2020年01月13日

◆ 渋谷で書店が消滅

 渋谷で書店が続々と消滅している。

 ──

 京都と名古屋でジュンク堂が閉店する、という報道があった。
  → 大型書店「ジュンク堂」、京都と名古屋の2店同時閉店 2月末に|京都新聞

 ネットでも話題になったようだが、これは別に騒ぐほどのことではない。
 ジュンク堂は丸善と合併して、同じ会社になった。にもかかわらず、ジュンク堂と丸善の、双方の店が近隣にあることがある。その場合には、競合が発生して、どちらも儲からない。
 そこで、一方を閉店にすれば、他方の売上げが増えるので、採算性が上がる。だから、あまり売れない方の店舗を閉店にするわけだ。その場合、近隣に別の店舗があるのだから、客としても特に不便になるわけではない。
 今回の事例では、京都でも名古屋でも、ジュンク堂の小さな店が閉店になったが、そばには大きな丸善の店が残っているのだから、特に問題はないわけだ。

 《 加筆 》

 コメント欄で、情報の修正の指摘がある。

 ──

 一方、渋谷では、大きな書店が続々と閉店になっている。
  ・ 大盛堂本店 ( ※ 小さな駅前店は残る)
  ・ 三省堂書店 (東急文化会館)
  ・ 紀伊國屋書店 (東急プラザ)
  ・ 旭屋書店 (ブックファーストになる)
  ・ ブックファースト (閉店)


 東急文化会館は、渋谷ヒカリエとなった。東急プラザは、渋谷フクラスとなった。いずれも建て替えにともなって、それまであった大型書店が退去し、あとには書店が入ることはなかった。かくて、大型書店は次々と減少していった。

 ──

 それでも、大型書店はまだいくつか残っている。





 東急百貨店本店にある巨大書店が残っている。「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」という名前だ。ここに書店ができた時点では、「他にも大型書店が駅前にいっぱいあるので、大変だなあ。駅から遠いこの店は、生き残れるかなあ」と心配したものだが、今となると、この店だけが生き残って、他の店はみんな消えてしまった。

 ただ、開店当時は、「MARUZEN&ジュンク堂書店」ではなかったはずだ。「丸善」だったっけ? 旭屋書店か紀伊國屋か三省堂ではなかったかな? うろ覚えなので、よく覚えていない。(ネットで調べてもわからない。)

 紀伊國屋書店 西武渋谷店もあるが、あまり大きくない。

 大盛堂書店(駅前店)は、本店が消えたあとで、小さいのが残っているが、とうてい大型書店とは言えない。

 これほどにも書店が減ったのは、Amazonのせいなのか、ネットのせいなのか、少子化のせいなのか、それら全部のせいなのか。……

posted by 管理人 at 14:48| Comment(4) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
途中送信失礼

>>ジュンク堂は丸善と合併して、同じ会社になった。にもかかわらず、ジュンク堂と丸善の、双方の店が近隣にあることがある。その場合には、競合が発生して、どちらも儲からない。

認識間違いがあります。河原町の京都BALに入っている丸善はもともとジュンク堂でした。それが京都BALの建て替えに合わせて丸善と名前を変えただけ。20年近く大規模書店が隣接していたことにる。いままではもうかっていたけど儲からなくなったというのが重要。

>>京都でも名古屋でも、ジュンク堂の小さな店が閉店になったが、そばには大きな丸善の店が残っているのだから、特に問題はないわけだ。

京都店は小さな店舗ではありません。ビルの5Fの全体が書店となっており、大衆向けの本だけでなくあらゆる分野の専門書まで揃う、地元の学生には欠かせない書店でした。規模的にも京都BALの丸善(旧ジュンク堂)の方が小規模。
Posted by 細波 at 2020年01月13日 15:36
 本項のテーマは、京都ではなく、渋谷です。

 なお、上のコメントには事実誤認が含まれます。ググればわかるように、事実は下記。
 ジュンク堂京都店は 35万冊。
 BAL の丸善は 100万冊で、京都で一番。
Posted by 管理人 at 2020年01月13日 19:13
 日本最大の書店である八重洲ブックセンター本店(東京駅前・150万冊)は、近いうちに取り壊されて、跡地にはバスターミナルと高層ビルができるそうだ。東京駅前再開発計画。
  → https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/tokyoken/tokyotoshisaisei/dai10/shiryou1.pdf

 この高層ビルに八重洲ブックセンターが入るかどうかは不明。都心の超一等地のオフィスビルだから、賃貸料はすごく高くなる。自社ビルだった現状とは、大差が出る。となると、たぶん閉店だろう。(または移転かな。)

 八重洲ブックセンターには、支店がいっぱいあったが、そのうち半数近くがすでに閉店となっている。( Wikipedia による)
  https://u.to/FaU4Fw
Posted by 管理人 at 2020年01月14日 12:35
コレド室町テラスに誠品書店が出来て、久々に骨のある書店のオープンを喜んでいましたが、やっぱり書店は続々閉店の傾向なんですね・・・
日本は何か新しい(?)動きがあると、グーっと偏りが激しくなって多様性を一気に失いますが、そのうち実店舗不足が起こりそうな予感。
Posted by 名無し at 2020年01月14日 16:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ