2019年10月26日

◆ 日産の新デザイン

 日産の新デザイン( Vモーション 2.0 )は、早くも廃止が決まったようだ。

 ──

 日産のデザインは、もともと Vモーションというもので、新型マーチ・新型リーフなどに見られるものだった。マイナーチェンジ後のノートもそうだった。これについては私は批判した。
 新型リーフのデザインは、日産共通で、Vモーションというものだ。これはカッコ悪いので、改めるべきだ。
( → 新型リーフのデザイン: Open ブログ

 leaf2a.jpg


 その後、日産は新型アルティマで、Vモーション 2.0 というデザインを出した。これについても、私は批判した。
 日産は新型アルティマで、グリルに新しいデザインを採用した。だが、これは欠陥デザインだ。
  ・ やたらと大きなグリルがある。
  ・ バンパーがない。

 このようなデザインには、難点が二つある。
 (1) ナンバープレートを付けるとカッコ悪い

 写真では、ナンバープレートがまったくない。
 これはどうしてかというと、ナンバープレートを付けると、すごくカッコ悪くなるからだ。
 (2) 傷つきやすい

 バンパーがないせいで、安全面で弱いし、接触などで傷つきやすいのだ。そのせいで、補修代が高くなる。

( → 日産の新グリルは欠陥デザイン: Open ブログ


altima.jpg


 こうして批判したのが 2018年04月04日。そして1年半後の現在、日産はこのデザインをもはや捨ててしまったようだ。新たに出るデザインは、次のようなものだ。





 軽自動車の「IMk」と SUV の「アリア」という2台のコンセプトカーが示されている。いずれも電気自動車。前者は市販可能なものであるらしく、後者は市販がほぼ決定済みらしい。(若干の変更はなされるだろうが。)

 いずれにせよ、そのデザインは Vモーション 2.0 とはまったく違っている。
  ・ 大口の開口部はない
  ・ バンパーがある
  ・ バンパーの下にナンバープレートが OK
  ・ グリルで斜めに延びた線の上端が横に伸びている


 最後の点は、(マイナーチェンジ後の)セレナ・ハイウェースターのグリルと同様だ。
  → 日産セレナ(画像あり)

 このようなデザインにするといい、ということは、私は前に書いたことがある。私自身の提案として。
  (1) 左右延長
 まず、逆台形の銀色部分だが、これだけでは、ちょびヒゲみたいな印象があって、カッコ悪い。そこで、この銀色部分を、頂点からさらに左右に伸ばす。つまり、銀色部分の頂点から、ヘッドライトの上側に銀色部分を伸ばす。
 こうすると、銀色部分は、グリルの途中で途切れることがなく、車の側面の方までつながることになる。
( → 三次元グリル(自動車): Open ブログ

 こういうデザインを提案したら、ほぼ同時期に、セレナで新型グリルが発表された。同じことを考えていたんですね。

 ──

 で、ともあれ、私の提案したのと同じような発想を取る新デザイン( Vモーション 3.0 か?)が採用されることになったようだ。
 これにともなって、今のアルティマのデザイン( Vモーション 2.0 )は、廃止されることになったようだ。アルティマの次期マイナーチェンジと同時に、消滅することになりそうだ。

 Vモーション 2.0 の継続期間は、たったの1年半だけだったことになる。明智光秀の三日天下よりは長いけれど。

posted by 管理人 at 22:21| Comment(2) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さんから観るとデザインというか顔が異うようですが
私 区別できません

こんなん考えてるより 他にやること あるじゃん
Posted by k at 2019年10月27日 05:59
自動車業界だけでなく、航空業界も扱ってください!
Posted by 名無し at 2019年10月27日 16:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ