2019年07月20日

◆ ガソリン火災とスプリンクラー

 ガソリンの火災のときには、スプリンクラーはあっても無効だ、という見解がある。しかし……

 ──

 「ガソリンの火災のときには、スプリンクラーはあっても無効だ」という見解がある。「油に水をかけても、油は浮いてしまうので、水は意味がない。むしろ化学消火剤を使うべきだ」という趣旨。

 しかし、これは勘違いだ。たしかに、灯油の火災についてなら、それは当てはまる。灯油は油だからだ。
 一方、ガソリンは違う。すぐに気化してしまう。この状態でスプリンクラーをかけるというのは、良くも悪くもないが、そもそも火の手が上がっていない状況で、スプリンクラーが作動するはずがない。
 では、火の手が上がったら? 気化したガソリンは一瞬にして燃え尽きてしまう。





 ここで、スプリンクラーの水をかけると、どうなるか? どうにもならない。ガソリンはすべて燃え尽きてしまっている。残っている油などはない。だから、スプリンクラーは、ガソリンに対しては何の意味もないのだ。有効でもないし、無効でもない。ガソリンそのものがないからだ。( ※ 問題そのものが無意味だ、と言える。)

 肝心の話は、そのあとだ。ガソリンの爆燃現象が起こったあとでは、ガソリンによる火の手が、他の可燃物に移る。具体的には、紙類やプラスチック袋だ。これらのものがいっせいに燃え上がる。

 その状況は、前々項で示した通り。リンクを再掲しよう。
  → 朝日新聞の動画
  → 朝日新聞の写真

 ここではものすごい黒煙が上がっている。消防隊が来て鎮火させるまで、4時間半も燃えていたそうだ。
 では、この状況では、スプリンクラーは役に立つか? もちろん、役に立つ。ここでは、ガソリンはとっくになくなっており、他の可燃物ばかりがあるのだから、通常の火災と同じである。当然ながら、スプリンクラーは役に立つ。

 ──

 というわけで、京アニのガソリン火災事件では、スプリンクラーはとても役に立ったはずなのだ。ただし、ガソリンの火の手を抑えるためではなく、通常の火災を抑えるためである。

 現実には、スプリンクラーはなかった。( → 出典 ) 京アニの建物は、各種の防災設備を欠いている、安上がりの建物だった。耐火建築ではなく、準耐火建築(ロ準耐)だ。耐火設備は大幅に省略されていた。
 2008年に建築した鉄筋コンクリート建築で、ビジネス用の広い大部屋ふうの間取りを持つ。小部屋の多い住宅でもない。火災については最も危険な構造であると言える。それでいて、スプリンクラーさえ設置しない。

 こういう危険な建築物を合法化している、現在の建築基準法そのものが欠陥法である、と言えそうだ。
 これだったら、木造の個人住宅の方がよほど安全であろう。(小部屋に分かれているので、延焼するには時間がかかるからだ。)
 
 火災には非常に弱い建築を放置していた京アニもひどいが、こういう欠陥建築を野放しにする法律こそが、何よりも問題の根源である、と言えそうだ。



 [ 付記1 ]
 京アニの現場が広い大部屋であることは、次のページの写真からわかる。
  → 全焼した京アニスタジオの間取りがエグい!非常階段も防火扉も無し!

 奥にらせん階段の見える画像がある。この画像で、広い大部屋であることがわかる。こんな大部屋でビジネスルームならば、スプリンクラーの設置が当然なのに、義務づけられていないのだから、呆れるしかない。
 従業員は、タコ部屋に入れられた奴隷も同然だったと言えそうだ。火災が起こればもともと死ぬことが予定されていたのだ。

 ※ 
 私が思うに、これは、自民党政権のせいだね。企業の出費をなるべく下げることが最大目的であって、労働者の安全性を高めることは二の次となっている。だからこんな大部屋にスプリンクラーを設置しない。
 どうしてもスプリンクラーを設置しないのであれば、小部屋にして、間仕切りの壁を設置するべきだった。個人住宅みたいに。そうすれば、大規模な被害は避けられたはずだ。しかし、自民党政権の法律では、労働者の生命は二の次となるのだ。

 [ 付記2 ]
 前項で示したように、京アニの建物は、鉄筋コンクリート造りなのに、防火機能は「ロ準耐」である。これは、鉄筋コンクリートではかなり異例であるらしい。下記は一級建築士の声。



 鉄筋コンクリート(RC造)では、耐火建築が常道なのだ。なのに京アニは、2008年という新しい建築物なのに、耐火建築にしていない。常識に外れる形で、あえて防火機能を大幅に落としているわけだ。……建築費を安上がりにするために。
 今回の火災の被害が大きかったのは、決して偶然ではなくて、京アニが故意にそういう建物を選んだからなのである。金をケチるために。
 で、京アニが金をケチったせいで、従業員の多くは死んでしまったわけだ。

 


 [ 余談 ]
 前項には、反発する声が多く来た。ではなぜ人々は反発したのか?
 それは、「京アニはまったく責任がない」というふうに思い込みたかったからだ。「悪いのは犯人だけであって、京アニには微塵も責任はない」と。
 しかしながら、前項はその発想を否定した。「犯行そのものと、被害の拡大は、話が違う。犯行そのものは、犯人に全責任がある。しかし被害の拡大には、京アニにも一定の責任がある」というふうに。その責任とは、「防火体制の充実」という責任である。
 はっきり言って、「まったく責任がない」と言えるのは、被害者であるアニメーターだ。彼らには微塵も責任がない。しかしながら、彼らの命が奪われたことには、京アニにも一定の責任があるのだ。それは経営責任の一種だ。
 換言すれば、経営者には、それだけの深い責任が求められるのである。特に重大なのは、「従業員の生命を守る」ということだ。その一つには、「大部屋にはスプリンクラーを付ける」ということもある。また、「非常口・非常階段を付ける」ということもある。

 京アニには、犯罪についての犯罪責任はない。しかしながら経営体としては、従業員の生命を守る経営責任があるのだ。この経営責任について指摘しているのが、前項と本項だ。
 ただし、ここを勘違いすると、前項を誤読して、「京アニには犯罪責任があると言っているのかよ」というふうに思う。そういうふうに思うと、腹を立ててしまうのである。

 本サイトに来る批判のほとんどは誤読に基づく(※)、ということの一例となる。

( ※ 前にも同趣旨の話をしたことがある。コメント欄で。→ 船舶が衝突回避に失敗:コメント at 2019年06月08日 13:20

 ──

 亡くなられた従業員の方には、冥福の意を深く捧げます。

 一方で、世の中の経営者の人々は、自分たちの経営責任を深く自覚してもらいたい。リーダーというものには、深い責任がともなうのである。その責任とは、会社の利益を上げるということではない。(ここを勘違いしている経営者が多すぎる。)
posted by 管理人 at 18:17| Comment(2) | 安全・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に [ 余談 ] を加筆しました。
 前項には、反発する声が多く来た。ではなぜ人々は反発したのか?……という話。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2019年07月20日 20:36
もしスプリンクラーが存在して、消火できないまでも火勢を抑えてくれたら、

3階で屋上行き階段に行った人にドアを開ける「瞬間の間」があったかも
しれませんね。

そうすれば密室状態で瞬間に充満した煙も屋外に抜けて、ひざ下に一酸化炭素の
存在しない安全な空間が出来ていたかもしれない。

ブログ主様の論説の中から「法律の基準を満たす」事の周辺にある数々の問題点
が明確になって(事件としては極めて悲嘆しかない状況ですけど)、救われた
気持ちがいたします。
Posted by 参考になります。 at 2019年07月23日 06:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ