2019年07月27日

◆ 危機管理意識を持て

 火災など、万一の場合に備えて、日頃から危機管理意識を持つことが大切だ。

 ──

 こういうことは、私は日頃から何度も言っているので、読者は「またか」と思うかもしれない。
 ただ、京アニの事例で、危機管理意識の欠落があまりにもひどいので、ここでまた言及したい。
  → 京アニ、原画データサーバー焼損免れる:朝日新聞

 データサーバーが焼損しなかったので、データの復旧を試みるそうだ。
 しかし現場はものすごい高熱で、例を見ないほどひどい惨状だったという。また、大量の水も散布された。高熱と水のダブルパンチだ。
 となると、地下のサーバーが形だけ残っているとしても、データが生きている可能性はきわめて小さいと見ていいだろう。

 ──

 この件では、「クラウドにバックアップを残していなかったのか」という感想が多く寄せられた。私も同感だった。
 まったく、この時代に「クラウドにバックアップ」をしていなかったなんて、ほとんど無知な素人同然であって、あまりにも初歩的知識を欠いている。ひどすぎるとしか言いようがない。
 これほどにも危機管理意識が低いとなると、火災保険にも入っていなかった可能性がありそうだ。となると、建物の費用も出ない。物損の損失も補償されない。大損害になる。だから、世間から募金を募っているのかもしれない。……しかしこれでは本末転倒だろう。

 京アニは、らせん階段を付けたり、屋外避難階段がなかったり、ひどい建築設計だった。しかも、設計は社長が自分でやったらしい。建築家に頼むこともできなかったようだ。
 いくら金がないとしても、必要不可欠な金をあまりにもケチりすぎている。せめて最低限度の安全対策ぐらいはしておくべきだったのだが、それをしないでやって来た。
 危機管理意識が低いと、いざというときにはとんでもない大損害をすることになる。それを「運が悪かった」で済ませるべきではない。

 京アニの失敗を批判するつもりはないのだが、これを「他山の石」として、深く肝に銘じるべきだろう。(われわれ自身のこととして。)

 ──

 ※ 誤解を防ぐために言っておくが、「危機管理意識を持て」と言いたいだけだ。いつも言っているとおり。……別に、京アニを批判するつもりはない。お間違えなく。(人のフリ見て我がフリ直せ、というだけのことだ。)

posted by 管理人 at 14:02| Comment(1) | 安全・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 京アニのサーバーのデータはすべて生き残っていたことが判明した。四方をコンクリの壁で囲まれていたので、高熱と消防水から守られたそうだ。
 各紙報道。出典多数。

 ──

 「さすがだ。しっかりしている」
 と思う人もいるかもしれないが、別の問題が見つかった。
  → http://j.mp/2Y8WfPC
 地図を見ればわかるように、現場は川のそばだ。台風その他で洪水が起これば、水没してしまう危険がある。サーバーが水浸しになれば、オジャンだ。なのに、サーバーは1階に置いてあるそうだ。水没対策はゼロだね。
 
Posted by 管理人 at 2019年07月29日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ