2019年05月09日

◆ 交差点にガードレールがない理由

 交差点にはガードレールがないことが多いが、その理由は?

 ──

 (滋賀県の)交差点の事故で保育園児が死傷した事件を、前々項で述べた。
  → 交差点の事故で園児死亡: Open ブログ

 これについて、対策として、「ガードレールを付けるべきだ」という意見も出た。
 なるほど。ガードレールを付けておけば、今回のような事故は起こらなかっただろう。だからそれが正解であるように見える。では、本当にそれが正解なのか? 

 ──

 実は、通学路や交差点などにはガードレールを付けるべきだ、ということは、今になっていわれたことではなく、何年も前からずっと言われてきたことだ。
 本サイトでも、次の項目では、そう結論した。(柵・ガードレールという用語で)
  → 京都府八幡市の交通事故: Open ブログ

 柵やガードレールや杭を設置することで事故を防止する……というのは、別に、特別なアイデアではなく、昔からある凡庸な案なのである。当然な案だとも言える。
 ではなぜ、その当然の案が実現しなかったのか? 

 ──

 これについては、「金がないからだ」というのが、普通の回答だ。なるほど、たしかにその予算はない。予算がなければ、実現もしない。
 しかしそれは真相ではない。

 金がないというが、実は、予算化されていないだけのことだ。予算化される前の金なら、たっぷりとある。金はありあまるほどあるのだ。
 ではなぜ、そのありあまる金が使われないか? その金は、歩行者のためでなく、自動車のために使われるからだ。
 
 実際、自動車のためであれば、湯水のごとく金は使われる。本サイトでも論じたことがある。
 日本橋の首都高の地下化に、3000億円もの巨額をかけるという。無駄の極み。
( → 高速道の地下化に3千億円: Open ブログ

 また、北海道の高速道路は、通行する自動車が少ないので、タヌキぐらいしか通らない……と言われたこともあった。( 10〜20年ぐらい前のことだが。)

 要するに、自動車のために使う金ならば、滅茶苦茶にありあまっているのだ。(ガードレールの設置も、ありあまる金を使えば、可能となるはずだ。)

 ──

 すると、反論が来そうだ。
 「道路建設費は、ガソリン税でまかなっているのだから、自動車建設のために使うのは当然だ」
 と。しかし、残念でした。道路建設費は、ガソリン税でまかなっているわけではない。ガソリン税では足りないので、一般財源から投入して、いろいろとまかなっている。要するに、(自動車以外の)歩行者や鉄道利用者の金をふんだくって、道路建設に回しているわけだ。

 ──

 ここまで見れば、真相がわかる。こうだ。
 「交差点にガードレールがない理由は、自動車優遇で、歩行者冷遇にしているからだ。国の金を、道路(車道)建設のために使うので、歩行者の命を守るための金はなくなってしまうのだ」

 換言すれば、こうだ。
 「交差点にガードレールがない理由は、自動車優遇で、歩行者を死なせるためである。歩行者の命なんて、もともと重視されていないのだ。大切なのは、自動車だけであって、保育園児のような歩行者のことなんかどうでもいいのだ」

 そして、そういう政策を取っているから、まさしくガードレールは設置されずに、事故で死者が出るわけだ。……今回の事故の死者は、まさしく、狙い通りだったのである。

( ※ 歩行者を守るための太い杭を打つのが常道だが、こういうのがあると、歩行者の命は守られるが、自動車の運転手は死んでしまうかもしれない。それを避けるために、あえて太い杭を打たないのだ。今回も、歩行者には13人もの被害が出たが、運転手の命は守られた。人間が衝突の緩衝材になってくれたおかげで、運転手は命が助かった。自動車優遇の原理は成功した。しめしめ、というわけ。)
( ※ 今回の事故で、自動車は大破したから、自動車の販売が1台増える。自動車会社は儲かる。逆に、運転手が死んでいたら、自動車の販売ができなくなってしまうところだった。今回の事故で、自動車会社は「運転手が助かって良かった」と胸をなで下ろしているだろう。)

 ──

 では、どうして、そういう馬鹿げたことが起こるか? それは、こうだ。
 「自動車会社が自民党にいっぱい献金をしているから、自動車優遇の政策が取られる」


 逆に言えば、保育園児や歩行者は、自民党に献金しないから、冷遇されるのである。

 結論。

 歩行者の命を救いたければ、次のいずれかだ。
  ・ 歩行者が団結して、自民党に献金する。
  ・ 自民党を政権から引きずり下ろす。

 そのいずれかを取ればいい。



 [ 付記 ]
 なお、人々が期待するのは、こうだ。
 「政府は、自動車会社よりも、人を大切にする。お金よりも、人の命を大切にする」


 しかし、残念でした。そういう方針を取った民主党は、国民の支持を得られずに、追放された。上のような方針は、国民によって否定されたのである。
 「馬鹿な。おれは自民党なんかに投票していないぞ!」
 と抗議する人もいそうだ。でも、そういう人はどうせ、投票所に行っていないでしょ。



 【 関連サイト 】

 → 歩行者の死亡事故ダントツの日本、ドライバー厳罰化で解決できない理由
  ※ 今の日本は、自動車優先で、歩行者は軽んじられる、という趣旨。

 ──

 ガードレールの設置状況について:
  → 何度直しても壊されるガードレール : ふらふら関西
  → 大津・園児死亡事故めぐり「田舎の道路にガードレールがない問題」がTwitterで論議に
  → 【大津の事故】交差点にガードレールやパイプが無い理由は?
    ※ これは原因分析ではなく、ただの現状の紹介。



 【 追記 】
 「太い杭」は、「ガードポスト」という名称があるそうだ。そうだったのか。
 本項のタイトルは「ガードレール」でなく「ガードポスト」という名称を用いるべきだったかも。

posted by 管理人 at 20:01| Comment(7) | 安全・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家の近くに「ガードポスト」を立てている交差点があるが
(小学校の通学路だから)
なぜこんなところで年何回もひん曲がることがあるのかって
思うほど運転手は上手くない
Posted by 老人 at 2019年05月10日 10:01
 【 関連サイト 】のリンク先には、
 「何度直しても壊されていたが、そばに赤い三角ポールを設置して、運転手によく見えるようにしたら、ぶつけられなくなった」
 とあります。
Posted by 管理人 at 2019年05月10日 12:28
単に、行政の怠慢ではないでしょうか。
うちの近所は、殆どの交差点にガードポストが設置してあります。信号のある交差点では100パーセントです。
これを機に、ガードポストの設置が進むことを祈ります。
Posted by うっず at 2019年05月10日 18:05
> うちの近所は、殆どの交差点にガードポストが設置してあります。

 うちの近所もそうですが、それは都会だから。
 問題となっているのは、金のない地方都市。

 
Posted by 管理人 at 2019年05月10日 18:24
> うちの近所もそうですが、それは都会だから。
> 問題となっているのは、金のない地方都市。

場所によって違うのであれば、国策なんかじゃなく、まさに行政の怠慢じゃないですか。
ちなみにうちは都会じゃ無いですけど。
Posted by うっず at 2019年05月10日 22:08
 怠慢じゃなくて、金欠ね。
 人口密度が高くて納税者が多い地域と、人口密度が低くて納税者が少ない地域では、同じ面積にかけられる金額が異なる。ちなみに道路では、都会よりも地方に多くの金額が補助される。地方の道路と、地方の歩行者対策とを、比較する。地方と都会とを比較しては駄目です。人口密度が違うんだから。
Posted by 管理人 at 2019年05月10日 22:44
 厚木市は、対策をするそうだ。大きな交差点には漏れなくガードポールを設置し、太い道にはガードレールを設置するという。
  → https://www.asahi.com/articles/CMTW1905221500002.html

 国は何も対策してくれないが、自治体としてできることはやる、という方針。

 ただし、対象は、管理下にある市道交差点に限られる。国道や県道の交差点は、管理外なので、できない。つまり、一番肝心なところはできない。
 厚木市は、「国や県にも対策を求める」とのことだが、求めたところで、やるわけがないでしょ。莫大な金がかかるんだし。(県はまだしも、国がやるわけがない。)
 かくて、事故のあとでも、危険な交差点はほとんどが放置される。

 ──

 なお、大津市の事故現場の交差点には、ポールのかわりにクッションが置かれている。
  → https://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20190510000201

 なるほど。これで自動車の運転手の命を守ろうとするわけだ。歩行者はどうせ死ぬだろうけど。
Posted by 管理人 at 2019年05月23日 07:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ