2019年08月13日

◆ 高齢者の免許返上の基準は?

 高齢者が免許の返上をするかどうか迷っている。何を基準に決めればいいか?

 ──
 
 80歳の高齢者が、免許の返上をするかどうか、迷っている。
  → 朝日新聞・投書欄 2019-08-13

 「迷ったら返上すればいいだろ。それなら安全だ」
 と思うかもしれない。だが、話はそれほど単純ではない。なぜなら、この高齢者は、「老人のための送迎ボランティア」をいうのをやっていて、多くの利用者をかかえているからだ。この人が運転をやめたら、送迎ボランティアがいなくなり、一挙に、何十人もの人が困ってしまう。(スーパーへの買い物や、病院通いが、できなくなる。)
 「運転はやめちまえ」
 なんて言う人は、自分が変わってボランティアをやる気があるのか? そうでなければ、「やめちまえ」なんて言う資格はない。

 さて。あちらが立てばこちらが立たず。どうしたらいい? 困った。

 ──

 そこで、困ったときの Openブログ。うまい案を出そう。こうだ。
 「 自動ブレーキと誤発進防止装置が付いている場合に限り、許容する。ただし、運転が大丈夫であることが、客観的に保証された場合」


 第1に、「自動ブレーキと誤発進防止装置」は、必須だ。軽自動車でも、日産デイズや、ホンダ N-WGN には付いている。これらの装置がある場合に限り、認める。どちらか一方、または、どちらもない、という場合には、認めない。(免許返上はしなくてもいいが、他人を乗せるのは禁止する。)

 第2に、「客観的に保証された」というのは、若くて運転の上手な人(複数)に、チェックしてもらえばいい。できれば、タクシー運転手みたいなプロにチェックしてもらえばいい。それで、「街中の運転ぐらいならば大丈夫」と保証を得たら、1年限りで「許可」とすればいい。(1年後に更新)

 以上の二点で、安全性がある程度は担保されるので、許容してもいいだろう。



 [ 付記 ]
 本来ならば、「運転能力の検査ソフト」みたいなもので、運転能力を判定することが好ましい。
  → 高齢者の運転検査にITを: Open ブログ

 ただ、そういう態勢はなかなかできないようだ。このままでは「百年河清を待つ」となりそうだ。それでは困るので、先に示した案を出しておいた。
posted by 管理人 at 14:30| Comment(0) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ