2019年03月14日

◆ 東京五輪のホテル不足

 東京五輪では、(外国人客が多く来るので)ホテル不足が問題となりそうだ。何とかならないか?

 ──

 もともと成田や羽田に来る外国人客は、東京近辺に宿泊するしかないだろうが、そうではない外国人客もある。
 特に、アジアからの客は、西日本方面の空港に着陸することが多い。これは航空機代の都合だ。(韓国や台湾からだと、東京よりも西日本の空港の方が近いので、西日本に来ることが多い。)
 で、西日本の空港に着陸したあとは、高速バスを利用して、東京に来る。
 そこで、このような客には、東京以外の地点に宿泊してもらえばいい。たとえば、大阪や名古屋や静岡などに宿泊してもらう。

 ──

 ただし、難点もある。大阪や名古屋や静岡などから夜行バスで来ると、東京に到着する時刻が早すぎるのだ。すると、早朝の時間つぶしが大変だ。下手に時間をつぶすと、かえって余計なお金がかかってしまう。
 このことは、次のページで紹介されている。
  → 夜行バスは『朝早く着きすぎて時間潰すのにお金を使うとかえって高くつく』
  → はてなブックマーク

 ──

 そこで提案しよう。
 西日本の空港に到着したアジアの客は、東京に来る前に、箱根・伊豆・熱海で過ごすといい。


chizu_hakone.png


 例としては、次のような感じ。
  ・ 九州や関西の空港に到着する。
  ・ そこで昼間を過ごしたあと、深夜に、夜行バスに乗る。
  ・ 箱根行きの夜行バスで、翌朝には箱根に到着。
  ・ 箱根は外国人の人気だ。そこで早朝と昼間を楽しむ。
  ・ ただし箱根には宿泊しない。宿は満杯気味だからだ。
   特に夏は、日本人客が多くて大変だ。
   → 神奈川 箱根の観光客、2千万人台に回復:朝日新聞
  ・ そこで箱根のかわりに、収容力のある伊豆に宿泊する。
   伊豆で日本の温泉を楽しむ。いい湯だな〜
   ( 熱海もいいが、熱海は交通の便が良く、値が高い。
    伊豆は、交通の便が悪いので、安い。)
  ・ 伊豆で過ごした後は、新幹線で、小田原から東京へ。
   新幹線を短時間ながら安価に楽しむ。
   ( 新幹線を未経験な外国人向け。)
  ・ 東京で過ごしたあとは、適当にどこかへ行けばいい。
   何だったら、また伊豆に戻ってもいい。

 以上のようにして、東京のホテルの宿泊客を減らすことができる。

( ※ 「横浜はどうよ?」と思うかもしれないが、横浜のホテルなんて、東京のホテルの一部だと思った方がいい。一緒くたにひっくるめる。大宮や幕張も同様。)

posted by 管理人 at 22:42| Comment(0) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ