2019年04月28日

◆ 連休中の交通手段は?

 五月の連休中には、新幹線も高速道路も大混雑している。では、どうすればいい?

 ──

 新聞報道によると、新幹線の始発・自由席は 150%になることもある。高速道路も渋滞する。では、どうしたらいい?

 まず思いついたのは、「新幹線の増発」だ。調べると、昼間はすでに大規模に実施している。夜間は実施していない。どうしてかと思ったら、「保線作業」のほか、「沿線住民の騒音問題」が大きいらしい。「保線作業」ならば、何とか効率化することで対処も可能だが、「沿線住民の騒音問題」は、どうにも対処できないようだ。
  ・ 100メートル離れていても、騒音は大きい。
  ・ 京都付近では、線路のそばに住家がある。

 ということで、どうにもならないようだ。

 では、夜間の高速バスならどうか? バスなら、騒音問題もなく、夜間に走れる。また、夜間なら、渋滞の問題も避けられる。うまい方法だ。
 そう思って調べたが、 twitter によると、高速バスの券はすべて売り切れ状態だそうだ。買いたくても買えない。それじゃ、仕方ないですね。

 結局、新幹線も高速バスも、どちらも駄目だ。私の考える限りでは、どうにも良い案が思い浮かばない。お手上げだ。

 ──

 すると読者に責められそうだ。「困ったときの Openブログ」といつも言っているくせに、看板に偽りありだ。何とかしろ!」と。
 ぎゃふん。 (^^);

 そこで、困ったときには、自分の頭で考えずに、他人の知恵を拝借する。 twitter を調べているうちに、たまたま見つかった案がある。
 「 notteco を使え」

 え? 何だって? notteco とは何だ? 

 調べたら、uber に似たもので、ライドシェア(相乗り)のネットサービスだとわかった。特に、長距離専用ライドシェアらしい。
  → Notteco - Wikipedia

 ふうん。そういうものがあるんだ。
 これだと、「夜行バスより安い、早い、快適、便利」という評判だ。

 ただし、知らない人の車に乗車するので、女性だと危険に感じるかもしれない。実際、米国では、事件も多発している。
  → ウーバー 事件 - Google 検索

 とはいっても、ここは日本だし、危険は少ないだろう。免許証による確認もある。
  → notteco(のってこ)は違法じゃない!サービス内容や評判をご紹介

 ここで、マクロ的に考えるなら、この種のライドシェアは、連休中においては有意義な手段だと思える。これ以外には、臨時で増発する方法はないからだ。
 普段ならば、新幹線や高速バスがあるが、連休中に限っては、どちらも品切れだ。となると、ライドシェアというのは、十分に意義のある手段だ。
 また、環境的にも省エネだ、という効果もある。(空車を運転するのに比べて、エネルギーで無駄がない。)

 ただ、個人の是非は別です。危険が皆無であるわけでもないし。
 ま、私は詳しいことを知っているわけではないので、特にお薦めもしないし、批判もしません。単に情報を示すだけです。判断は、ご自身で。
( ※ でも、結構使えそうだ。)

 困ったときには Openブログ。著者が自分ではうまく思い浮かばないときも、何とかしてネットの情報を見つけます。
( ※ ただし保証はしません。お間違えなく。)



 【 関連サイト 】

 notteco のリンクを付けるのは、やめておきます。
 かわりに、全然関係ないものへのリンク。
  → Negicco(ねぎっこ)
 
posted by 管理人 at 15:26| Comment(4) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連休中の車はほとんど帰省で家族満載なので、同乗スペースはないのでは?
Posted by 京都の人 at 2019年04月28日 23:33
 まあ、今は独身の人も多いだろうし。少子化で3人家族の家庭も多いだろうし。一方で、セレナみたいに定員が多い車も多いし。
 年輩の人だと、子供は成人になって家を出たので、今は夫婦二人だけ、という家庭も多い。
Posted by 管理人 at 2019年04月29日 00:06
ここのところopenブログの提案にキレがないな。
今年は10連休と時間はあるのだから、移動手段は船(場合によってはカーフェリー)を使うといい。安いし、疲れないし。デメリットもあるが車よりはマシ。
Posted by 名無し at 2019年04月29日 10:09
 船はすぐに満杯になる。品切れ。
Posted by 管理人 at 2019年04月29日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ