2019年12月16日

◆ デンソーの車椅子支援

 デンソーがアジアで車椅子の支援をしているという。これは非常に素晴らしい取り組みだ。コスパがとてもいいからだ。

 ──

 朝日新聞みたいな書生っぽい人は、何か理想論を唱えるときに、コストというものをまったく考えないで理想論を唱える。そこで実現しようとすると、莫大な金がかかるのだが、そういうことにはまったく頭が働いていないので、その理想論はとうてい実現性がない。(例:移民導入)
 あるいは、実現性はあるのだが、莫大な金がかかる金食い虫となる。結果は、小さな効果のために莫大な金を浪費するという無駄遣いとなる。(例:太陽光発電)
 それでも、大金を費やしているので、「おれは善行をしている」というつもりになる。ただの自己満足であることに気づかないまま。(例:菅直人の新提案

  ※ 以上はいずれも愚行の例。

 ──

 一方、それとは対極的な例がある。コストを十分に考えているので、小さなコストで大きな効果を得る。同じ金を使うのであれば、非常に大きな効果を得る。その事例が、朝日新聞で報道された。
  トヨタ自動車系の部品大手・デンソーが、アジアの障がい者支援を続けている。……タイなど3カ国の子どもたちを、車いすの寄贈や奨学金で支えてきた。
 タイでは現地団体が運営する車いす工場を設立から支援。デンソーのタイ法人の技術者が通って生産を指導し、できた車いすを買い上げて足が不自由な子どもたちに寄贈した。
 車いすの寄贈台数は19年度までの累計で5882台、奨学金の提供人数はのべ2538人になる。
( → アジアの障がい者に車いす20年 デンソーNPOが寄贈:朝日新聞

 20年で 5882台。素晴らしい数だ。「 24時間テレビ」というキャンペーンがあるが、あれは日本中でやっているのだが、たいした額にはならない。一方、デンソーはたったの1社だけで 6000台近くの量だ。すばらしい量だ。

 では、どうしてこういうすばらしいことができ来たのか? コストダウンに成功したからだ。
  ・ 日本で生産するのではなく、現地で生産した。
  ・ 現地で生産するために技術供与・資本提供した。

 こういう取り組みがあったからだ。
 「魚を与えるよりも釣り竿を与えよ」
 という教訓があるが、それに似ている。日本で生産した高額の車椅子を贈るのではなく、現地で生産して、現地の雇用を高めながら、低コストの製品を与えた。

 ※ 生産する工場をデンソーが作って、そこで技術供与して、生産させて、生産したものをデンソーが購入して、身障者に無償で寄贈する……という形らしい。

 ──

 なお、こういうことができるのは、デンソーには車椅子を作るだけの技術力がもともとあるからだ。(自動車部品を作れるので、車椅子ぐらいは簡単に作れる。)

 ならば、他の会社も、似たようなことができるはずだ。自分の会社の特性を生かす形で、自社の技術力で世界に貢献することができるはずだ。そういうことが望ましい。



 [ 付記 ]
 デンソーの車椅子の場合、コスト面ではちょっと安くなるぐらいだが、効果がとても大きい。
  ・ 技術移転
  ・ 産業推進
  ・ 雇用促進
  ・ 教育向上(子供の身障者に贈るから)
  ・ 税収増

 など、多重の効果がある。一石五鳥みたいな効果だ。この意味で、コスパがとてもいいと言える。



 [ 余談 ]
 ちなみに、日本の企業が世界に貢献する件については、先日、世界的に有名な賞が贈られた。「化石賞」というやつ。自国のエゴで、自分の利益(発電コストの低さ)を優先して、地球環境を悪化させる(温暖化を推進する)ということで、先進国のなかでは例を見ない「温暖化推進政策」と見なされて、見事に受賞した。
 プラスの貢献はひどいものだが、マイナスの貢献だけは抜群であり、断然トップを走って、受賞できるようだ。いかにも安倍政権だね。小泉進次郎・環境相も鼻高々だろう。「石炭発電を推進する日本は、マッチョだから、セクシーだろ」とか言って。

posted by 管理人 at 23:58| Comment(0) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ