2019年12月17日

◆ 航空機エンジンと自己治癒セラミック

 航空機エンジンに画期的な向上をもたらす、素材革命というべき新技術が開発された。

 ──

 まだ実用化されたわけではないのだが、将来的に普及する見込みが立っている。「自己治癒セラミック」という技術である。
 これは、どのようなものか? 要点は、こうだ。
 「ジェットエンジンのタービンを、割れやすいセラミックから、割れにくいセラミックに変更する。そのおかげで軽量化が 15% も進む。燃費の改善効果は、全世界で年間 30〜40兆円の節約が起こるぐらいの規模だ」


 年間 30〜40兆円の燃費の節約というのは、それだけでも巨額の経済効果が起こる。のみならず、炭酸ガスの排出を抑えることで、地球規模で温暖化を抑制する効果もある。
 ものすごい大きな影響をもたらす新技術だと言える。

 そして、このような改善ができたことの理由は、次のことによる。
 「それまでのセラミックは割れやすかったが、新技術のセラミックは割れにくい」


 では、どうしてそうなったのか? 新技術のセラミックは、「自己治癒セラミック」と呼ばれるもので、傷を自動的に修復する能力をもつからだ。

 これはちょうど、生物に似ている。生物は、肉体に傷が付いても、自己の生命力で傷を治してしまう。自然治癒というやつだ。
 それと同様に、「自己治癒セラミック」というものも、放っておけば、自分で傷を治してしまうのだ。

 ──

 では、どうやって? 
 実は、この件は、NHK の「サイエンスゼロ」で放送された。その解説を見ればわかる。(ネット上の解説記事)
  → 自己治癒コンクリート&セラミックス、脅威のメカニズム! 1ヵ月で、1分でヒビを自己修復、凄い技術、実用化は? NHKサイエンスZERO(2019年9月29日放送)
  → サイエンスZERO【自己治癒コンクリート&セラミックス】
  → CO?大削減につながる可能性を持つ自己治癒セラミックス!飛行機のジェットエンジンのタービン素材で導入検討中

 詳しくは、そちらを参照。私はテレビの番組を見たので、その番組を紹介する形で、本記事を書いた。

( ※ なぜかというと、B737 の話とちょっと関連する感じもあるからだ。直接的に関連するわけではないが。話のついでで。)
posted by 管理人 at 23:59| Comment(0) | 科学トピック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ