2019年04月11日

◆ 学費詐欺と大学無償化

 外国人留学生を受け入れてボロ儲け……という学費詐欺みたいな事例と、大学無償化の関係。(小さな話題。)

 ──

 たいした話ではないのだが、二つの別の話題を、関連付けることができる。

 (1) 外国人留学生

 外国人留学生は、働いて稼ぐことが目的であり、学ぶことが目的ではない。だから留学生向けの学校は、まともに授業もしないで、ボロ儲けしている……という話を前に書いた。
  → 外国人留学生の労働問題: Open ブログ

 これを当事者が暴露した、という記事が新たに出た。
  → 留学生大量失踪の東京福祉大、元教授が緊急会見。元総長が「120億のカネが入るわけだよ」と会議で発言。金儲けのために留学生受け入れか | ハーバービジネスオンライン

 前に私が紹介した話が、内部にいる当事者が明白に暴露してしまったのだ。「本人の告白」というのまで付けて。
 ともあれ、こんなことをやっているのでは、学費詐欺みたいなものだろう。金だけむしり取って、ろくに勉強をさせないからだ。ほとんど犯罪的。

 なお、学費の具体額は、下記でわかる。
  → 留学生募集 大学学部研究生|東京福祉大学

 (2) 大学の無償化

 大学の無償化の実態は、Fラン大学の無償化であり、Fラン大学を優遇することだ……と前に書いた。
  → Fラン大学の無償化: Open ブログ
  → 大学無償化の問題: Open ブログ

 これは、(1) のこと(学費詐欺みたいなこと)に似ている。Fラン大学は、外国人留学生向けの学校と同様で、ろくに授業をしていないことが多いからだ。というか、出席率も低いし、学生が大学に来ない。出席しなくても単位を取れるし、出席しても中学校みたいな授業しかしていない。大学の側も、学生の側も、どちらも手抜きだ。
  → Fラン大生ですが真面目に講義に出席することに意味はありますか? | Fラン.com
  → Fラン大学の実態と授業風景 概論 | Fラン.com
  → F欄大学あるある|F欄大学に通っていた人ならわかる衝撃の実態 - LIFEEKer
  → Fランク大学に入学して授業にまったく出席しなかったけど卒業できたぞ。
  → 奨学金が支える「Fランク大学」の葛藤と不安 1300万円のハンデを負って通う価値はあるか
  → Fラン大学がこんなにも存在する理由B Fランビジネスの横行 | Fラン.com

 だったら、こんな Fラン大学なんかは、さっさと廃止した方がいい。
 ところが、このたび、それと逆の方針が取られたわけだ。「大学の無償化」という名分で、Fラン大学の無償化をして、Fラン大学を推進するわけだ。
 
 しかも、である。 (1) で示された「外国人留学生向けの金儲け主義」と「 Fラン大学における金儲け主義」は、どちらも同じ構造を持つことがわかる。
 さらに、どちらも経営母体が同じことさえある。
  ・ 東京福祉大は、それ自体が Fラン大学で、学生を集める。
  ・ 東京福祉大は、配下の専門学校に、外国人留学生を集める。

 こうして、同じ経営母体が、二重に「学費詐欺」みたいなことをやるわけだ。「学費だけは多額に徴収するが、ろくに授業をしない」というふうに。
「そいで4年間やりゃあ、上手にやりゃ、おまえ、今の勝手な試算だけど、120億入るって。どうだ伊藤、すごいだろ、おまえ。このアイデアは」
「そしたら、ガバチョガバチョじゃん」
( → 上記サイト

 まったく、ひどいものだ。
 で、こういうことを推進するのが、政府の「大学の無償化」なのである。「 Fラン大学ばかりを推進する」という形で。

 政府が推奨する、学費詐欺。まったく、ひどいものだ。
posted by 管理人 at 23:15| Comment(0) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ