2019年04月13日

◆ 東大総長が詐欺会社を賛美

 東大総長が入学式の式辞で、ユーグレナという詐欺会社を賛美している。詐欺に気づかず、詐欺の片棒を担ぐ。

 ──

 ミドリムシを培養するユーグレナという会社があるが、この会社は詐欺会社である、と前に述べた。詳細はそちらを参照。
  → ユーグレナは詐欺か?: Open ブログ

 この詐欺会社を、東大総長が入学式の式辞で大々的に賛美している。
 ついに大量培養法が実現し、事業展開の可能性が開け、2005年に会社を設立したのです。
 ユーグレナの成功は、出雲さんと鈴木さんの努力にもとづくものですが、東京大学という場をうまく活用したからこそ、可能性が開かれ、さらに大きく展開していったとも言えるのです。

 東京大学で過ごした学生時代がどんな価値をもち、どんなチャンスに満ちていたのかについて、鈴木さんの経験談から考えてみたいと思います。
 第一は、(略)
 第二は、東京大学が創りあげてきた信用です。鈴木さんも出雲さんと共に、ミドリムシ研究を進めるにあたって、多くの人たちを訪ねました。出会ったどの方も、東大の学生ということで、最初からきちんと話を聞いてくれた、それが大変ありがたかった、と振り返っています。東京大学の学生となった皆さんもこれから様々な場面で、そうした親切を経験されると思います。これは私達、東京大学のメンバーのとても大きな共有財産であり、大いに活用すべきです。
( → 平成31年度東京大学学部入学式 総長式辞 | 東京大学

 ここで示されているのは、ただの「詐欺の手口」であるにすぎない。「東京大学」というブランドを使って、箔を付けて、ただの絵空事にすぎない夢を、現実可能であるかのように見せかけて、大金を集める。これぞ、まさしく詐欺の手口だ。

 それでだまされた総長は、「大量培養法が実現し、事業展開の可能性が開け」なんて言っているが、事業はいまだに成立していない。コストが大幅に高くて、採算ベースに乗らないからだ。「一般の農産物ベースに比べてコストが 10倍にもなる」という難点は、まったく解決の見通しが立たない。単にコスト虫で生産しているだけだ。それも、大量生産ではなく、大量生産のための実証プラントという実験段階であるにすぎない。
 上記項目のコメント欄に書いた後日記から転載しよう。
 ユーグレナのデタラメさが判明した。
 以前の話では、
 「コストは市場価格の 10倍だが、2018年または 2020年までにコストを 10分の1にして、市場価格にまで引き下げる」
 というものだった。

 ところが、今日判明した報道では、こうだ。
 「コストは市場価格の 100倍であり、市場価格にまで下げるのにはあと7年かかる(2025年になる)」
  → https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181102/k10011696131000.html

 どうせ実現できないから、時期を先延ばしするだろう……というのは予想通りだったが、生産価格が市場コストの 10倍でなく 100倍だというのには、呆れるしかない。口あんぐり。
 よくもまあ、これまで、それほどにも嘘をついてだましていたものだ。

 しかも、この嘘をついて、国から補助金をもらっていた。
  → http://www.euglena.jp/news/n20160901/

 ひどいものだ。液浸コンピュータの補助金詐欺に似ているな。
 
Posted by 管理人 at 2018年11月03日 14:22

 何十年もかけて、自分の一生をかけても、その程度のことであるにすぎないのだ。しかも、コストは当初は「 10倍」と称していたのに、今では「 100倍」にまで上がってしまった。滅茶苦茶であるにもほどがある。
 それでいて、対外的には、莫大な補助金をもらうことで生産を開始することで、「大量生産が軌道に乗りました」なんてことを言っているわけだ。

 ──

 なお、コストが 100倍という点については、(最近になって)会社側の本人が述べている。
 今のコストは原料が70円で、精製コストが9,930円。合計で1万円ぐらいという感じで、石油由来のジェット燃料の約100倍です。
( → 「ミドリムシで飛ぶ飛行機」計画責任者のユーグレナ永田氏が明かす危機感。日本は未だバイオ燃料後進国のままなのか|FINDERS(2019/02/05) )

 ところが、100倍と認めたあとでホラを吹く。(夢を語る。)
 でも製油所自体はすでに世界中にあって、導入が進めば規模の経済で精製コストが20円以下まで安くなるとわかっているんです。確信があるから設備投資ができていますし、他社や自治体も協力してくれているんです。

 またしても、例によって「夢物語」を語る。呆れる。
 これについては、
 「おまえがそう思うんなら、そうなんだろう。おまえん中ではな」
 というしかないね。ほとんど狂人の世界だ。
 こんなのをまともに信じるようでは、「詐欺師のカモになるだけだ」というしかないね。

 で、東大総長も詐欺師の口上にコロリとだまされてしまった。そのあげく、詐欺会社を称賛するという間抜けぶり。
 あまりにもひどい間抜けぶりには、口あんぐりというしかない。

( ※ ユーグレナのバイオ燃料の生産は、たとえコストがゼロになっても、実用化できない。なぜなら、生産したバイオ燃料を精製するのに、莫大なコストがかかるからだ。その点、精製コストがほとんどかからない石油とは比べものにならない。また、陸上農産物に由来するバイオ燃料にも、大幅に劣る。この点は、冒頭に記した別項で詳しく説明した。)
( ※ はっきり言って、ユーグレナは、風力発電に由来する水素生産には、まったく勝ち目がない。どうせエコをやるなら、風力発電で水素生産をした方がいい。水素をエタノールに変えてもいい。)



 [ 付記1 ]
 上野千鶴子の祝辞は、「素晴らしい」と話題になっている。
  → 「がんばっても報われない社会が待っている」東大の入学式で語られたこと【全文】
  → はてなブックマーク

 この祝辞は最高だが、総長の式辞は最低だ、というわけか。

 [ 付記2 ]
 ユーグレナ(の詐欺)と似た例はないか? 考えてみたら、あった。JDI だ。
 JDI は、莫大な政府資金を投入したあげく、実質的に売却された。捨て値で売却。
  → JDI が身売り: Open ブログ

 本日の朝日の記事にもある。一部抜粋しよう。
 JDIは、最大で800億円の資金を出してもらうことで合意した。新株420億円分と、株式に転換できる社債180億円分を買ってもらい、必要に応じて転換社債200億円を追加発行する。将来は中台連合の議決権が6割超になる可能性もある。
( → JDI社長「パートナー選びに時間」 中台連合傘下に:朝日新聞

 中台連合の「Suwaコンソーシアム」からの支援にも不透明さが残る。JDIが12日に開いた記者会見に連合側の関係者は姿を見せず、連合に参加する中国と台湾の企業は、資金拠出をまだ正式に機関決定していない。JDIが中台連合に割り当てる株の株価は12日の終値より4割ほど安く、6月のJDIの株主総会で承認を得られるかも不透明だ。
( → 「日の丸液晶」頓挫 経産省、見通し甘く JDI:朝日新聞

 何かこれ、中台系の詐欺師に引っかかっている感じだね。
 それというのも、JDI そのものが、詐欺師みたいに嘘を振りまいて、投資者から金を集めていたからだ。詐欺師が別の詐欺師にだまされる形。ひどいものだ。
 記事にはこうある。
 経産省幹部は「出来たときはピカピカだった。ダメになったのは結果論で、その都度の支援の判断に誤りはなかった」と話す。金融関係者は「見通しが甘いまま突っ走ったのに、今さら責任逃れか」とあきれる。

 経産省も一緒になって、国民をだまして、国民の金を無駄に溶かしてしまったわけだ。ひどいものだ。

 こうやって、さんざん嘘をついて、夢を振りまいて、人々の金をいっぱいだまし取る。それが詐欺師の手口だ。JDI もそうだし、ユーグレナもそうだ。
 で、その先棒を担ぐのが、東大総長。
posted by 管理人 at 16:50| Comment(8) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本ブログの主は、時々キツイことをおっしゃっているが、
本記事は、最もキツイの一言でありました。
Posted by yomoyama at 2019年04月13日 22:28
 まあ、ゴーンや JDI についても、前から同じようにきつい言葉で批判してきたしね。
 この前例からすると、ユーグレナも将来的には、ゴーンや JDI と同じ運命をたどるかもね。ただし、2〜3年後ではなく、もっと先だろうが。まだ数年間は詐欺を続けることができそうだ。(東大総長も引っかかるくらいだし。)
Posted by 管理人 at 2019年04月14日 00:17
前途あるものを間違った方向に導くのは
教育者としてはあるまじき行為です
どこかの大臣の言葉より、責任は重いと思うけどね
Posted by 老人 at 2019年04月14日 03:40
 まあ、総長本人が、自分が何をやっているかわかっていないんですけどね。
 倫理的に悪だというよりは、知性的に愚かだ、ということ。どこかの馬鹿大臣に似ている。馬鹿であること自体に罪はない。
Posted by 管理人 at 2019年04月14日 11:28
疑問に思ったことがあります。

上場会社を「詐欺」(犯罪)と
言い切っておられますが名誉毀損のリスクは
大丈夫なのでしょうか。

https://itbengo-pro.com/columns/28/
「名誉毀損は真実の有無に関わらず成立する」とあります。


管理人様は理詰めで考えられるお方なので
「詐欺」と言っても問題ないという
ロジックをお教えていただければなと思います
Posted by 通りすがり at 2019年04月15日 14:08
> 「詐欺」と言っても問題ない

 問題ないということはないです。裁判になれば、私は負けます。(詐欺師を詐欺師だと呼ぶことには、名誉毀損罪が成立します。)
 だけど、裁判になれば、ユーグレナ社が詐欺をしていることが世間に大々的に報道されます。当然、ユーグレナ社に金を出す会社はなくなり、ユーグレナ社は詐欺を続けることができなくなって、倒産します。倒産したあとで、私に請求しても、意味がないでしょう。
 名誉毀損の相場からして、もらえる額は 10万円程度。一方で、失う金額は百億円単位だ。10万円を得るために 百億円を失う阿呆はいません。(黙っていれば大丈夫なのに、わざわざ自分で火を付けて炎上させる阿呆はいない。)

> 名誉毀損のリスクは大丈夫なのでしょうか。

 大丈夫とは言い切れません。
 だけど、正義のためには、わが身を危険にさらすのが、私の方針です。スーパーマンや仮面ライダーだって、そうでしょ? 彼らは、自分の身を守るためにやっているわけじゃありません。トクサツガガガのヒーローも同様。

> ロジックをお教えていただければなと思います

 これをやるには、剣の達人みたいな技術が必要なので、素人にはお勧めしません。素人が真似をすると、ケガをする。ロジックよりは、高度な技術の問題。
Posted by 管理人 at 2019年04月15日 19:01
管理人様、明快でわかりやすいご説明していただき
ありがとうございました^^

ストンを頭の中に入りました。
Posted by 通りすがり at 2019年04月15日 23:23
× ストンを
○ ストンと頭の中に入りました

これからも達人の術を楽しみにしています
Posted by 通りすがり at 2019年04月15日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ