2019年07月23日

◆ 天気予報が当たらない

 近ごろ、天気予報がまったくあてにならない。

 ──

 「雨だ」と予報したのに「晴れ」になったり。
 「晴れ」と予報したのに「雨だ」になったり。
 1日前の予報が、そのように当たらない(ハズレる)ことが、しばしばある。

 のみならず、2日前と1日前の予報が全然違うこともある。2日前に「晴れ」となっているので、そのつもりで計画していたら、1日前になると「雨」になる。これでは計画が狂ってしまう。
 ま、曇りを中間にすれば、雨が曇りになったり、曇りが晴れになったりする、というぐらいは、受け入れ可能だ。
 しかし、雨と晴れがまったく入れ替わってしまうようなのは、困ってしまう。それも、1日ごとに変わってしまうのでは、まったく信頼できない。

 とりあえず、私としては、次の対策を取ることにした。
 「最近の天気予報はまったくあてにならない、と覚悟しておく。計画はいくらでも変更できるように、柔軟に対処を用意しておく」
 こうでもしないと、計画が狂って、後で大いに困ったことになる。
 ま、こういうふうにしても、計画がどんどん狂ってしまうんだけどね。

( ※ 建物の中だけで仕事をする人はともかく、私はけっこう外出するので。お天気にはおおいに依存している。)



 【 関連項目 】

 → 天気予報をIT化せよ: Open ブログ

 1〜2時間後のような、短時間予報が当たらない、という話。
posted by 管理人 at 20:00| Comment(0) | 科学トピック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ