2019年08月18日

◆ 北朝鮮の石油の密輸入

 北朝鮮が石油の密輸入をしている。これを阻止するにはどうすればいいか?

 ──

 北朝鮮が石油の密輸入をしている。その量は年間上限の7倍にも達するので、輸入制限が尻抜けになっているそうだ。
  → 「瀬取り」やめない北朝鮮 米朝協議の先行き懸念、備蓄を強化 日米監視避け?中国領海で:朝日新聞

 洋上の瀬取りという形で実行している。それを監視しているが、夜間に闇にまぎれて実行し、朝になると船同士が離れるので、監視も困難であるらしい。
 瀬取りの監視に従事する海上自衛隊P3C哨戒機の機長は今年6月、朝日新聞の書面インタビューに応じた。
 機長は「P3C搭載レーダーなどを使い、徐々に近づいて安全な高度と距離を保ち、目視と赤外線装置などで目標を確認する」と監視の実態を説明。ある時は夜間に洋上に浮かぶ船の多数の明かりから、種類の異なる明かりを見つけ、タンカー2隻が接舷する様子を確認した。2隻は夜明け前には離れたという。

 ──

 さて。これに対抗するには、どうするべきか? ただの監視以上の実力行使で、阻止することはできないのか? 

 すぐに思いつくのは、「魚雷による攻撃」と「スクリューの破壊」だ。しかし、いずれも無理っぽい。
 魚雷による攻撃は、相手の被害が大きくなりすぎる。石油搭載船が炎上したり、爆発したりして、人的被害が生じかねない。そうなれば、国際的な非難を浴びる。
 スクリューの破壊は、できればいいが、やるためには人間が接近して、実行して、離脱しなくてはならない。そんな007みたいなスパイ工作は、映画のなかでしかあり得ない。現実には無理だ。

 いずれも駄目だ。困った。どうすればいい? 

 ──

 そこで困ったときの Openブログ。うまい案を出そう。こうだ。
 「哨戒機からドローンを落とす。ドローンを移して、瀬取りしている2船の中間に位置させる。その場に、石油輸送のためのパイプ(チューブ)があったなら、そのパイプ(チューブ)だけを破壊する」


 これなら、船の本体には損害をもたらさず、石油輸送のためのパイプ(チューブ)を破壊するだけだから、特に問題はないだろう。
 
 破壊の方法は? 次の三つの方法が考えられる。
  ・ 物理的な破壊。(カッターなど)
  ・ 爆弾による破壊。
  ・ 火炎による破壊。


 お薦めは、三番目の「火炎による破壊」だ。つまり、ドローンがガソリンを空中散布したあとで、そのガソリンに引火させる。これは「燃料気化爆弾」とも言えるが、「京アニの建物を炎上させた方式」とも言える。

 燃料気化爆弾については、前に論じたことがある。
  → 燃料気化爆弾の威力: Open ブログ

 恐ろしい破壊力があることが知られている。規模によっては「小型の核爆弾」ぐらいにもなる。
 その超小型版が、京アニで爆発的に炎上したわけだ。被害がひどいのも、さもありなん。

 で、こういう燃料気化爆弾の超小型版を、瀬取りをする2船の中間で、ドローンによって爆発させればいいわけだ。こうすれば、瀬取りを阻止できる。

( ※ ドローンは破壊されてしまってもいい。いちいち個体を回収する方がコストアップになる。撮影した情報は無線で送信すればいい。)



 [ 付記1 ]
 瀬取りをしている中国と北朝鮮から、批判が来るのでは? ……という心配もありそうだが、大丈夫。仮に批判したら、自分たちが「密輸入禁止」という安保理決議違反になることがバレるから、自分で自分の首を絞めるようなものだ。だから、自分がそういうことをしているのを、認めるわけには行かない。ゆえに、被害が生じても、文句を言えないのだ。
( ※ 文句を言えば、逆襲されるので、ヤブヘビだ。)

 [ 付記2 ]
 火炎が船の本体に引火して、船の本体が炎上爆発したらどうするんだ……という心配もあるかもしれない。しかし、大丈夫。
 第1に、普通の石油は、炎上爆発はしない。船に積むような石油は、ガソリンみたいな危険物ではなくて、もっと引火点が低いものだ。
 第2に、仮に(爆発でなく)炎上するのなら、それはそれで構わない。乗務員は救命ボートで逃げればいい。船は破壊されて放棄されることになる。これはこれで、「作戦失敗」どころか「作戦大成功」となる。瀬取りをしている側は、文句を言うわけにも行かないから、黙って受け入れるしかない。むしろ、これが教訓となって、恐怖をもたらすので、以後の瀬取りは絶えてなくなるかもしれない。

 [ 付記3 ]
 実際には瀬取りをしていなかったら? 単に2船が接近していただけだったら?
 その場合も大丈夫。2船の中間でガソリンが炎上しても、2戦には何の損害も生じない。悪いことをしていなければ、被害も生じない。
( ※ そもそもドローンで撮影して確認するから、パイプやチューブがなければ、最初から攻撃はありえない。)

posted by 管理人 at 22:00| Comment(0) |  戦争・軍備 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ