2020年02月16日

◆ 新型コロナウイルスの話題

 新型コロナウイルスについて、いくつか話題を取り上げる。( 12項目 )

  ※ 最後に (12) を加筆しました。

 ──

 (1) 湖北省で感染拡大

 湖北省の感染は今なお拡大中で、収束の傾向が見えない。
  → 新型コロナウイルス 中国で新たに139人が死亡 死者1662人に | NHK

 (2) 日本でも拡大

 日本でも感染がどんどん拡大している。もはや水際対策は意味がなくなり、国内でどんどん感染が拡大している状態だ。
  →  新型ウイルス 加藤厚労相 「感染経路見えなくなってきた」 | NHK

 (3) 屋形船で感染

 むしろ、国内では感染ルートがわかっているのが例外的だ。わかったのは1件だけ。屋形船で感染したそうだ。
  → 都内で新たに8人感染 屋形船乗船のタクシー運転手ら:朝日新聞
  → 感染、始まりは雨の屋形船 窓閉め切って宴会2時間:朝日新聞

 (4) NTT で高熱の患者

 NTT で高熱の患者が出たそうだ。
  → 当社拠点における新型コロナウイルス感染者の発生について | NTTデータ

 この患者は、総武線と浅草線で通勤していたので、そこから感染させられたのかもしれず、また、自分がウイルスを撒き散らした恐れもある。
  → NTTデータはコロナウイルスでも休めない? 「総武線と浅草線で通勤した」 - Togetter

 これによると、「2/2 微熱 → 2/7 40℃近い高熱 → 2/10 入院 → 2/14 解熱」「4日と7日は電車で通勤した」とあるだろ。したがって高熱でも出勤したのは 2/7 だ。40℃に近い高熱なのに出勤したわけだ。

 (5) 重症化の危険?

 上の患者の例を見ると、「40℃ぐらいの高熱が1週間も続いた」ということなので、かなりの重症だったことになる。通常のインフルエンザではありえない重症だ。とすると、今回の新型コロナウイルスは、インフルエンザよりもずっと危険な病気なのだろうか?
 そうは言えない。というのは、上記のように若くして重症になった人はいるのだが、数は限られているからだ。大部分の人は、軽症のままで、重症化しない。ただのインフルエンザだと思って、自宅で寝ているだけである人も多いようだ。そのまま快癒したので、新型コロナウイルスに感染したとは思っていない人が多いようだ。
 そもそも、上記の人も、「新型コロナウイルスの検査をしてくれ」と何度も注文して、何度かことわられたすえに、ようやく「感染している」と判明しただけだ。たいていの軽症者は、検査することもなく、いつのまにか快癒しているわけだ。
 つまり、感染しても重症化しない人が大部分であるわけだ。「新型コロナウイルスは危険だ」と恐れるよりは、「たいていは快癒するが、個人差で重症化することも、たまにはある」というぐらいの理解でいいだろう。
 重症化した場合にのみ、医療機関や保健所に相談すれば、間に合うだろう。

 (6) 相談先

 「感染したかも」と思ったときに、相談先はどこか? 朝日新聞に記事がある。
 なかなか症状が回復しない、あるいは悪化して感染したかもしれないと思ったら、中国・武漢市への訪問歴の有無などにかかわらず、各地の保健所などに設置された「帰国者・接触者相談センター」に電話で問い合わせる。そこで、担当者が聞き取りをし、感染が疑われると判断した場合には専門外来「帰国者・接触者外来」を紹介される。
( → 私も新型肺炎? 風邪より長引く症状「目安は4〜5日」:朝日新聞

 相談するための症状の目途は、4〜5日の様子見だ。「新型コロナウイルスに感染すると、かぜやインフルエンザに比べて症状が長く続く傾向があることがわかってきている」ということなので、治りにくい場合にのみ、相談すればいい。治ったならば、相談しなくていい。(たとえ新型コロナウイルスに感染したとしても、だ。)
 なぜ相談しなくていいかというと、いちいち相談して検査していたら、検査能力がパンクしてしまうからだ。そんなことになると、重症者の検査もできなくなる。それでは困る、というわけだ。(もともと全数検査の能力はない。)

 なお、記事にはフローチャートの図もあるので、それを見るといいだろう。
 
 (7) 微熱で休め

 自分が感染しないことだけでなく、他人に感染させないことも大事だ。そのためには、「微熱が出たら、会社や学校を休む」ということが非常に重要だ。前にも述べたとおり。
 インフルエンザや風邪では、「初期感染ですぐに休む」という原則を守るべきだ。特に、集団で活動をしている場(会社や学校)では、そうだ。
( → 新型コロナウイルスの危険性 2: Open ブログ

 これと同趣旨の意見も報道された。(国際医療福祉大の和田耕治教授の話。)
 和田さんは「うつらないことに加え、うつさないことも心がけて。熱やせきがある場合は感染している可能性も考え、できれば仕事も休んでほしい。職場は今以上に休みを取りやすいように配慮してほしい」と話す。
( → 感染、始まりは雨の屋形船 窓閉め切って宴会2時間:朝日新聞

 学校や会社は、この方針を徹底するべきだろう。この方針は、新型コロナウイルスに限らず、インフルエンザにも適用されるべきことだ。

 (8) 米国がクルーズ船の乗客の引き取り

 クルーズ船の乗客について、米国のメディアは、日本政府の方針(乗客を下船させないこと)を批判していた。
  → クルーズ船の日本政府対応、米メディアが批判 TBS NEWS
  → 「日本の検疫のやり方は人権侵害だ」米メディア

 その後、米国政府はクルーズ船の乗客の引き取りを決めたそうだ。
  → 横浜 クルーズ船の米国人、米国務省 チャーター機で退避決定 TBS NEWS

 ところが、乗客はこれを受け入れない人も多いようだ。
 予定された14日間の検疫期間が終わるまではあと数日。そのタイミングでの米政府のチャーター機派遣という決定は、「遅すぎた」。
 また、「検疫期間中でウイルスの検査結果も出ていない人々をまとめてバスに乗せ、飛行機で帰国させるという対応は、ここまで船室内で我慢してきた努力を無駄にするようなものだ」とも話した。その上で「しかも米国内でさらにもう2週間検疫するという。シンプルにばかげている」。
( → 米から救出機「遅すぎ。乗らない」 拒むクルーズ船客も:朝日新聞

 これは、ごもっとも。常識的に考えれば、チャーター機に乗る人はあまりいないはずだ。「シンプルにばかげている」からだ。
( ※ 乗るのは、パニック状態になった、馬鹿だけだろう。しかも、乗ったあとで、米軍基地に閉じ込められて、さんざん後悔することになりそうだ。米軍基地では、豪華客船に比べて、ベッドや部屋などの待遇も悪いはずだからだ。)

 (9) 米国の感染者

 日本で感染者が続出するのを見て、米国内では日本の方針を批判する声が出ていた。
 米メディアは情報不足で感染におびえる乗客の声を伝えるとともに、「(日本政府の検疫は)感染をとどめるものではなく、船内で感染を広げているという証拠が山ほどある」(ジョンズ・ホプキンス大公衆衛生大学院のトム・イングルスビー氏)といった専門家の見方を紹介していた。
 また、議員からも米政府が自国民を救出に動くべきだとの声が上がっていた。政治専門サイト「ポリティコ」は14日、「中国・武漢に次ぐ、世界で2番目に大きいコロナウイルスの集中場所だ」という議員の言葉を紹介した。
( → 米、待ちきれず救出へ「日本政府、逆に感染広げている」:朝日新聞

 ところが、その米国では、インフルエンザの死者が1万人超であると報道されていた。(2月8日)
  → 米国でインフルエンザ猛威 死者1万2000人

 これはインフルエンザの死者だと思われていたのだが、実は、ここには新型コロナウイルスの死者が大量に含まれていたらしい。というのは、米国ではインフルエンザ状の死者が出ても、新型コロナウイルスに感染していたかどうかを調べていなかったからだ。このことは CDC が認めている。「今後は調べることにします」という形で。
 米当局は、国内の保健当局によってインフルエンザに似た症状が確認された患者に対し、新型コロナウイルス「COVID-19」の検査を行う措置を開始する。米疾病対策センター(CDC)の高官が14日、発表した。米国内の新型ウイルス対策が大幅に強化された形だ。
( → 米、インフル症状に新型ウイルス検査へ 対策を大幅強化 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

 要するに、これまでは疑いがあっても検査していなかった。とすれば、1万2000人という数の死者のうちには、新型コロナウイルスの感染者が大量に含まれていた疑いがある。つまり、日本の感染者拡大を批判していたら、足元の米国内でも大量の感染者が拡大していて、しかも、自分は検査すらしなかったので、その事実に気づかなかった……というわけだ。
 自分を見ずに、他人を批判する。馬鹿丸出しとは、このことだ。

 (10) 今後の見通し

 今後はどうなるか? 今年は暖冬で、気温が暖かくて、すでに3月並みの気温になっている。とすれば、国内で感染が広がっても、パンデミックというほどの大感染にはならないまま、やがては収束しそうだ。
 その間も、少しは感染が拡大するだろうから、人々は「自分は感染するまい」として、なるべく感染を避ければいいだろう。やたらと出歩く機会も減らした方がいいだろう。

 特に大事なのは、微熱で休むことだ。このことを、学校や企業は徹底するべきだ。(前出)
 また、手洗いも大事だ。ただし、1日に何度も手洗いしても、あまり結果に差は生じないらしい。むしろ、外出から帰宅したときに、とりわけ念入りに手洗いすることが大切らしい。石鹸を使って、指の間も念入りに手洗いする。軽く水で流すぐらいでは駄目だ。


 (11) マスクの不足

 マスクについては、「買えない」という不足の声が多いが、使い捨てにしないで、洗って何度も使うべきだろう。
 そもそも(手術用でない一般向けの)マスクは、ウイルスのフィルター機能はろくにない。飛沫感染を防ぐことと、喉を保温・加湿することが主目的だ。そのためには、洗って使うのでも十分に足りるのだ。(再利用で、フィルター機能が落ちるとしても、もともとそんな機能は期待されていない。)
 その意味で、購入できた人は、一人で 50枚も独り占めせずに、まわりの人に分けるといいだろう。それも、2枚 100円ぐらいで売りつければ、差額を儲けることができる。がめついようだが、そうすることをお薦めする。(一人で 50枚も独り占めする方が、ずっとよろしくない。)
 
 なお、次の報道もある。
  → 菅官房長官「週1億枚供給」宣言でも「本当にマスクは足りるのか?」の大疑問
 「週1億枚供給」とのことだが、1人で 50枚を箱買いすれば、効果は 50分の1となる。「足りる」と言えるのは、50人に1人だけだ。残りの 49人は足りないままだ。
 だからこそ、「分かちあうこと」が大切となる。そのためには、「マスクを洗って再利用すること」が不可欠となる。

 (12) マレーシアの対策
 
 マレーシア政府の対策が示された。理想的なので、紹介しよう。


 これに比べると、日本政府の方針はひどいね。企業優先(労働者虐待)を考えてばかりいるから、「かえって国全体で損してしまう」ということを理解できないわけだ。

 企業にしても、
  ・ 風邪気味の人を出社させることで得る仕事量
  ・ 多数の同僚が感染して病欠することで失う仕事量

 を比べれば、前者よりも後者がはるかに大きいとわかるはずだ。それを理解すれば、マレーシアの方針がとれる。なのに、理解できない馬鹿経営者が多すぎる。日本政府もまた同様。
 
posted by 管理人 at 12:57| Comment(4) |  インフルエンザ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に (12) を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2020年02月16日 13:29
>理解できない馬鹿経営者が多すぎる

まあ日本はブラック企業だらけだし。
Posted by 名無し at 2020年02月16日 21:59
10-12月GDP、ウイルスも暖冬も関係なく、2%消費増税だけでこの落ち込み
現在の状況ですから年率換算はこんなものじゃ済まないでしょうね

私はわずかばかりアベノミクスの恩恵に預かったくちですが
新型ウイルス騒動が春以降収束したとしても儲けの分は吹っ飛ぶでしょうね
残るのは確実に値上がった各種生活コストだけ…

しかも専門家によると湿度の高い空間でも感染力を維持してしまう可能性があるとか
夏まで混乱が収まらずとなるとオリンピックもダメでしょう

この国はもうウイルスというか、経済の方でめちゃくちゃにヤバいのでは?
Posted by よしお at 2020年02月17日 12:39
ちょっと騒ぎすぎな感じもありますが(個人的にはアメリカがインフルで1万人近く亡くなってるのが怖い)、終息の欠片も見えないので、東京五輪は中止という事になるかもしれませんね。(もともと池井さんの件や桃田選手の負傷、マラソンの札幌移転など、五輪には暗雲が垂れ込めてましたし)
よしお様の言うように、経済も大打撃を食らって、日本の衰退に拍車が掛かりそうです。五輪中止による経済打撃、悪名高き増税(狂気の沙汰)、長い長いデフレ・・・終わりですね。
Posted by 名無し at 2020年02月17日 17:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ