2020年02月04日

◆ 欧州は米国より遠いか?

 日本から見たときの位置関係で、欧州は米国より遠いか? 

 ──

 日米安保条約が改定されて 60年になったので、この位置づけを考える記事がある。
  → (インタビュー)日米安保改定はや60年 立命館アジア太平洋大学学長・出口治明さん:朝日新聞

 ここで、「識者に聞く」という形で、次のインタビューの見解が紹介されている。
 安全保障を考える時に、自分で防衛力を強化するか、どこかと軍事同盟を結ぶか、基本はこの二つしかありません。
  (中略)
 同盟を結ぼうとすれば、素直に考えて日本を守ってくれる国は日本より経済力が大きい国でないと無理です。そうすると米国、中国、EUしかありません。EUは遠すぎますし、従って米中2カ国しかない」

 このあとで、「米国にとって日本はあまり重要でないから、日本は何としても米国にすがりつけ。中国とも仲良くしろ」というふうな見解が紹介されている。
 しかしこれじゃ、まるで、尻尾を振るポチだ。情けない。(トランプにへいこらする安倍首相を持ち上げているのも同然だ。)

 ──

 では、どうするべきか? この件では、先にこう論じた。
 わがままのやり放題のトランプに対抗するには、どうすればいいか?
 うまい案を出そう。こうだ。
 「米国を抜きにして、日本と欧州で共同戦線を張る。これまでは、《 米−日 》および《 米−欧 》という関係ばかりがあったが、今後は、《 日−欧 》という関係を築いて、米国に対抗する」
( → トランプに対抗するには?: Open ブログ

 ここで、先の見解を見ると、次の否定的見解が見つかる。
 「米国、中国、EUしかありません。EUは遠すぎますし、従って米中2カ国しかない」


 ここでは、欧州(EU)は、否定されている。その理由は、「遠すぎる」ということだ。
 では、本当に欧州は遠いのか? 

 ──

 「そんなはずはない」と思ったので、すぐそばにある地球儀で調べてみた。すると、日本からの距離は、欧州も米国も同じだとわかった。
 地球儀をここで見せるのは(写真に撮っても)難しいので、Google マップで距離を示そう。


3kyori.jpg
Google マップ


 日本からの距離は、フランスも、ニューヨークも、どちらも 10,000万キロメートルぐらいである。もうちょっと正確に調べると、
  ・ 東京 〜 ニューヨークは、10,800km
  ・ 東京 〜 ロサンゼルスは、 8,800km
  ・ 東京 〜 パリは、     9,900km

 となる。
 欧州との比較では、米国の東海岸はやや遠くて、米国の西海岸はやや近い。平均で見れば、米国の全体は、欧州の全体と、ほぼ同じぐらいの距離にあるとわかる。
 つまり、「欧州は遠い」という認識は、誤りである。

 ──

 朝日新聞の記事では、この人のことを「経済と歴史に造詣(ぞうけい)の深い」というふうに形容している。なるほど。そうなのだろう。経済と歴史には詳しいのだろう。
 しかるに、地理については、まったく疎(うと)いということが、バレてしまった。そして、地理について疎いのであれば、経済と歴史についても推して知るべし。
 地理について無知なまま、経済と歴史を考えても、何の意味もないのである。
 


 [ 付記1 ]
 「欧州便では、ロシア上空を通ることはできず、迂回路を通る必要があるので、時間がかかるぞ」
 と心配する人もいるかもしれない。しかし、大丈夫。その心配は不要だ。
  → 11時間ほど。そのほとんどはロシアの上空を飛んでいる
 
 [ 付記2 ]
 論理的に言っても、次のことが言える。
 「米国だけと仲良くして米国に従属するより、米国と欧州の双方と仲良くして、従属しない立場を取る」
 こんなこともわからずに、「米国に従属するしかない」というような卑屈な態度を取る人は、とうてい信頼できないね。
 こんなことだから、トランプのブラフに屈して、国益を損ねるんだ。

 
posted by 管理人 at 23:00| Comment(0) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ