2019年12月15日

◆ パソコン引っ越しソフト

 Windows10 用のパソコン引っ越しソフト。評判が微妙だ。

 ──

 ネットでは下記のものが見つかる。
 「ファイナルパソコン引越し Win10」




https://amzn.to/2YPsY9O


 同、ダウンロード版。




https://amzn.to/2McgJzh


 ただし、評判は良くない。「うまく行かなかった」という報告が多数ある。

 ──

 ちなみに、私が5年前に Windows 7 に引っ越したときには、このソフト( Windows 7 用)を使って、とてもうまくできた。そのときの項目は下記。
  → 「ファイナルパソコン引越し」の使い方: Open ブログ

 新バージョンなって、うまくできなくなる報告が多いというのは、Windows10 のセキュリティが頑丈になりすぎたせいだろうか? しかし、ファイルコピーとレジストリコピーだけで済みそうなものだが。
 手動で再設定すると、非常に面倒なので、できればこのソフトで済ませたいのだが、ユーザー評が悪いので迷うところだ。

 ──

 次の講評が参考になる。
 結論から申しますと、古いマシン(Win7)と新しいマシン(Win10)を直接繋げても完了しませんでした。
理由はわかりませんが、一旦ハードディスクにデータを移し、それを新しいマシンで読み込むという方法で完了しました。

 他の講評でも見られるが、LAN ケーブルでの接続では失敗する人が多く、外付け HDD の利用では成功する人が多い。

 ※ LAN ケーブルでの接続には、クロスケーブルが必要なのだが、ひょっとしたら、クロスケーブルではない普通の LAN ケーブルを使っている人が多いのかもね。……と思ったが、次の講評もある。(付属のクロスケーブルを使った人の例。)
 取説を慎重に読んで、付属のLANのクロスケーブルで2台のノートPCを直接接続したが、お互いを認識せず。接続の選択に「ネットワークのLAN回線で接続」という項目があったので、自宅内有線LANに2台のPCを接続したところ直ぐに認識。引っ越しは完了。単なる付属クロスLANケーブルの不良と思いたい。
( → https://amzn.to/2PKMCzG


 まあ、外付け HDD でやるのが無難だろう。

 ※ テレビ用の HDD を大容量タイプに買い換えれば、テレビ用の古い HDD はパソコン用の外付け HDD として使える。

  → 録画用 HDD の更新: Open ブログ



 [ 付記 ]
 外付け HDD を使うとしたら、HDD のフォーマットや、ドライブ分割や、コピーなど、相当の手間がかかる。
 クロスケーブルでできるのに越したことはないので、クロスケーブルで失敗した場合に外付け HDD を使う、というのがよさそうだ。

posted by 管理人 at 23:44| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ