2020年02月14日

◆ 消えたシウマイ弁当

 クルーズ船に差し入れられたシウマイ弁当の行方が、いまだに不明である。

 ──

 前々項で述べたように、崎陽軒のシウマイ弁当が行方不明になった。このミステリーを解決しようとして、調査した人が複数現れたが、いまだに行方不明のままである。
  → 崎陽軒「シウマイ弁当」はどこへ? 停泊中のクルーズ船に4000食提供 - ITmedia ビジネスオンライン
  → 未だ行方わからず…消えた崎陽軒「シウマイ弁当」4000食の謎 - まぐまぐニュース!
  → ダイヤモンド・プリンセスに積み込まれた崎陽軒のシウマイ弁当4000食はどこへ?(井出留美) - 個人 - Yahoo!ニュース

 ──

 本来ならば、担当者の連絡先をイモヅル式にたどっていけば、どこかで事実が判明するはずである。ところが、どうしても見つからない。
 とすれば、事実はこうであるはずだ。
 「誰かが嘘をついている。事実を隠蔽している」


 となると、追及先は「真実を知ること」ではなくて、「嘘を知ること」である。誰かが嘘をついているのだから、その嘘を嘘であると突き詰めることこそ、隠された真相を暴露する手法となる。
 現実には、相手の言い分をそのまま信じているから、嘘を嘘だと見抜けないまま、迷宮入りになってしまうのだ。
 ここは、警察官のように、「嘘をついている犯人を捜し出す」という方針を取るべきだろう。さもなくば、犯罪(?)の真相にはたどりつけまい。

 以上が私の推理だ。このあとは、現地に名探偵が乗り出して調査しないと、真実はわからないかもね。

 ──

 なお、次の仮説も考えられる。
 「弁当は、乗員がすべて食べてしまった。だから乗客には回らなかった」
 しかし、数を調べると、それは成立しないようだ。乗客は 2800人、乗員は 1100人だから、一人で 2.5食を食べきらないと、片付かない。それはちょっと無理だ。さらに、乗員の分は別途用意してったので、1人で3食以上を食べないと、なくならない。それも無理だ。

 真相としては、組織的に廃棄したのだろうが、それを隠蔽しているのだろう。ばれるとまずい、と思って。
 「真相は隠すに限る。安倍首相のように」
 と思っているのかもね。

posted by 管理人 at 22:11| Comment(0) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ