2019年11月19日

◆ 水害農地でイモを作れ

 川のそばで洪水の被害を受けやすい農地では、洪水に耐えられる作物であるイモを作るといい。特に、ジャガイモだ。

 ──

 川のそばで洪水の被害を受けやすい農地では、洪水に耐えられる作物である根菜類(イモ・ニンジン・大根など)を作るといい……というような話は、前にも書いたことがあるかもしれない。(ちょっと見つからないが。)

 根菜類のうちでも、特に、ジャガイモを作るといいだろう。というのは、次の記事を読んだからだ。
  → (けいざい+)「ポテチショック」その後 台風・害虫、ジャガイモを止めるな:朝日新聞デジタル

 2016年には北海道を台風が襲って、ジャガイモに多大な被害をもたらしたせいで、ポテトチップの生産が滞ってしまった。ジャガイモ不足のせいで、一時、ポテトチップの生産中止。当時は「ポテチ・ショック」と呼ばれた。

 これに懲りて、カルビーでは対策として、全国各地で分散して生産することにして、各地の農家とジャガイモ生産の契約を結んでいるそうだ。(上記記事)

 ──

 そこで、私が思ったのが、こうだ。
 「だったら、洪水を起こしやすい川のそばの農地で、ジャガイモの生産をすればいい。今回の洪水で稲作や野菜生産で被害を受けた農家は多いはずだ。彼らに、ジャガイモならば被害が減りますよ、と教えることで、ジャガイモへの転換を促すことができる」

 これは、農家とカルビーにとって利益になるだけではない。日本全体で、「農作における水害被害を減らす」というマクロ的な効果がある。日本全体の効率向上・生産性向上・被害軽減という効果があるのだ。
 というわけで、この方針を推奨したい。特に、カルビーさん、聞いてくださいね。
 

posted by 管理人 at 23:12| Comment(2) |  地震・自然災害 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
湿った土地のじゃがいもはおいしくない
それだけ
Posted by 農家の老人 at 2019年11月21日 06:35
 川のそばだからといって湿っていることにはなりません。洪水が氾濫するなんてことは、滅多にないんだし。あっても、年にいっぺんぐらい。それも二日間ぐらいで、すぐに水は引く。
 これが駄目なら、豪雨の降る地域はすべて駄目。つまり北海道以外のすべては駄目。だとすると、カルビーの方針自体が駄目。
Posted by 管理人 at 2019年11月21日 07:11
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ