には、タミフルの効いた効果があったらしい。)

 新型コロナは、流行の初期の時点では、すでに4人が死んでいる。(クルーズ船の分を除く。)……その点では、ほとんど死者がいなかった豚インフルエンザよりも、死者数は多い。多いと言っても、たったの4人だが。
 一方、感染者数は、豚インフルエンザよりもずっと少ない。中国や韓国ではひどい感染者数だが、日本ではそこまで広がっていない。(政府によるバイオテロがあったにもかかわらず、だ。)
 中国では多数の死者が出ているとは言え、死者は(治療をまともに受けられない)武漢に集中している。それ以外の都市では、死亡率は 0.2〜0.3% であるにすぎない。それも、超高齢者や基礎疾患患者の人が多いようだ。
 やはり、過度に怯える必要はない、と言えるだろう。どちらかと言えば、交通事故で死ぬ確率の方が、はるかに高そうだ。

 ※ 「現状を甘く見ていい」という意味ではない。
 ※ 特に北海道は、まだ寒いので、感染しやすい。注意が必要だ。

 (6) 対策は、手洗いだけでなく

 上記の (4) のページ(記事)では、次の話もある。
 コロナウイルスは壊れやすいので、1%の界面活性剤を噴霧するだけで殺せます。特別な消毒剤がなくても、水にごくごくわずかな家庭用の洗剤や石けんを溶かしたもの使うのでも効果があります。
 また手洗いでは、水だけで洗うのでは十分ではないので、石けんを使うことです。石けんはウイルスを作っている膜を溶かしますから。

 なるほど。これは役立つ知見だ。
 ただ、これに関連して、思ったことがある。
 「いくら手洗いを推奨しても、吊り革に触れた手袋を手洗いするわけには行かない。不潔な手袋をどう処理するべきか?」 そう考えて、こう思った。
 ティッシュを使って、接触を避けるといい。たとえば、吊り革やドアノブに触れるときには、手や手袋で触れずに、ティッシュ越しに触れるといい。そのために、ポケットには小型ティッシュを常備しておくといい。
 電車に乗ったら、ティッシュを一枚取り出して、手袋の上に置く。こうすれば、不潔な吊り革に手袋で触れることがない。
 あるいは、(手袋なしで)素手とティッシュでもいい。
 どっちみち、電車から降りたら、ティッシュを捨てる。吊り革には直接触れないわけだ。
 その後、目的地に着いたら、さっそく手洗いを励行する。(手袋をしていれば、手洗いは不要だが。)

 ともあれ、手洗い以外にも、他の方策も取れるわけだ。
posted by 管理人 at 23:19| Comment(16) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
臨時休校措置については、安倍の思い付きで突っ走ったのが実際のところですね。

都道府県はもとより、文科省の幹部クラスでさえ、寝耳に水だったようですし。

もし事前準備していたとすれば、25日の『基本方針』に盛り込まれていたと思います。
Posted by 反財務省 at 2020年02月27日 23:30
【識者の眼】「新型コロナウイルス感染症はSARSに類似(2)─インフルエンザに比べはるかに重い疾患」菅谷憲夫

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14034
Posted by 通りすがり at 2020年02月27日 23:43
子供に感染者,或いは,重症者が出ると「この無能!」という社会的インパクトが大きいのでビビったのでしょう.
余計な事を....
Posted by 大学教員 at 2020年02月28日 00:30
本記事 (4)「夏の五輪まで続くか?」のところで、「コロナウイルス感染拡大は3月までに終結」との専門家の見解が示されていますが、コロナウイルスだから一律に高温に弱い、とは言えないと思います。
MERS(中東呼吸器症候群)の原因ウイルスもコロナウイルスですが、その名の通りサウジアラビアを始めとするアラビア半島諸国で発生しましたし、しかも感染が始まったのは2013年の5月からです。また、韓国では、2015年の5月から7月にかけてアウトブレイクしました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E5%91%BC%E5%90%B8%E5%99%A8%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

確かに、昔からある風邪のコロナウイルス(4種類)は高温に弱いかもしれませんが、その特性が全てのコロナウイルスに当てはまるとするのは短絡的でしょう。
Posted by かわっこだっこ at 2020年02月28日 03:17
検査件数;表面化する感染者数が増えないよう検査をさせたくない圧力があるのでは
Posted by アラ還オヤジ at 2020年02月28日 04:01
北海道や大阪市の休校対応発表がネットで称賛されていたのを見て自分も二匹目のドジョウを狙おうとしたのでしょうが、ネットでは自分に関係ない極端な政策は称賛される傾向にあるので、その評価を見誤ったのでしょう。
ポピュリズムは感情を満足させるだけで、実態には悪影響をもたらす典型と思います。
Posted by PF at 2020年02月28日 04:44
 「北海道はまだ寒いので、感染した人の数が多いのだ」という話を、(1) の最後に加筆しました。
Posted by 管理人 at 2020年02月28日 07:03
(1)の加筆「北海道はまだ寒いので、感染した人の数が多いのだ」について。確かに気温の要因も否定できませんが、北海道については、@PCR検査の母数が多いと推定されることと、A海外でも人気の高い「冬の一大観光地」なので、1月までは中国人客の流入もそれなりにあり、この季節に人と人が接触する機会が多いエリアであることが主因だと、私は思います。

もし、気温が主因であるならば、中国国内でも、武漢を除けば、寒い内陸部や高緯度地域のほうに感染者数が偏っているはずですが、下の統計サイトを見るとそうなっていません。本当の辺境地域は住民や人の移動が少なくパンデミックしにくいと思いますが、内陸部や北部の大都市を含むエリアでも猖獗を極めていない省があるなど例外も多く、筆者が示された「仮説」は考えづらいように感じます。

北海道に比べて東北地方で感染者が少ないのは人が少ないからだ、と補足されていますが、東北にも仙台などの大都市があり、現在は自動車関連をはじめ工業もさかんなエリアので、北海道との差をこれに求めるのは無理があると思います。

https://news.ifeng.com/c/special/7tPlDSzDgVk
Posted by かわっこだっこ at 2020年02月28日 12:55
発表されている都道府県別感染者数ですが、分母=PCR検査者数も同時に発表しないと評価不能だと思います。
Posted by H at 2020年02月28日 13:00
 北海道の感染者数と他県の感染者数が異なることについて、「その理由は何であるか」というのは、話のオマケであって、テーマではありません。理由が何であるかはついでに言及した余談であって、本論ではありません。気温の差はたぶん主因だと思えるが、他に副因がいくつもあって当然だし、理由はいろいろあるでしょう。

 話の本論は別のことです。こうだ。
 「北海道では感染者が多いので休校という措置を取ったが、そのことは本州でも休校という措置を取るべき理由にはならない。北海道でこうだったからといって、本州でもこうだということにはならない」

 再掲すると、こうだ。

> 「北海道で成立したことが他県でも成立する」とは言えないのだ。

 ここでは、政府の方針の根拠を否定しています。ここでは、ある主張についての否定があるだけです。私自身が何らかの主張をしているわけではありません。
 ××とは言えないのだ……という否定文があるだけです。


> 評価不能だと思います。

 別に評価しているわけでもありません。参考として見るぐらいで十分。

 ──

 なお、観光客の影響があるとしたら、東京や京都や大阪でも増えているはずですが、人口当たりの数は、他県とほとんど同じです。というより、京都・大阪・福岡は、人口当たりではとても低い数値だ。暖かくなっているせいかも。
Posted by 管理人 at 2020年02月28日 19:17
 政府が故意に検査拒否を進めていることが暴露された。
  → https://news.livedoor.com/article/detail/17887175/

 呆れるのは、はてなブックマークだ。この隠蔽行為を批判している人が多い。
  → https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.livedoor.com/article/detail/17887175/

 きみたち、今になって何を善人ヅラをして、政府を批判しているんだよ。この政府の隠蔽行為と同じ意見(検査拒否の正当化をする医者の意見)をかつて支持してきたのは、自分たちだろうが。
  → https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200228-00165104/

 なお、「検査拒否の正当化をする医者の意見」というのは、本項の (3) に示してある。
Posted by 管理人 at 2020年02月29日 07:57
> 発表されている都道府県別感染者数ですが、分母=PCR検査者数も同時に発表しないと評価不能だと思います。

 というコメントがあったが、この疑惑は上記記事(リンク)で裏付けられたようだ。
  → https://news.livedoor.com/article/detail/17887175/

 北海道の感染者数が極端に多いのは、北海道だけで検査拒否がなされていなかったかららしい。他県では検査拒否が推進されていたので、検査数そのものが大幅に抑制されて、感染者数が少なくなっているようだ。
 北海道では今後は検査数が激減するので、感染者数も抑制されそうだ。
Posted by 管理人 at 2020年02月29日 08:04
> 発表されている都道府県別感染者数ですが、分母=PCR検査者数も同時に発表しないと評価不能だと思います。:「Hさんのコメント」に関連して、

宮城県を含めて東北6県の検査母数は、確かに隠蔽されているようですね。政府高官が記者の前で匂わせちゃってます。例のイベント自粛要請の日の夜に政治試験パーティーを開いていた秋葉首相補佐官です(下記動画の1:20頃から)。

この補佐官は、東北の感染者ゼロを強調してますが、そもそも公開がはばかられるほど検査をしてないから、ゼロ維持なんでしょうね。「語るに落ちた」とはこのことです。

https://www.youtube.com/watch?v=N13e-E9ejY4
Posted by かわっこだっこ at 2020年02月29日 13:58
はてなブックマーク、ひどいですね!

ところで、管理人さんの 2020年02月29日 07:57 コメント中の、

「この隠蔽行為を批判している人が多い。」
というのは、

「この隠蔽行為を批判した人を後から貶めている人が多い。」
という主旨でいいですか?

細かくてすみません。
Posted by かわっこだっこ at 2020年02月29日 14:10
> この隠蔽行為を批判している人が多い。

 たしかに、文意がわかりにくかったですね。
 その説明となる話を、続く文中で解説していますが、そこにいくつか語句を追加して、わかりやすくしておきました。

 政府の隠蔽を、今は批判しているが、かつては同じ意見を支持していただろ、という意味。
Posted by 管理人 at 2020年02月29日 14:43
臨時休校については、萩生田文科大臣のみならず、公明党も必死で止めたようですが、『殿の御乱心』を止めることはできませんでした。

特に萩生田大臣は『共通テスト』の件で痛い目に遭っているので、臨時休校は何が何でも止めたかったのだろうと推測します。
Posted by 反財務省 at 2020年03月01日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ