2020年01月19日

◆ 鎌倉を観光開発せよ

 鎌倉の混雑を減らすために、観光スポットを増やすといい。特に、人のいない山地部を開発するといい。

 ──

 鎌倉は東京から1時間もかからないという地の利があるので、観光客で大混雑している。
 そこで、大混雑を緩和するための方策として、「鎌倉ランドを作れ」という案を前項で示した。
  → 鎌倉ランドを作れ: Open ブログ

 それとは別に、もっと別の観光スポットを増やすといいだろう。では、どこに?
 
 ──

 まず、現状を見ると、鎌倉には(寺社は多いが)ホテルはあまりないとわかる。Google マップで検索しても、小さなホテルが点在するだけだ。とても観光地らしくない。
  → 鎌倉のホテル( Google マップ )

 その一方で、鎌倉には、未開発の山地部が多い。





 だったら、この山地部を部分的に開発して、温泉旅館を建設するといいだろう。そうすれば、温泉と旅館を目当てに、外国人観光客が宿泊する。

 では、そのための適地はあるか? 

 (1) 池子の森

 とりあえず見つかるのは、「池子の森自然公園・緑地エリア」だ。山地の一部に道筋が通っており、通りやすいし、ところどころに平地がある。





 このところどころに旅館と温泉を作れば、最適だろう。第一候補となっていい。
 ただしここは、長年未開発だったので、自然開発規制があるらしい。
  → 池子の森自然公園 | 逗子市

 そういうことだと、開発は困難かもしれない。ちょっと残念。

 (2) お猿畠の大切岸

 お猿畠の大切岸という場所がある。





 すぐ南東の9丁目というところには「名越緑地」という平坦地がある。逆に、すぐ北西には、別の平坦地がある。その来たには、「パノラマ台」という頂上部がある。
 これらを一括して整備して、旅館や温泉を作るといいだろう。

 現状では、「お猿畠の大切岸」は散策路になっているようだ。
  → 自然と歴史が交わる散策路[お猿畠の大切岸]|楽しい鎌倉
 ま、散策路はそのまま残していいが、現状のままでは、魅力も少ないし、訪れる人も少ない。あまり観光資源になっていない。そこで、もっと観光地らしくして、魅力あふれる場所にして、人を呼び込むといいだろう。その分、鎌倉本体での混雑は緩和される。

 また、パノラマ台は、現在ではただの頂上部であるにすぎない。





 見晴らしのよさそうな場所だが、周囲に樹木が多いので、遠くまでは見通せない。
 ここに、櫓(やぐら)を建てるとか、台地を築くとかして、見晴らしを良くすれば、もっと多くの人を呼べるだろう。

 ※ パノラマ台における頂上の情景は、ストリートビューで見られる。
   → https://goo.gl/maps/Pxd1yKjRtin4Wk3f8



 [ 付記1 ]
 「観光開発せよ」
 という言葉を聞くと、ホテルなどのビルをたくさん作って、市街地を賑わしくすることだ……と思われがちだが、そういう意味ではない。市街地開発ではなくて、山地開発だ。

 ただ、自然保護派からは評判が良くないかもしれない。そこで、奥地らしい「池子の森」は開発対象からはずして、市街地に近い「お猿畠の大切岸」のあたりを部分開発する、という折衷案みたいにしている。

 規模は大きくないので、あまり効果は大きくないかもしれないが、ともかく、今の鎌倉は混雑がひどすぎるので、何らかの対策をしたい。

 [ 付記2 ]
 代案として、「(鎌倉と横浜の中間にある)戸塚カントリークラブを、鎌倉ランドの代わりにして、レプリカを置け」というアイデアもありそうだ。





 だが、これは筋悪だ。
 京都ランドにせよ、鎌倉ランドにせよ、そばに本物があるから、「本物に立ち寄ったついでに、ちょっとレプリカも見る」という需要が生じる。
 本物が何もないところに、レプリカだけがあっても、わざわざ見に来る人は少ないだろう。
 レプリカはあくまでオマケにすぎないのだ。主役には なれない。

 [ 付記3 ]
 別案として、
 「江ノ島に行け」
 というアイデアもありそうだ。だが、江ノ島だってもともと大混雑している。道はすごく狭いのに。

 長谷寺や極楽寺のあたりは、映画やドラマの聖地(ロケ地)なので、そこそこ観光客を呼べそうだが、それも限度はありそうだ。

 [ 付記4 ]
 別案として、
 「熱海や箱根で宿泊しろ」
 というアイデアもありそうだ。
 なるほど。よく考えると、熱海や箱根で宿泊するのは、とてもよさそうだ。温泉地でもあるし、宿泊施設は豊富だ。宿泊地としては最善だとも言える。

 ただし、鎌倉からは遠い。1時間ならまだしも、電車で1時間30分だ。乗り降りも考えると、片道2時間ぐらいかかりそうだ。これだったら、東京に戻る方がマシだ、というものだ。(横浜ならば、もっと近い。26分だ。)
 鎌倉の近辺では、天然温泉はまず無理だろう。近場の宿泊施設を求めるしかあるまい。それは、鎌倉市内でないとしたら、湘南か、横浜か、東京ということになりそうだ。

 ただし、翌日に関西に行くのであれば、熱海に宿泊するのも手だろう。この件、次の話を参照。
 《 東京五輪のホテル不足 》
 東京五輪では、(外国人客が多く来るので)ホテル不足が問題となりそうだ。何とかならないか?

 西日本の空港に到着したアジアの客は、東京に来る前に、箱根・伊豆・熱海で過ごすといい。
( → 東京五輪のホテル不足: Open ブログ

 関西から東京へ向かう客。および、東京から関西へ向かう客。これらの客は、途中で、箱根・伊豆・熱海で過ごすといいのだ。そうすれば、東京でホテル不足という問題が生じにくい。(特に、五輪の最中は。)


posted by 管理人 at 21:21| Comment(0) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ