2019年06月17日

◆ トヨタがルマン連覇

 トヨタが昨年に続き、ルマン24時間のレースを連覇した。すごいことのように見えるが。……
 
 ──

 トヨタが昨年に続き、ルマン24時間のレースを連覇した。「これはすごい」という調子の記事がたくさんあふれている。(ググれば見つかる。)
 そこでちょっと調べてみたら、次のことがわかった。

  ・ ルマンに参加しているメーカーは、トヨタだけ。
   (あとはプライベートチーム)
  ・ 去年(2018年)も、メーカーはトヨタだけ。
  ・ ポルシェは、2017年に撤退を表明している。
  ・ アウディは、2016年に撤退を表明している。
  ・ ニッサンは、2015年に撤退を表明している。


 というわけで、トヨタが二連覇しても、ちっともすごくはないわけだ。「トヨタしかいない」という状況だからだ。一人だけでレースしているようなものですね。
( ※ プライベートチームはあるが、同じ土俵だとは思わない方がいい。)

 ──

 なお、日産やホンダはどうしているのかと思ったら、米国の IMSA の DPi クラスというところに出場している。日産は、GTR の 3.8L エンジンを投入して、ルマン車みたいなボディに乗せて、優勝したこともあるぐらい頑張っている。ホンダもそこそこ頑張っているようだ。

 ポルシェとアウディは、F1 の電気自動車みたいな「フォーミュラE選手権」というのに出場している。
  → フォーミュラE ポルシェ アウディ - Google 検索

 フォーミュラEには日産も出場した。(追突されたりしてリタイアしたが。)
  → 「電気自動車のF1」フォーミュラE 2018-2019 に日産登場

 一方、ベンツやフェラーリは、相変わらず F1 をやっている。

 ──

 こうして見ると、各社ともレースでそこそこ頑張っているようだ。切磋琢磨。
 ところが、トヨタだけは、誰もいないレースであるルマンで戦っている。戦っているというより、ライバルなしの状況で、出場しているだけみたいでもあるが。……これじゃ、「勝った」とは言えませんね。勝つ相手がいないのだから。
 ほとんど虚無的な勝利。なのに、日本の報道各社は「トヨタがルマン連覇」と書く。
 何だか、昔の日本軍の「勝利」みたいな虚報ですね。情けなくなる。 (^^);

 → ルマン24時間、トヨタが2連覇 - 朝日新聞
 → トヨタ、ルマン連覇 「HV実験場」レースが存在感 :日本経済新聞
 → トヨタ、「ルマン24時間」連覇…1・2位独占 : スポーツ : 読売新聞

 ※ スポンサーのため? ……とも思えないが。



 【 関連動画 】



posted by 管理人 at 20:00| Comment(2) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今のルマン(WEC:世界耐久選手権)に関しては、南堂様のご指摘通り。トヨタは連覇して当たり前の状態です。でも、一応、トヨタを擁護させてください。

トヨタのHybrid技術を生かしたマシンの完成度が上がった途端に、アウディ、ポルシェと撤退していったので、仕方ないのです。2016年のルマン(レース残り6分の時点まで首位を快走)で勝てなかったのが本当に痛いのですが・・・。(なお、2015年の日産のルマン参戦は完全に黒歴史です。)

ただ、トヨタはWRC(世界ラリー選手権)でも、頑張っています。2017年から参戦を再開し、昨年はマニュファクチャラーズタイトルを獲得しております。メーカーは、シトロンエン、ヒュンダイ、フォード、そしてトヨタの4メーカーの対決となっております。
Posted by モタスポ好き at 2019年06月18日 15:09
アウディもライバル不在の中ひたすら
勝ち続けた印象があるな。
Posted by 横レス at 2019年06月18日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ