2019年09月23日

◆ おっぱいを透視する

 おっぱいを透視する技術が新開発された。画期的な業績だそうだ。

 ──

 人が着ている服を透視して、乳房が丸見えになる……という話ではない。それは、服を透視するのであって、乳房を透視するのではない。
 乳房を透視するというのは、乳がんの検査などで、乳房の内部そのものを透視することだ。通常、X線や超音波ソナーを使う。X線を使うのは、マンモグラフィと呼ばれて、病院ではよく見かける言葉でもある。
 ただ、これらにはいずれも性能上の限界があった。特にマンモグラフィでは、(個人差のせいで)乳房がすべて白く映ってしまう例が多くて、癌だけを特異的に見出すことが困難であった。

 これを解決するのが、マイクロ波による透視技術だ。ただし原理はわかっていたが、実用化が困難だった。しかるに、このほど画期的な技術で開発に成功したという。
  → 乳がん検査機器、無痛・被曝なし 神戸大が開発:朝日新聞
  → 新型マンモ開発のカギは数学の難問 10年かけて解いた:朝日新聞

 面白い記事だが、前者はともかく後者は有料記事だ。紙の新聞にも掲載されていないっぽい。(私は見ていない。)

 しかし、大丈夫。そこは困ったときの Openブログ。うまい解決策がある。もっと詳しい説明がネット上にあるので、それを紹介する。
  → 実は超難しい「乳がん診断」、スゴイ新技術 | 東洋経済

 これを見ると、人物にも興味が湧く。それは下記でわかる。
  → 木村 建次郎(KIMURA Kenjiro)――「透視の科学」で人類に貢献を 乳がん検診を革新する技術開発 | Research at Kobe

 おまけで、次の記事もある。
  → 「痛くない」「精度もアップ」"乳がん検診"を劇的に変える世界初の検査機器を神戸大が開発
  → その動画
posted by 管理人 at 21:00| Comment(0) | 科学トピック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ