2019年03月28日

◆ 洗濯機の使い方(ガッテン)

 洗濯機の正しい使い方を、NHK のガッテンで紹介していた。

 ──

 普通に洗濯機で洗濯すればいいだろ……と思っていたが、とんでもない間違いだった。普通に洗濯するのでは、洗濯物がすぐに傷んでしまうそうだ。
 どこが問題か? 洗濯物の量が決定的に重要だ。洗濯機には適正量というものがあって、そこからハズレると、洗濯がひどくまずい結果になるそうだ。
 洗濯物の適正量は、洗濯機の5〜7割。これより多くても少なくても、洗濯物が傷む。この量を厳守すること。
 特に、詰め込みすぎる( 10割を投入する)のは最悪で、洗濯物が傷むだけでなく、洗濯という(本来の)洗浄機能がまともに果たせないそうだ。

 ※ この意味では、メーカーの宣伝は なかば嘘だね。

 ──

 なお、傷んだ洗濯物を、うまく回復させる方法もある。ヨレヨレになった洗濯物が、新品のようにシャキッとして、新品と見まごうほどの高品質感になる。
 それには次の方法を取る。
 「柔軟剤だけを入れて、洗濯する。終了後は、脱水しないで、柔軟剤を含んだ洗濯物を、そのまま干す。
 なお、脱水の前には、生地を、伸びた方向とは90度の方向に引っ張って、ヨレを直す。」


 ──

 詳しくは NHK のサイトで。
  → 洗ってもヨレない!伸びない!洗濯機フル活用マニュアル - NHK ガッテン!



 【 関連サイト 】
 NHK の番組を要約しているサイトもある。

 → 【NHKガッテン】洗濯機の活用術!傷んだ衣類を戻す柔軟剤の使い方や洗濯物の適量など
 → 【反響要約】ガッテン!洗濯がもっと楽しくなる。ヨレない!伸びない!柔軟剤&洗濯機フル活用マニュアル!
 → 【ガッテン】洗濯機の活用法まとめ!柔軟剤で伸び・ヨレを元に戻す方法



 [ 付記 ]
 洗濯物が少ないと洗濯物が傷むのは、回転盤のローターにぶつかる回数が増えるからだ。
 そこで対策。洗濯の時間を短く設定すれば、洗濯物が少ないときでも大丈夫。
 例。
  ・ 普段は6割で 12分間の洗濯時間。
  ・ 洗濯物が2割の時には、2〜3分間の洗濯時間。

 後者ならば、洗濯時間が短いので、布地が傷む程度も減る。洗浄の効果も、問題ない。(傷む程度と洗浄の程度は、ほぼ比例するから。)



 【 参考 】
 ついでだが、ガッテンには過去の放送で、次のテーマもあった。

  → あの白さがよみがえる!シャツの黄ばみ一発解消SP - NHK ガッテン!

  → 梅雨を快適に!いや〜な部屋干し臭 一発解消SP - NHK ガッテン!
posted by 管理人 at 19:19| Comment(0) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ