2019年03月13日

◆ Fラン大学の無償化

 日本の大学教育の費用は世界でもことさら高い。それが問題となっているところへ、政府は「Fラン大学を無償化する」という方針を打ち出した。

 ──

 安倍首相のやる政策は、毎度毎度、見当違いだ。先には、次の施策を出した。
 「保育園不足が問題だ。そこで、幼児教育を無償化する」
 しかしこんなことをしたら、「無料なら」ということで、需要が急増して、保育園に入りたがる人が殺到する。その一方で、供給不足の問題は、何ら解決しない。大金を費やして、状況を悪化させるばかりだ。

 と思ったら、今度は、もっとひどいことを打ち出した。
 日本の大学教育の費用は世界でもことさら高い。「授業料や入学金が高すぎる」というふうに批判されている。それが問題となっていた。すると政府は「大学の授業料をすべて半減する」という方針を打ち出すかわりに、「Fラン大学を無償化する」という方針を打ち出した。ありゃりゃー。

 実を言うと、「ことさらFラン大学だけを無償化する」というのではなくて、正確には、次のようになる。
 「低所得者に限り、大学の費用を無償化する。準・低所得者には、大学の費用を半減する」
 つまり、大学のレベルで援助を決めるのではなく、親の所得で援助を決める。とはいえ、「親が低所得なのにあえて大学に行きたがる」というような場合だと、おおざっぱには、優秀な大学よりも、Fラン大学が該当することが多いはずだ。
 なぜか? もともと低所得である家庭の子が、高いレベルの大学に入れば、現状でも十分な奨学金が得られるからだ。これらの優秀な子は、新制度であってもなくても、授業料は無償だし、生活費も得られるはずだ。
 で、新制度で新たに無償化の恩恵を受けるとなると、さまざまな奨学金の恩恵を受けにくいような低レベルの大学の入学者、つまり、Fラン大学の学生となる。( D、Eランクも含むだろうが。)
 かくて、「ことさらFラン大学だけを無償化する」と狙っているわけではないのだが、結果的には、「ことさらFラン大学だけを無償化する」というのと同じことになりそうだ。
 なお、短大や専門学校も対象となるので、Fラン大学よりももっと低いレベルも対象となるようだ。
  → 大学 無償化 専門学校 - Google 検索

 ──

 この件では、次のインタビュー記事も参考になる。(かなり長い。)
  → (異議あり)大学無償化、現役世代の格差助長 日本社会を分析してきた学者、吉川徹さん:朝日新聞

 大学入学者には無償化の恩恵が行くが、進学しないで就労する若者は対象とならない。貧しい層の中でも、最も貧しい人たちは、対象とならないのだ。むしろ、増税で金を奪われるばかりだ。
 このためにかかる費用は 7600億円という巨額だ。しかも、いっぺん限りでなく、毎年だ。これほどの巨額の金が奪われて、頭の悪い若者にばかり与えられる。まさしく亡国政策と言えるだろう。



 [ 付記1 ]
 むしろ、Fラン大学なんかは(優遇するどころか)ぶっ潰した方がいいのだ。低レベルの学生は、大学なんかで学ぶより、料理や建設職人の仕事を学ぶ方がよほど有益だからだ。
 この件は、先に述べた。
  → 底辺大学をつぶせ: Open ブログ

 [ 付記2 ]
 Fラン大学に進学した学生は、卒業後も悲惨だ。(きちんと手に職を得ることもなく)事務職みたいなことをめざすが、ろくに事務職もできないので、失業したままか、契約社員止まりのことが多い。そのせいで、奨学金を返済できずに、奨学金破綻する例が多い。
 この件は、先に述べた。
  → 奨学金の受給には試験を: Open ブログ

 だから、Fラン大学なんかに進学できないように、Fラン大学の学生には奨学金を廃止するべきなのだ。
 ところが今回の政府の方針は、その逆だ。まともな頭のない連中に、大学教育を受けさせることで、頭脳労働者に養成しようとする。そのせいで、手や体を動かす職に就けなくさせてしまう。ミスマッチ。
 ひどい亡国政策だ。

 [ 付記3 ]
 では、正しくはどうするべきか? それは、これまで何度も指摘されたとおり。
 「国立大学の授業料を下げる。さらに、奨学金も充実させる。」
 つまり、こうだ。
  ・ 対象を、優秀な大学の学生に限定する。(低学歴を除外)
  ・ 親の所得については、特に制限しない。
  ・ 特に、中程度の所得の家庭を対象に、援助する。


 似た趣旨の話は、朝日の記事にも記されている。

 [ 付記4 ]
 奨学金破綻をしているのは、「低所得の家庭の子弟が、Fラン大学に進学して、貸与形の奨学金を借りた場合」である。この場合、就職できないまま、奨学金の返済を強いられるので、奨学金破綻をする。
 そこで、「そういう場合には、Fラン大学への進学をやめればいい」というのが正解だ……という趣旨の話を、先に述べた。
  → 奨学金の受給には試験を: Open ブログ

 一方、「そういう場合には、Fラン大学への進学者のうち、低所得者への奨学金を、貸与形から給付型にすればいい」というのが、今回の施策だ。
 しかし、この施策では、低所得者は救われても、中所得者・高所得者は救われない。Fラン大学への進学者は、(奨学金への返済はなくとも)まともな収入を得られないという状況になるからだ。一生、派遣社員のままで、結婚もできないほどの低所得になる……というのが普通だ。
 こういうことを避けるためにも、低学力の人は、Fラン大学以外の方向に進むべきなのだ。(専門学校や就職など。)

 ※ 専門学校とはいっても、アニメーター養成学校なんかに進学すると、アニメーターになったあげく、薄給で苦しむようになる。保育士や介護士もまた同じ。これらの職業への進学は止めた方がいいだろう。(奨学金による推進とは逆だ。) また、声優や俳優も同様だ。
   → 声優の専門学校は危険!卒業後は声優になれない末路が…



 【 関連項目 】

 本項と似た趣旨の見解がある。「Fラン大学は無償化、東大は有償化」という話。
  → 来年からFラン大は無償化、東大・国立大は有償化=年収270万以下だけ全額免除に縮小に。現在は年収400万以下までが対象なのに

  2019-05-31 の日付なので、本項から2カ月以上たってからの記事。
posted by 管理人 at 21:24| Comment(40) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
官僚目線で言うと、

Fラン大学を守る≒文科省役人の天下りポストを守る

である。

一方、安倍としては、私立大学が潤うことにより、お友達のKK学園を守ろうとしているのでは?
Posted by 反財務省 at 2019年03月13日 23:41
一度社会に出てから『学ぼう』という目的意識を持った人が高等教育を受けられるように援助するような方向にしてはどうでしょうか。
現代はネットの充実により学ぶには良い環境になっていますが、『意欲』ばかりは本人が持たない限りどうにもなりません。
Posted by けろ at 2019年03月14日 08:48
私も詳細は知らないのですが、「奨学金」の現状について調べてみませんか。

私が現役学生だった頃でも、奨学金のほとんどは後で返却する必要のあるものでした。アベノミクスで不景気な現状では、返却の必要がない奨学金はもっと減っているのではないでしょうか。

返却の必要がない奨学金を、低所得の家庭にばらまくのは、合理的で必要な政策だと思います。実家が貧乏だからといって、天才を迫害していいわけではありませんからね。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月14日 20:37
 低所得の天才は、もともと十分な給付を受けています。本文中に書いてある通り。
 資料は下記。
  → http://j.mp/2Ck3qrj

 能力があるのに進学できない、というのを救うには、低所得者を対象とするのではなく、中所得者を対象とするべきです。現状の授業料は馬鹿高いので、中所得者も進学しにくくなっています。せめて国立大の授業料を、昔の水準にまで下げるべきなんだが。

 本項で批判しているのは、低所得者がFラン大学に進学することです。天才の話じゃありません。きちんと本文を読んでください。あなた、誤読していますよ。
Posted by 管理人 at 2019年03月14日 23:14
>国立大学の授業料を下げる。さらに、奨学金も充実させる。

確かに上記施策は、
”向学心のある若者に高等教育を受ける機会を均等に与える”という目的には合致します。

しかしながら、一部私立大学が定員割れとなるような少子化の状況で、そもそもの目的がFラン大学を含む私学の救済、延命といった経営支援にあるとすれば首肯できます。私学への間接的な補助金交付のような。

実の処、件の大学無償化は私学団体からの圧力によるものではないかと推測します。であれば国立大学の授業料が下げることはないだろうと。私学経営には逆風になりますから。
Posted by 作業員 at 2019年03月15日 00:52
> 低所得の天才は、もともと十分な給付を受けています。本文中に書いてある通り。
>  資料は下記。
>   → http://j.mp/2Ck3qrj

「低所得の天才も給付を受けられる可能性があること」はわかりますが、「十分」であるとの根拠がわかりません。

> 本項で批判しているのは、低所得者がFラン大学に進学することです。天才の話じゃありません。きちんと本文を読んでください。あなた、誤読していますよ。

本文にミスリード(提案の方式がFラン大学のみへの進学を推進している根拠が不明)があって、本来論じるべき部分を無視しているようにとれたので指摘しました。管理人さん自身「おおざっぱには...多いはずだ」という印象しか示していませんよね。安倍首相の論法によく似ています。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月15日 23:01
> 「おおざっぱには...多いはずだ」

 もちろん、そうです。そういう傾向がある、という話。
 自然科学の法則じゃないんだから、例外を含むことは問題ありません。
 比喩で言うと、薬による治療効果が出る割合が多ければ、その薬は有効です。例外なく誰にも有効であることは必要ありません。不確実性は許容されます。

 安倍首相の論法は、論点そらしと、真実とは逆のこと(嘘)を言うことでしょう。不確実性とは違います。
Posted by 管理人 at 2019年03月15日 23:54
> 自然科学の法則じゃないんだから、例外を含むことは問題ありません。

一部の例外(奨学金受給者がFラン大学に進学する可能性)を取り上げて、一事が万事であるかのように主張することを批判しております。
この状況を形容するのに

> 不確実性は許容されます。

と主張される管理人さんとは、この件に関してこれ以上議論しても平行線と思われますので、この件に関してはもう主張しません。

> 安倍首相の論法は、論点そらしと、真実とは逆のこと(嘘)を言うことでしょう。

それも一例です。私が安倍首相を例に上げたのは、「個人的な印象で一事が万事であるかのように主張し、反論されると『誤解だ』と決めつける」ような議論の仕方を見たことがあるからです。いつの事かときかれても、今すぐには思い出せません。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月16日 13:18
> 一部の例外(奨学金受給者がFラン大学に進学する可能性)

 奨学金受給者は、Fラン大学に進学するという例外がある、のではありません。どのランクにも一様に分布します。ただし、上位校への進学者は、すでに奨学金を得ているので、新規の受給者にはならない、というだけです。新規の受給者は、底辺校ばかりになる、というわけ。
 あなたは人の話をまったく理解できていない(誤読ばかりしている)ので、論議になりません。
 たぶん、あなたはタイトルを読んだだけで、本文を読んでいないのでしょう。だから、タイトル通りの方向で誤読しているばかりで、本文とは正反対の解釈をしている。釣りタイトルに釣られているだけで、文章を読めていない。

> この件に関してこれ以上議論しても平行線と思われますので、この件に関してはもう主張しません。

 そうですね。黙っていてください。誤読して、藁人形論法をする人には、疲れるだけ。
Posted by 管理人 at 2019年03月16日 13:30
 最後に [ 付記4 ] を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2019年03月17日 08:12
この件については黙っているつもりでしたが、私が誤読しているという個人攻撃を続けられるのも迷惑なので、続けます。

> 上位校への進学者は、すでに奨学金を得ているので、新規の受給者にはならない、というだけです。新規の受給者は、底辺校ばかりになる、というわけ。
>  あなたは人の話をまったく理解できていない(誤読ばかりしている)ので、論議になりません。

管理人さんの主張の根拠は、「おおざっぱには...多いはずだ」という主観に基づく決めつけです。私が「客観的根拠にならない」と指摘しているのに、「(管理人さんが主観できめた結論に)納得できないのは誤読しているからだ」と主張しています。

これは、「アベノミクスで労働者の所得が減った」とする野党の主張に「株価が上がった、求人も増えたから景気が良くなった」と反論する安倍首相と一緒です。

> 誤読して、藁人形論法をする人には、疲れるだけ。

管理人さんこそご飯論法ではないですか。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月17日 19:25
 誤読した点を教えて上げたのに、まだどこを誤読したのか、理解できないんですか? もう、どうしようもないですね。
Posted by 管理人 at 2019年03月17日 22:03
管理人殿の主張に対して、名無しの通りすがりさんが難しく捉えているために、議論がややこしくなっているように思います。

単純に考えれば、
安倍政権による奨学金政策を打つ前は

優秀な低所得者…奨学金あり
優秀でない低所得者…奨学金なし

だったのが、今回の政策提案により、

優秀な低所得者…奨学金あり
優秀でない低所得者…奨学金あり

になり得る。このことは結果的に、奨学金の対象が優秀でない学生にも広がることにつながるから、中堅以下のおバカ大学の学費を援助することになっちゃうけどそれでもいいの?税金の使い方間違えてない?っていうのが管理人殿の主張かと思います。

私は深読みが苦手なので、こんな風にしか読み取れなかったです。間違いがあればご指摘ください。

ちなみに、私も低レベル大学を潰すのは賛成です。私立大に対する補助をやめて、国立大学とか独法の研究所などへの運営費交付金を増額すべきと考えていますので。
Posted by 反財務省 at 2019年03月18日 01:57
反財務省さん、解説ありがとうございます。

> 単純に考えれば、
> 安倍政権による奨学金政策を打つ前は
>
> 優秀な低所得者…奨学金あり
> 優秀でない低所得者…奨学金なし
>
> だったのが、今回の政策提案により、
>
> 優秀な低所得者…奨学金あり
> 優秀でない低所得者…奨学金あり

私の主張は以下です。
●どんなに奨学金制度をいじったところで、奨学金をもらえない『優秀な低所得者』はいる。」
●今の奨学金制度では、『どの所得層を見ても優秀な学生への奨学金』はたりない(もしくは返却義務がある似非奨学金である)
●新しい制度の奨学金の大部分がFラン大学に流れ込むとは思えないし、そうだと主張する管理人さんの説明に説得力を感じない。
●Fラン大学に金の一部が流れ込んだとしても、残りの金で日本を低迷から救う天才を数人輩出できるならば、奨学金制度の変更をすべき。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月18日 14:48
> 今の奨学金制度では、『どの所得層を見ても優秀な学生への奨学金』はたりない

 そうです。だから、低所得者に限定して資金を投入するのではなく、中所得者の天才を救うべきだ、というのが本文の趣旨。
 あなた、私の言っていることをまったく理解できていませんね。読んでないんだろうか? 読んでも理解できないのだろうか? 

 日本を低迷から救う天才を数人輩出するためであれば、Fラン大学に巨額資金を投入するのは馬鹿げている、という話です。天才を探すために、Fラン大学を調べるなんて、ホッキョクグマを探すために、熱帯を調べるようなものだ。あるいは、オリンピック選手の候補を探すために、幼児病棟や老人病院を探すようなものだ。およそ見当違いというしかない。その馬鹿馬鹿しさを指摘しているんだが。……まあ、どうせ理解してもらえないんだろう。
 かくて、(低所得でない)中所得者の天才は、進学できないまま、うずもれる。可哀想に。あなたはそれでもいいんだろうけどね。(北極にいるホッキョクグマは、人々が熱帯ばかり探すので、見つけてもらえない。)

> どんなに奨学金制度をいじったところで、奨学金をもらえない『優秀な低所得者』はいる。

 それは本人が申請しなかったから。申請すれば必ずもらえます。どの国立大でも、低所得者は授業料と入学金が全額免除です。ここをいっそう拡充するのが本道だ。(Fラン大学を拡充するのではなく。)
Posted by 管理人 at 2019年03月18日 18:15
超賢いにも関わらず経済的な理由で進学できない学生の世帯が”中所得者”世帯?
もはや”中”には該当しないように思えますが。

そして、国立大にも超高額の寄付をすれば入学だけは認められるブッシュ枠が設定されてもいいのではないかと。この寄付金も奨学金に充当するわけです。
Posted by 作業員 at 2019年03月18日 18:51
> もはや”中”には該当しない

 年収 400万円、子供2〜3人、老人の親が4名。
 国立大の学費は4年で 242万5,200円 (1人)
  https://01intern.com/magazine/archives/15809
 その他、子供の生活費が2〜3人分。

 これじゃ、進学は無理ですね。高校までが精一杯でしょう。

 なお、400万円というのはかなり恵まれた数字で、実際にはもっと少ない家庭が多い。
  http://j.mp/2UIh2no
  http://j.mp/2UCPcJq

 政府の「無償化」の制度では、低所得者は 270万円以下のこと。準低所得者は 380万円以下。
 https://clabel.me/universities/24326
Posted by 管理人 at 2019年03月18日 19:14
>これじゃ、進学は無理ですね。高校までが精一杯でしょう。

いや、この世帯に、あくまで”子供が超賢い”という条件を加えた上で、”経済的な理由で進学できない”場合について、もはや”中”ではないのでは、ということです。”経済的に”の部分は実家からの拠出だけでなく、現行の奨学金制度や場合によっては特待生制度、アルバイトも活用しての話です。
Posted by 作業員 at 2019年03月18日 20:00
> 特待生制度、アルバイト

 中所得者に特待生制度なんて、ありません。
 アルバイトは、理系の国立大なら、無理です。
 現行の奨学金制度は、本来の奨学金じゃなくて、ただの有利子・学生ローンです。こんなのを使わせるのじゃ、まともじゃない。女性に「大学に行きたきゃ、体を売れ」というのに似ている。天才がこの奨学金を借りたら、卒業後に大学院に進学した時点で、破綻してしまう。
Posted by 管理人 at 2019年03月18日 20:57
>中所得者に特待生制度なんて、ありません。

十分でないかもしれませんが、
2019年度 給費生・特待生・奨学生入試を実施している大学(私立大−関東・甲信越地区)https://www.keinet.ne.jp/dnj/18/gakuhi/kyuhi_s02.pdf

自治医科大や慶応、東京理科などがありました。他には防衛大、防衛医科大、気象大学校などは?

> アルバイトは、理系の国立大なら、無理です。

理系でも4年次はともかく、三年次までなら無理ではありません。枚挙に暇がありません。

> 現行の奨学金制度は、本来の奨学金じゃなくて、ただの有利子・学生ローンです。

優秀なら無利子の奨学金が受けられます。

他、東京理科、早稲田、電通大、名工大あたりは二部が設けられていたはずです。

又、高卒採用の従業員に在籍のまま大学に入学させ昼間部の大卒資格を取得させる制度のある企業もあります。身近に実例を知っていますから特段特殊とも思えません。探せばそれほど難なく見つかるのでは。

以上、普通〜優秀なら全く方策がないわけではないと考えます。超賢いならまだ他にも手段があるのではないかと。

Posted by 作業員 at 2019年03月18日 22:30
> 2019年度 給費生・特待生・奨学生入試を実施している大学(私立大−関東・甲信越地区)

 入学金と授業料の免除ぐらいなんだし、そのためにポンコツ私大に行くのは本末転倒でしょう。才能の浪費。しかも、4年間の全額免除が確定している例はほとんど無い。

> 優秀なら全く方策がないわけではないと考えます。

 そりゃまあ、例外的には何とかなるかもしれないが、例外の話をしても仕方ない。
 上の特待生も、全額免除は学年で1名程度のことが多い。それっぽっち。


 アルバイトは無理。私の場合は、ほぼ連日で7時ごろまで実験があったけどね。帰宅は8時。さらに予習・復習。
 あなたの言っているのは、予習・復習をしない不良学生の例では? 
Posted by 管理人 at 2019年03月18日 23:33
>そのためにポンコツ私大に行くのは本末転倒でしょう。

内容はともかく自治医科大や慶応、東京理科も記載されていたと思いますがのあたりもポンコツとみなされるならそうなんでしょう。

>そりゃまあ、例外的には何とかなるかもしれないが、例外の話をしても仕方ない。

最初に”超賢い”と記していますし、管理人さんがご自分のコメントで記されている、
”かくて、(低所得でない)中所得者の天才は、進学できないまま、うずもれる。”
は例外的な話では?

>アルバイトは無理。

私が挙げたのは予習復習をしない不良学生の例かもしれませんが、一部であっても生活の糧を得つつ、単位を取得して卒業するならどこに問題があるのでしょうか?優秀な成績でなかったとしても...

生計のためにアルバイトせざるを得ず、なんとか時間をやりくりしている理系の学生をすべからく”予習・復習をしない不良学生”とみなすのは、彼ら彼女らに失礼では?
Posted by 作業員 at 2019年03月19日 00:31
 天才というのは、名無しさんに話をあわせただけであって、私の主張は「国立大入学者の全員を優遇する」(授業料を大幅の引き下げる:昔の水準まで)ということです。
 対象者は 数万人になりそうだ。

 一方、慶応大学の特待生なんて、たったの数名〜数十名なんだから、数がまったく足りない。つまり、例外にすぎない。こんなのを論じても意味がない、ということ。焼け石に水だ、ということ。

> 生活の糧を得つつ、単位を取得して卒業するならどこに問題がある

 まともに勉強する時間がない(取れない)としたら、大いに問題があるでしょう。可哀想だと思わないの? 社会の責任を考えましょう。
 
Posted by 管理人 at 2019年03月19日 00:48
>まともに勉強する時間がない(取れない)としたら、大いに問題があるでしょう。可哀想だと思わないの? 

単位を取得して卒業できるならば、十分ではないにしてもまともに勉強する時間がないとまでは言えないと考えます。少なくとも当該大学の学位が授与されるわけですから。勉強せずに卒業できる大学は考慮外です。

”昔の水準まで授業料を大幅の引き下げる”ことに異論はありません。それで生計のために働かざるを得ない学生が減るのは確かですが、国立大学の学生全てに対して
”アルバイトは無理。私の場合は、ほぼ連日で7時ごろまで実験があったけどね。帰宅は8時。さらに予習・復習。”
という環境を実現するにはとても不十分です。
Posted by 作業員 at 2019年03月19日 01:18
 生計は、中所得者なら、親が面倒を見てくれる。(高校時代と同様。)
 低所得者なら、給付型奨学金がある。
 さらに、月額3万円ぐらいの奨学金を貸与してもらえば、卒業後に返済することもできる。今みたいに巨額の授業料ではなければ、借りても大丈夫。
 あと、春・夏休みだけアルバイト、という手もある。これでかなりの額を稼げる。
 ふだんはアルバイトなしでも、十分に修学できます。
Posted by 管理人 at 2019年03月19日 08:00
>生計は、中所得者なら、親が面倒を見てくれる。

前に管理人さんがコメントで例示された、
”年収 400万円、子供2〜3人、老人の親が4名。”
を中所得者として、その可処分所得を考えれば”親が面倒を見てくれる。”というのは結構厳しいのでは、というのが素直な印象です。

しかも地方から東京の大学に進学となると...春・夏・冬休みのアルバイトは勿論です。

Posted by 作業員 at 2019年03月19日 12:32
 国立大なら、地元の国立大に通うのが原則です。

 どうしても東京に出る必要があるのは、最高峰の東大に通う人ぐらい。東大に通う地方出身者なら、何らかの奨学金をもらえそうだから、これも問題なし。

 どうしても難しいのは、地方の僻地の人。地元の国立大に通いにくいが、下宿の費用を出しにくい。だからここに集中して、国家資金を投入するといい。Fラン大学でなくて。
 対象となる人は少ないので、巨額にはならないはずだ。
 というか、そんな僻地の人だと、ろくに家計収入もないはずだから、初めから低所得者となって、もともと助成の対象となっていることが多いはずだ。新規に助成する例は、ごく少ないだろう。
Posted by 管理人 at 2019年03月19日 13:00
作業員さん

> 自治医科大や慶応、東京理科などがありました。他には防衛大、防衛医科大、気象大学校などは?

防衛大、防衛医科大は入学した時点で公務員になります。卒業後に自衛隊以外に就職する学生は、受け取った給与を全額返金する義務があります。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月19日 18:38
管理人さん

>  そうです。だから、低所得者に限定して資金を投入するのではなく、中所得者の天才を救うべきだ、というのが本文の趣旨。
>  あなた、私の言っていることをまったく理解できていませんね。読んでないんだろうか? 読んでも理解できないのだろうか? 

頭の悪い私には、管理人さんが最初に本文に書いたことと、コメント欄や追記に書いたことが別意見に見えます。

追記する前の結論は、以下でしたよね。

> かくて、「ことさらFラン大学だけを無償化する」と狙っているわけではないのだが、結果的には、「ことさらFラン大学だけを無償化する」というのと同じことになりそうだ。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月19日 18:42
>国立大なら、地元の国立大に通うのが原則です。

日本全国それほど一律の条件ではありませんから、当人の学力に依拠して、移動や選択の自由はできるだけ尊重されるべき、と考えています。

で、学力以外で大学選択の制限条件は、学位の取得できる環境が充足できるか否かではないかという立場です。

経済的な理由があったとしても、東大を除いた自宅外の国立大への入学を容認しないというのも如何なものかと。見解の相異でしょう。
Posted by 作業員 at 2019年03月19日 18:44
> 自宅外の国立大への入学を容認しない

 そんなことは言っていません。

 どこにも進学できないのに比べて、少なくとも自宅のそばには進学できる、という提案です。

 比喩。
 私が「乞食に生活費として 10万円を恵んで上げる」と言うと、あなたが「生活費として 10万円しか恵んでやらないのはけしからん。何という悪質な行為だ!」と批判する。
Posted by 管理人 at 2019年03月19日 19:30
>そんなことは言っていません。

そうですね。”容認しない”を”必要としない”に訂正致します。
Posted by 作業員 at 2019年03月19日 22:13
名無しの通りすがり 様

>防衛大、防衛医科大は入学した時点で公務員になります。卒業後に自衛隊以外に就職する学生は、受け取った給与を全額返金する義務があります。

どういった返済条件かは知りませんが、卒業時少なくとも任官拒否の選択肢も与えられ、強制任官ではないわけです。それは企業に所属したまま入学、卒業した場合も同じです。

少なくとも在学中、生計を気にすることなく大卒(相当資格)を取得できるという点で、相当程度意義があるものと捉えています。
Posted by 作業員 at 2019年03月19日 22:28
作業員さん

> どういった返済条件かは知りませんが、卒業時少なくとも任官拒否の選択肢も与えられ、強制任官ではないわけです。それは企業に所属したまま入学、卒業した場合も同じです。
>
> 少なくとも在学中、生計を気にすることなく大卒(相当資格)を取得できるという点で、相当程度意義があるものと捉えています。

「返却義務がある奨学金と同じ意義を持つ」というご指摘であれば、おっしゃる通りです。具体的な返却方法については、私もよく知りません。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月22日 23:25
Yahooのトップページからのリンクで見つけました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00010001-php_s-bus_all&p=2

引用します。

> 自分の意見や推測を実際に起こった事実のように話したり、事実と意見が混在した状態で伝えたりする人は、基本的に私はその人を信用できません。厳しい言い方かもしれませんが、話半分で聞いてしまいます。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月23日 00:03
 本項の話題に関する具体的な話以外は書かないでくでさい。議論における最低限のエチケットを守りましょう。
Posted by 管理人 at 2019年03月23日 00:14
> 議論における最低限のエチケットを守りましょう。

「不毛な議論はやめた」と言っている人を個人攻撃で引き止めるような論法は最低限のエチケットを守っているのでしょうか?
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年03月23日 18:22
 Fラン大学 については優遇するくせに、トップクラスの大学については冷遇するそうだ。
 嘘みたいだが、ホントの話。研究開発予算を大幅減にするという。
 以下、引用。

 ──

 文部科学省は、私立大学の目玉研究に最長5年間の継続支援をする「私立大学研究ブランディング事業」を計画途中で打ち切ることを決めた。
 採択校はのべ120校。早稲田、慶応、上智、立命館、関西、名城大など有名私大の多くが助成を受けてきた。
 当初は計画通り5年間支援することを目指したが、財務省から「ブランドイメージではなく、教育・研究の質の向上に資する事業を優先すべきだ」として大幅な予算減額を迫られ、受け入れたという。
  → https://www.asahi.com/articles/ASM485CH9M48PTIL013.html

 ──

 財務省が予算を削減したがるのは、わかる。Fラン大学の支援のために巨額の資金を投入しなくてはならないから、その分、どこかで削減しなくてはならないのだ。かくて、一流大学の研究資金を削るしかないわけだ。
 最初と最後をあわせれば、
 「 Fラン大学を支援するために、トップクラスの大学の支援を減らす」
 というふうになる。
 要するに、馬鹿を拡大して、秀才を縮小するわけだ。
 これぞ亡国政策。首相が C〜Dラン大学の出身だから、当然か。

> 首相が成蹊大卒というC〜Dランクなんだから、仕方ない。
  → http://openblog.seesaa.net/article/456830062.html#comment
Posted by 管理人 at 2019年04月09日 23:45
 参考記事:
 大学無償化は「第2の生活保護」になるかも…教育後進国ニッポンの悲劇 ── タダになるのは学費だけではない
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56145
Posted by 管理人 at 2019年05月11日 10:59
 Fラン大学の無償化であることについての人気記事が出た。
 同時に、東大の無償化が年収 400万円から 270万円にまで下がったせいで、270〜400万円の層では、無償化から有償化に転じてしまうそうだ。つまり、状況が悪化する。
  → https://anond.hatelabo.jp/20190531185952
Posted by 管理人 at 2019年06月01日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ