2019年08月20日

◆ あおり運転への対処法

 あおり運転のあげく暴行、という事件があった。自分がそういう目に遭ったときの対処法は?

 ──

 一般的には、次の二点が推奨される。
  ・ 停車する
  ・ 窓ガラスを閉める

 こうやって身を守ったあとは、警察に連絡したり、犯人の動きをスマホで撮影したり、という対処をするといい。
 以上のことは、下記でも紹介されている。
  → 最近のあおり運転の話題を受けて、警察官のお父様に対処法を聞いてみた - Togetter

 ──

 しかし、停車しているだけでは、犯人がすぐそばにいるので、怖い。ひょっとしたら犯人が何か破壊的なことをするかもしれない。窓ガラスを割って侵入してくるとか。……そうなると、ホラーだ。
 そうでなくても、窓ガラスをガンガンたたき続けたりしたら、同乗している女性が恐怖のあまり、ひきつけを起こしかねない。子供が乗っていたら、トラウマになりかねない。

 ──

 では、どうする? ここは、困ったときの Openブログ。うまい案を出そう。
 基本として、「停車する」よりは「逃げる」方がいい。

 では、どうやって逃げるか? こうだ。
 「いったん後退して、相手が追いかけてくるのを確認する。その後、一挙に前進して、相手を置き去りにする」


 細かく言えば、こうだ。

  ・ 相手が前方に停車する
  ・ こちらも停車する
  ・ 相手が車外に出て、こちらに歩み寄ってくる。
  ・ このあと、ただ待っていてはダメだ。後退する。
  ・ こちらが後退すると、相手は追ってくる。
  ・ そこでこちらはさらに後退する。
  ・ 相手はさらに追いかけてくる。
  ・ こうして鬼ごっこみたいな状態が続く。
  ・ こちらが 100メートル後退したら、方針変更。
  ・ いきなり前方に発進して、相手を置き去りにする。
  ・ 相手は追いかけてくるが、歩行なので、追いつけない。
  ・ 相手は走るが、自分の自動車まで 100メートルもある。
  ・ 相手がグズグズしている間に、はるか先に逃げる。
  ・ 次のインターチェンジで外に出る。


 たぶん、相手は怒り狂って、130km ぐらいで追い続けるだろうから、そのうちスピード違反で逮捕されるだろう。その間に、こちらはインターチェンジの外に出て、のんびり食事でもしていればいい。
 その後、一般道をしばらく走ってから、高速道に戻ればいい。
( ※ 相手が途中の高速道で待ち構えていたとしても、この手で回避できる。)



 [ 付記1 ]
 後退の最中には、後方からの車が衝突しないように、ランプで注意する必要がある。
  ・ ハザードランプを点滅させる。
  ・ 尾灯(赤色)を点灯させる。
   (ヘッドランプ点灯や、ブレーキランプ点灯で)


  ※ 後続車との衝突を避けるため、バックミラーを確認のこと。
  ※ なお、車を停める場所は、路肩である。もちろん。

 [ 付記2 ]
 後続車に追突されないか、と心配している人もいるが、心配は不要だ。後退する速度は、時速5km ぐらいだから、問題ないのだ。
 仮に、時速 20km ぐらいで後退したら、後続車にとっては危険だろう。しかし、時速5km ぐらいなら、停止している車とほとんど差は付かない。誤差程度であるにすぎない。

 また、こちらのいる場所は、走行車線ではなく、路肩だから、もともと衝突の可能性はほとんどない。
( ※ 仮に後続車が路肩を走ってくるとしたら、その後続車の頭がおかしいのが根本原因であって、こちらの処置のせいではない。)

 なお、本項の提案では、ハザードランプと赤色ランプが点灯されるので、単に何もしないで停車しているよりも、かえって安全である。(単に停車しているだけの方が、衝突の危険度は高い。)



  ※ 以下は細かな話。


 [ 余談 ]
 「生身のまま走行車線に出られて進路妨害してきそう」
 というコメントが、はてブにあった。
 これには、こう答える。
 「相手が正面でなく、窓際に来たときに、発進すればいい。これなら、相手は横にいるので、進路妨害にならない」

 では、相手が窓際に来ないで、ずっと正面にいたら? その場合は、問題ないので、相手はそこでずっと立っていればいい。こちらは坐っていて、相手は立っているので、相手が勝手に疲れるだけだ。窓ガラスをたたかれるという心配もないので、そのまま放置しておけばいい。

 あるいは、こちらはどんどん後退して、相手を置いてけぼりにすればいい。
 その後、こちらは(路肩から)走行車線に戻って、車の流れに乗って、高速走行する。それでOK。

 万一、相手が走行車線に飛び込んだら、そのまま轢き殺してやれ。走行車線にいきなり飛び込む方が、自殺行為だしね。自業自得。
( ※ そのくらいのつもりで高速走行すれば、相手は勝手に自分で逃げ出すから、大丈夫。ブレーキを踏んだりすれば、相手の思う壺だから、ブレーキは厳禁だ。殺されるよりは殺す方がマシだと思え。)

posted by 管理人 at 23:14| Comment(0) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ