2019年12月03日

◆ マグネシウムの摂取で健康に

 マグネシウムを摂取することで健康になれるそうだ。

 ──

 これは、NHK のガッテンで紹介されていた情報。
  → 心疾患&糖尿病をダブルで予防!すごさ再発見“あの栄養素”とは!? - NHK ガッテン!
 カラダの機能を正常に働かせるために、欠かせない栄養素「マグネシウム」。鉄やカルシウム、亜鉛などと同じ、必須ミネラルの一つなのですが、世間での注目度は今ひとつ。「忘れさられた栄養素」と呼ばれるほど、日陰の存在でした。しかし、大規模な疫学調査の結果が近年相次いで発表され、心疾患や糖尿病を予防する働きがあることが分かってきたんです。

 マグネシウムの主な働きは、骨や歯を作ったり、エネルギー代謝をすることにも欠かせない、体内の「酵素」を活性化させること。さらに、マグネシウムが生活習慣病を予防する可能性を示す疫学調査結果が近年、立て続けに発表されています。マグネシウムを多く含む食品をよく食べる人ほど、心疾患の発症リスクが最大で3割も低かったというデータや、糖尿病の発症率がおよそ4割も低かったという研究データが示されているんです!

 実は今、多くの日本人がマグネシウム不足であると言われています。その理由として、マグネシウムを多く含む大豆製品や海藻、穀物を食べる量が減ってきていることが挙げられます。また、マグネシウムが不足しがちなもう一つの大きな理由が「ストレス」です。ストレスがかかると、腎臓の働きが低下してしまい、尿から多くのマグネシウムを排出してしまう事が分かってきています。

 マグネシウムたっぷりの食材をご紹介!
 マグネシウムは豆類や大豆製品、そして魚介類、穀物などに多く含まれています。

 海のものに、多く含まれているようだ。ひじき・わかめなどの海草類。また、魚介類。……ま、海には塩のにがりとなるマグネシウムがいっぱい溶け込んでいるのだから、海の幸にマグネシウムが多いのは当然だろう。で、近年の日本人は、和食よりも洋食の方が増えているので、肉ばかり食べるようになって、マグネシウムが不足しがちなのかもね。

 ただ、豆類もマグネシウムが豊富であるようだ。納豆を毎日1パック食べれば、そこそこ摂取できそうだ。
 納豆の大豆は、他の面でも有益なので、納豆の大豆をきちんと食べるのが、健康の方法となるようだ。
  → 大豆で健康に(ガッテン): Open ブログ



 [ 付記 ]
 私が毎日の朝食で食べているもの。
  ・ 豆腐とワカメの味噌汁
  ・ 納豆
  ・ しらす+えごま油 / サバ缶 (いずれか)


  ※ えごま油 or サバ缶というのは、オメガ3脂肪酸を摂取するため。
  → えごま油・サバ缶(ガッテン): Open ブログ
 
 [ 参考 ]
 サバ缶には、レモン果汁・グレープフルーツをかけると、さっぱりした味になる。また、レモンには抗酸化作用もあるようだ。
 
posted by 管理人 at 23:21| Comment(0) |  健康・寒暖対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ