2019年05月07日

◆ 志村五郎が死去

 フェルマーの最終定理の証明に貢献した志村五郎が死去した。

 ──

 朝日の記事を引用しよう。
 数学の超難問「フェルマーの最終定理」の証明につながる予想を提唱した米プリンストン大名誉教授の志村五郎さんが3日、89歳で亡くなった。同大が発表した。
 志村さんは整数論が専門。1950年代〜60年代に、故谷山豊・東京大助教授と共に楕円曲線の性質に関する「谷山=志村予想」を提唱。この予想を手がかりに、提示から 350年以上数学者を悩ませてきた整数論の難問、フェルマーの最終定理が、英国のアンドリュー・ワイルズさんによって95年に証明された。
( → 志村五郎さん死去 フェルマーの最終定理の証明に貢献:朝日新聞

 この記述はおかしい。
 「この予想を手がかりに、提示から 350年以上数学者を悩ませてきた整数論の難問、フェルマーの最終定理が、英国のアンドリュー・ワイルズさんによって95年に証明された」
 というが、ワイルズが証明したのは、ほぼ「谷山=志村予想」そのものである。こいつ(小さなもの)を手がかりにして、これよりもずっと大きなことをなし遂げた、というわけではない。両者の大きさはまったく同じである。
 ワイルズの業績の大きさは、「谷山=志村予想」の大きさとまったく同じなのだ。(証明への貢献度では)
 そして、「谷山=志村予想」の証明が、フェルマーの最終定理の証明と等価である……というふうに証明したのは、ワイルズではなくて、ワイルズ以前の数人の数学者たちである。
 特に、フライ・セール予想が重要だ。
 1984年にフライはフェルマーの最終定理に対する……というアイディアを提示。セールによって定式化されたこの予想はフライ・セールのイプシロン予想と呼ばれ、1986年にケン・リベットによって証明された。

 (これによると)谷山・志村予想が証明されたならば、それはフェルマーの最終定理が証明されたことをも意味するのである。
( → フェルマーの最終定理 - Wikipedia

 こういう経緯をきちんと理解しておくことが必要だ。そうすれば、
 「この予想を手がかりに、提示から 350年以上数学者を悩ませてきた整数論の難問、フェルマーの最終定理が、英国のアンドリュー・ワイルズさんによって95年に証明された」
 なんていう間違った記事を書かずに済んでいただろうに。(新聞記者は、科学の記事を書くときには、その分野の科学知識がある人に任せるべきだろう。無知な素人が書くべきではない。)
posted by 管理人 at 20:20| Comment(13) | 科学トピック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>「谷山=志村予想」そのものである。

おそらく、新潮文庫の書籍をソースにしているんだと思いますが、記述が正確ではありません。
ワイルズは証明のために「谷山=志村予想を部分的に証明した」というのが実際です。
Posted by バリスタ at 2019年05月07日 21:05
「部分的に」は不適切かもしれないですね。「ある特定条件の下で」のほうが正確でした。
Posted by バリスタ at 2019年05月07日 21:10
 細かいところまで見ればそうですね。そこまで細かい話はしなかったけれど。(本項は初心者向けだし。だいたい、その差を示すことは、高度すぎる話題だし。)
Posted by 管理人 at 2019年05月07日 23:30
 その細かい話(高度すぎる話題)の詳細を知りたければ、下記に解説がある。
  → http://j.mp/2Wp8qD7

 ただし、読むには高度な数学知識が必要。虚数乗法など。
Posted by 管理人 at 2019年05月08日 07:28
>ワイルズの業績の大きさは、「谷山=志村予想」の大きさとまったく同じなのだ

大きさとは何を指しているんでしょうか?
範囲としては谷山-志村予想の方が範囲が広いですが。
Posted by 細波 at 2019年05月08日 08:02
  2019年05月07日 23:30
 で説明済み。前の質問を繰り返さないで。
Posted by 管理人 at 2019年05月08日 13:44
ブログ主が対応するかは別としてコメントは残して欲しいのですが。
Posted by 細波 at 2019年05月08日 22:03
 ものすごく低レベルの誤読(中学生でもやらないようなひどい誤読)のゴミだからです。自分の誤読がわからなければ、中学生に教わってください。中学生レベルの読解力があればわかる。数学力は不要。国語力の問題。
Posted by 管理人 at 2019年05月08日 22:24
よくみると、本文を少しずつ修正しているんですね。
ならばコメントも削除しないで欲しかったですね。
Posted by 細波 at 2019年05月08日 22:51
私の数学用語としての「等価」の理解が間違っていたかと思って調べましたが、やはり記述が正確ではないのではないでしょうか?

谷山=志村予想が真ならば、フェルマーの最終定理が真、は正しいですが、フェルマーの最終定理が真⇒谷山=志村予想が真、とはいえませんので。
フェルマーの最終定理の証明は、谷山=志村予想の一部の場合の証明にしかなりませんので。


「 p ならば q 」という命題が真でその逆「 q ならば p 」という命題も真の場合
Posted by 細波 at 2019年05月08日 23:04
 そこはまったく問題ではない。
 あなたは比較するものを間違えている。概念や意味ではなく、文章を間違えている。
 数学や論理の問題ではない。小学生に聞いてごらん。すぐにわかるから。
Posted by 管理人 at 2019年05月08日 23:21
身近に小学生がいないので、あなたに伺いますが、具体的に何が誤読といいたいのでしょうか?
空き家の記事での例のように具体的にあなたの言いたいことを書いて欲しいです。(あっちはあなたの主張がよくわかりました)
Posted by 細波 at 2019年05月08日 23:35
 私はそんな暇人じゃない。
Posted by 管理人 at 2019年05月09日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ