2019年03月22日

◆ コンビニ 24時間営業の最適化

 コンビニ 24時間営業については、賛成・反対の意見が対立しているが、最適化するにはどうすればいいか?

 ──
 
 コンビニ 24時間営業については、賛成・反対の意見が対立している。

 反対論は、「深夜に営業しても、労働コストがかかる割には売上げが少ないので、赤字になる。儲かるのは本部ばかりで、オーナーは損する」というものだ。
  → 【コンビニ24時間営業論争】バイト代高騰でオーナーは経済的にも厳しく。ビジネスモデルの岐路

 賛成論は、利用者の側にある。「深夜にも起きていることがあるので、コンビニは開いている方が便利だ」というもの。特に若者で、賛成論が強い。
 年齢別では、18〜29歳で「必要」58%、「必要ではない」36%。30代は「必要」51%、「必要ではない」40%だった。これが40代になると「必要」28%、「必要ではない」62%と逆転。

konbini24h.gif

( → コンビニ24時間営業「必要なし」62% 朝日世論調査:朝日新聞

 こういう状況で、24時間をやめる実験が開始された。
 人手不足などを背景にコンビニの24時間営業の在り方が課題となる中、最大手のセブン‐イレブンは営業時間を短縮する実験を始めました。
 セブン‐イレブン・ジャパンが営業時間を短縮する実験を始めたのは、全国10の直営店です。
 このうち、東京 足立区の店舗は、朝5時から午前1時までの営業となり、閉店時間が来ると、看板の照明が消され、ドアには鍵がかけられました。
 実験では、これ以外にも営業時間を朝7時から夜11時、朝6時から夜中の0時の合わせて3つのパターンに分けて試すということで、今後、フランチャイズの店舗も対象に加えることにしています。
( → セブン‐イレブン 営業時間短縮の実験始める 全国10の直営店で | NHK

 ──

 さて。賛成と反対の両方の意見が対立しているが、どうすればいいか? 何とか最適化できないか? 「できる」というのが私の見解だ。
 それはこうだ。
 「全体の半分だけを、24時間営業にして、残りの半分は、深夜営業をやめればいい」

 その意味はこうだ。
  ・ 全店を開いても、売上げが少なくて、赤字になる。
  ・ 赤字なるなら、閉店した方がいい。
  ・ 客は、開いている店に行けばいいので、問題ない。
   (少し余計に歩くだけだ。特に問題ない。)
  ・ 開いている店では、客が倍増するので、利益が出る。
  ・ 本部の側は、売上総額はあまり減らない。
   ( A店で減っても、B店では増えるので。)


 こうして誰もがハッピーになる。休む店も、休まない店も、ともに得する。消費者は、とにかく開いている店があるのだから、不便にはならない。ちょっと歩く距離が伸びるが、どっちみちたいして距離は変わらないことが多い。
( ※ 深夜に閉まる店のすぐそばに住んでいる人だけが不便になるが、逆に、昼間は超便利なんだから、文句を言うべきではあるまい。)

 こうして最適化ができる。その方法は「半分閉店」だ。

  ※ きっちり半分にする必要はない。おおざっぱでいい。
  ※ 基本的に言えば、「市場原理」で問題は最適化される。
    現状では、契約による強制のせいで、自由競争がない。
 
posted by 管理人 at 20:01| Comment(10) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>全体の半分だけを、24時間営業にして、残りの半分は、深夜営業をやめればいい

繰り返しになって恐縮ですが、セイコーマートではこれをすでにやっています。

・札幌などの都市圏では24H営業
・地方都市や町村部では閉店時間帯あり

逆に、セブンイレブンやローソンは、町村部でも24H営業ですね。
Posted by 反財務省 at 2019年03月22日 21:27
 本項のは、「都市圏/地方圏」じゃなくて、同じ地域で半分ずつ、というやつです。
 今回訴えたのは、東大阪市のセブンイレブンの店主なので、都市圏で 24時間営業だと、彼は救われません。それだとまずい。
 都市圏では半分、地方圏では全廃、という感じにしたい。
Posted by 管理人 at 2019年03月22日 21:52
セイコーマートの24H営業は確か全道の3割とか。
札幌でも24H営業は一部の店だけです。
Googleマップで、「セイコーマート 営業時間は」で検索すると確認できます。
この方法は、セブンイレブンやローソンでも有効です。
Posted by 北の街から at 2019年03月23日 06:20
検索方法の説明が、不正確でした。
Google検索で、「セイコーマート 営業時間は 札幌市」でした。
Posted by 北の街から at 2019年03月23日 06:35
> 都市圏では半分、地方圏では全廃、という感じにしたい。

および、

> セイコーマートの24H営業は確か全道の3割とか。

 というのを、法的に義務づけるとよさそうだ。
 具体的には、「全店の3割のみ 24H営業が可能」つまり「残りの店では1日6時間の休業」というふうに義務づける。都市部かどうかの配分は任せる。任せておいても、どうせ自動的にそうなるだろうから。
 こういうの、自民党政府がやるはずがないから、野党の議員立法で提案するとよさそうだ。マスコミが大々的に報じてくれるだろうから、成立する可能性は高い。提案者は全国的に有名になって、党首になれるかも。
 
Posted by 管理人 at 2019年03月23日 08:40
 1日6時間を休んだとしても、休み時間をずらして、
  0時 〜6時
  22時 〜4時
 という2店にすれば、どちらも休みである時間帯は
  0時 〜4時
 という4時間だけとなる。
   
Posted by 管理人 at 2019年03月23日 11:40
病院のように当番制も考えましたが,消費者が迷うのでだめですよね。
では深夜時間帯だけ無人店舗にすればどうでしょう。逆に日中に無人にするというのもアリかな。
旧ウォルマートのように,深夜帯の提供サービスを制限すれば可能です。
必ず悪さする奴が出てきますが,最初のうちはやらせておけば良い。その後の制裁や報道を見ればやがてやらなくなるでしょう。
Posted by 先生 at 2019年03月23日 13:29
 夜間は、アイスクリームの自販機ぐらいで十分。
 カップラーメンの自販機もあるとよさそうだが、不正利用が多すぎて大変だそうだ。お湯を盗まれるという。
  → http://mogumogunews.com/2013/06/topic_684/

 というか、隣のコンビニなんて、すぐそばにあるんだから、そっちに行けば済む話。
 私の家からは、ファミマが2軒、セブンが3軒、ローソンが1軒。いずれも同じ距離ぐらいにある。5軒が閉まっていても、残りの1軒があれば、問題ない。
Posted by 管理人 at 2019年03月23日 14:25
加えて、タクシーの深夜割り増しのようにコンビニも深夜帯にはなんらかの「割り増し料金」を徴収するようにしても良いような。
オーナーばかりが店員の深夜割り増し賃金を負担し、本部と利用客は知らんぷりというのも構造的な問題のひとつのように思います。
Posted by こんとん at 2019年03月23日 15:30
家の中で決済して,
あとは商品を店舗から「持ち出しに」出かければよいのですから,深夜営業の問題はやがて変貌するでしょう。
まずは深夜を無人にして次は昼間も無人にしてくれるような便利な店があれば,真っ先に利用するのに。
Posted by 先生 at 2019年03月24日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ