2020年01月28日

◆ 地方の路線バスの縮小

 地方の路線バスが次々と規模を縮小している。廃止になる路線も多い。どうすればいい?

 ──

 地方の路線バスが次々と規模を縮小している。次のグラフがある。


rosenbus.jpg
出典:朝日新聞


 これへの対策として、新たな案が出た。
 「地域の各社がバスの運行を共同化して、路線の重複をなくしたりして、コストダウンを図ることで、赤字を解消する」
 というものだ。詳細は下記。
  → バス運転手、不足解消の切り札?熊本の5社、共同経営へ:朝日新聞

 では、これでうまく行くだろうか? 

 ──

 地方でも都市圏では、かろうじてバスの運行を維持できるだろう。しかし、過疎地で人口が急減しているような地域では、今後もどんどん人口の急減があるだろうから、路線の維持は困難になるだろう。……そういう見通しができる。
 では、どうするか? 

 すぐに思いつく案は、次のようなことだ。
  ・ 自治体が補助金を出す。
  ・ バスをマイクロバスにする。
  ・ 自動運転バスに任せる。(将来的に)

 
 ただし、このようなことは、誰でもすぐに思いつくことだ。できるならば、とっくにやっているだろう。できないとしたら、いろいろと事情があるからだろう。(たいして効果がない、という理由が最大だろう。)
 困った。どうする?

 ──

 そこで、とりあえず本質を考えよう。物事の根源に立ち返って考える。すると、こうわかる。
 「根源は僻地の人口急減にある。人口そのものが急減して、村が消滅の危機にあるのだ。ここでは、バス路線の維持そのものが、原理的に困難となっている。乗客がろくにいないのに、空気を運んでいるようなものだからだ」


 ならば、結論はこうなる。
 「村そのものを、なくせばいい。路線バスを維持するのではなく、村そのものをなくして、村人そのものをいなくさせればいい。それならば、路線バスそのものが必要でなくなる」


 ただし、口で言うのは優しいが、現実には難しい。特に、現時点では、出ていかない超高齢者が多いだろう。「この家で死にたい」と思うような超高齢者はたくさんいるはずだ。では、どうする? 
 私としては、こう提案する。
 「当面の高齢者は、そのまま在住させる。その上で、経過措置として、(路線バスに限らず)何らかの公共車両を用意する。オン・デマンド・タクシーなど。
 一方で、長期的には廃村にするという方針を取る。その方針の下で、超高齢者以外には、離村することを推奨する」


 若い人はどうせもう残っていないだろうが、60〜70歳ぐらいの老人は残っていそうだ。これらの老人については、なるべく早く離村することを推奨する。(たとえば、近場の人口密集地に移転する。)
 80歳以上の超高齢者は、どうせ出ていかないだろうから、そのまま居住を認める。そうすると、おおよそ 10年ぐらいで寿命を迎えるから、10年ぐらいで村人はいなくなり、自動的に廃村となる。こうして、問題そのものが消滅する。

 なお、近場の人口密集地には、空き家などを利用して、老人や超高齢者の移住を推奨する(招き寄せる)といいだろう。そのために、家賃補助をしてもいい。
 そして、そのための費用は、少数の人間に対する月額の援助(月1万円程度)ぐらいで済むから、たいして高額にはならない。路線バスを維持するために巨額の金を払うよりは、少ない額で済みそうだ。
 こうして、費用対効果の優れた方法として、「移住の促進」という案を提出しておこう。

 ──

 一方、別途、費用対効果の悪い方法もある。こうだ。
  ・ 路線バスの維持に巨額の金を投入する
  ・ 鉄道を維持する
  ・ 橋や電力や水道など、インフラの維持に金をかける
  ・ 都会民を招くIターンに、巨額の所得補償をする


 これらはいずれも、莫大な金がかかる。なぜか? 維持できそうにない僻地の村を、無理に維持しようとするからだ。もともと無理なことを、無理を承知で強引に実行しようとするからだ。(いわば、自然の摂理に反するように。)

 僻地で人がいなくなるのは、自然の摂理も同然だ。ならば、それに無理に逆らうべきではない。かわりに、その流れに沿いながら、流れにうまく乗って生き延びるような「最善の策」と導き出せばいい。
 それが私のお薦めだ。

 ──

 ともあれ、基本的な流れとして、「僻地の村は消滅しつつある」という傾向がある。とすれば、その流れに逆らわずに、いかに上手に軟着陸させるかに、知恵をめぐらせればいいだろう。



 [ 付記 ]
 地方の僻地が次々と廃村になりつつあるというのは、どうしようもない流れだ。そういう報道や記事も多い。すでに廃村になった土地を探る企画もある。
  → これぞ東京の秘境! 1972年に廃村になった奥多摩山中の「峰集落」へ行ってみた
  → 『限界』から『消滅』集落へ 高齢化・人口減の厳しい現実

 ど田舎だけでなく、横須賀にも(丘陵部に)廃村となった場所がある。田浦町だ。
  → 湘南田浦ニュータウン(廃村) - Togetter

 この記事は 2017年だが、その後に解体が進んでいるようだ。








 横須賀でさえこのありさまなのだから、ど田舎の限界集落となれば、もっとひどいことになるのは仕方ない。



 【 関連項目 】
 
 似た話題を論じたことがある。電力・水道・橋などのインフラを、僻地では維持する必要はない……という趣旨。
  → 電力自由化と過疎地: Open ブログ
posted by 管理人 at 22:42| Comment(2) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンク記事には最後にこう書いてありました。例の廃村は湘南田浦ニュータウンではなく、以前から存在しており、ニュータウンを造成するために買収して立ち退いた家屋だったようです。しかし計画が頓挫しニュータウンは作られることなく家屋だけ残った
Posted by gunts at 2020年01月29日 04:16
管理人さんの意見に強く同意です。
何故か、過疎の村(集落)を無理に延命させようとする意見が多いですね。
あと、廃屋が、地方だけでなく、都市でも激増してますが、何とかならないものかと…
Posted by 名無し at 2020年01月29日 14:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ