2019年03月14日

◆ 民泊タコ部屋マンション

 民泊にはひどいものがある。狭い部屋に多数の人が宿泊する、タコ部屋状態のマンションもあるそうだ。

 ──

 ちょっと古い話だが、朝日新聞の投書欄 2018-12-01 に掲載された話。
 東京都の例だが、3階建ての建物に、9部屋がある。1部屋 25平方メートル(バス・トイレ込み)という狭い部屋。そこに3〜4人も宿泊するそうだ。まともにベッドを置く広さもないから、2段ベッドである。休む場所はほぼなしだ。建物にはロビーも食堂もないそうだ。全室禁煙なので、喫煙者は路上喫煙しているという。近所の人から見たら、胡散臭いこと、このうえない。
 ま、貧困者が集まって、路上にたむろして、ゴミだらけ、……という印象だ。スラム化していますね。ホテルや寮と違って、管理人もいないし、ひどい状況だ。

 いくら民泊で安価な宿泊客を増やすとはいえ、ひどいものである。政府はこんなのばかり推進している。困ったことだ。
posted by 管理人 at 22:22| Comment(0) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ