2019年02月26日

◆ 野菜が安すぎる(農業の技能実習生)

 現在の野菜の価格は安すぎる。低賃金の外国人労働者を前提とした農業はやめるべきだ。

 ──

 この1〜2年、野菜の価格がとても下がっている。トマトやきゅうりのようなハウスものは、(夏の露地物は別として)秋・冬・春には高額になったものだが、今では夏の露地物と同じぐらいの安価な価格になっている。
 どうしてこんなに安いのかな……と疑問に思っていたが、どうやら見当が付いた。低賃金の外国人労働者を雇用して、労働コストを下げているせいらしい。
 このことは、「今の日本農業は、外国人技能実習生なしでは、成り立たない」とまで言われているほどだ。
  → 外国人依存ニッポン| NHK
  → 外国人への“依存”で 農業が変わる|NHK
  → 外国人実習生失踪急増で農家苦悩 環境整っているのに
  → 人手不足の「農業」を支えている外国人技能実習生について
  → 外国人実習生に支えられた野菜産地(茨城県結城市)
  → 受入れ状況について ≪ 関東ブロック ≪ 農業分野における外国人技能実習制度

 こういうふうに低賃金の外国人労働者を雇用することで、日本の農業は成立しているらしい。消費者も、農産物の価格低下という恩恵を得られる。(冒頭の話もそうだ。)
 しかし、これは「外国人を奴隷とすることで利益を得る」という非人道的なことなのだから、やめるべきだ。

 非人道的であることは、ひどい奴隷的な待遇がなされていることからも明らかだ。
  → 「時給400円」で働かされていた外国人の悲惨 | 東洋経済
  → 技能実習生を時給400円で働かせて作るセシルマクビーがヒドイ
  → 「現代のタコ部屋」民家に10人以上が…不法就労の背景:朝日新聞
  → 災害危険区域に外国人実習生寮 南三陸の水産加工会社、海辺で10人生活:朝日新聞
  → ミャンマー人技能実習生「私は奴隷だった」週100時間労働で月6万円
  → 移民はダメだが「技能実習生」なら受け入れる! | 激しい日本の搾取に中国人もベトナム人も怒った
 こういう例は枚挙に暇が無いほどだ。

 ──

 なお、こういう低賃金の奴隷がいなくなると、農産物の価格は高くなってしまう。つまり、冒頭で述べた「野菜が安すぎる」という状況はなくなってしまう。
 それは、消費者にとっては困ることだろうが、仕方ない。奴隷を酷使することで成立するような状況など、いくら好都合であっても、許されるはずがないからだ。
( ※ 泥棒をしてはいけない、というのと同じことだ。泥棒をすれば利益を得るが、だからといって他人を犠牲にして成立するような利益など、あってはならない。)

 なお、こうして価格が上がれば、同時に副次的なメリットも生じる。こうだ。
 「農産物の価格が上がれば、奴隷を使っていない農家は、収入増というメリットを得る」
 たとえば、高齢農家だ。65歳ぐらいで、夫婦で農業をしているような高齢農家は多い。彼らは技能実習生を雇うこともなく、零細な農家を営んでいる。これらの農家は、(技能実習生がいなくなったことで)農産物の価格が上がれば、収入増というメリットを得る。これはこれで、好ましいことだ。



 [ 付記 ]
 参考情報。

 (1) 農家の所得

 農家の所得情報をリンクしておく。
  → 農家(専業農家・兼業農家)の年収は456万円!!作物別収入ランキングや年齢別年収推移など徹底解説!|平均年収.jp

 (2) 農家の高齢化

 農家の高齢化について、次の記事がある。
 最近の農業は高齢化が進み農業は衰退していく!という情報をよく耳にします。実際の農業人口の割合は65歳以上の高齢者が6割を占めているのが現状です。さらに、新たに農業を始めようとする人が年間約5万人います、がそのうちの約半数の2万2千人が60歳以上の人だという統計も出ております。
( → 定年退職後に新たに農業を始める方が増えているのはなぜ?|アスパラガスのファーム・山口。

 このような高齢化について、「これは困ったことだ。日本の農業の将来の展望が見込めない」という悲観的な判断もある。
 しかし、実は問題ないのだ。農業はもともと、高齢者が担えばいいのだ。というのは、定年退職などで、農業に新規参入する高齢者が多いからだ。(特に地方では。)
 ただでさえ農業に新規参入する高齢者(定年退職者)が多いのだから、若手の労働者はあまり参入する必要がないのだ。
 また、農業の機械化にともなって、生産性が向上するので、必要な労働力もどんどん減少しつつある。生産性の点で言えば、現状では農業人口は多すぎるとすら言える。その意味でも、若手の労働者はあまり参入しなくていい。
 この件については、前に別項で述べたことがある。
  → 農業再生と生産性向上: nando ブログ
  → 農業人口の減少: nando ブログ



 【 関連サイト 】
 一方で、別の事態も起こっている。外国から低価格の野菜が輸入されているそうだ。野菜は生鮮品なので、これまでは外国から輸入されることは少なかったのだが、最近では中国あたりから白菜や大根などの重たい野菜が輸入されてきているそうだ。(もちろん船で。)
  → ビジネス特集 野菜の輸入が増えているワケ | NHK
  → 野菜の輸入 激増! 意外な理由|NHK

 上記では、輸入増加の理由として、「中国野菜の品質が向上した」というふうに説明されている。

 ただ、日持ちの点が心配だ。しかしそれは、冷蔵コンテナ船のようなものが増えたのかもしれない。物流改革か? ……そう思って調べたところ、いくらかは情報が見つかった。たとえば、下記だ。
 《 収穫物を農薬に頼らずに鮮度よく保つための方法 》
 これまで収穫された野菜や果物は、害虫やカビによる品質低下を防ぐために、防腐剤を散布することが一般的でした。しかし、最近はこれらの薬剤を使わずに農産物の鮮度を保つ様々な方法が取られています。
 例を挙げると、ブロッコリーは呼吸を盛んに行うため、鮮度が低下しやすい野菜です。そのため、輸送の際には鮮度を保つために氷を使い、低温に保つ方法で運んでいます。
 発泡スチロールの箱にブロッコリーを縦に並べて、上から氷を詰めることで、氷が完全に溶けるまで冷温で呼吸を抑えることができ、鮮度低下を防ぐ効果が期待できるとされています。
( → 収穫後もずっと新鮮!ポストハーベスト技術で毎日新鮮な野菜が食べられる時代がくる | 進路のミカタニュース

 上記は、冷蔵コンテナ船ではなく、ただのコンテナ船だ。それに「氷とスチロールケース」という形で、鮮度を保っているらしい。
 とすると、これが有効なのは、夏場ではなく、他の季節だろう。このことから、「夏場以外では外国から野菜を輸入しやすい」とわかる。この季節、スーパーで安売りしている野菜は、外国産のものが多いのかもね。
 とはいえ、国産の野菜も、産地表示付きで、けっこう安く売っている。輸入品が安くなれば、国産品も安くなるようだ。

posted by 管理人 at 21:22| Comment(3) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>こういうふうに低賃金の外国人労働者を雇用することで、日本の農業は成立しているらしい。

外国人労働者を雇用しないと成り立たない、農家の生計が立たない、そんなケースばかりではないとみとみています。むしろ、

年収2500万円のレタス村 川上村の真実 現代の奴隷工場(https://matome.naver.jp/odai/2139938014842357001

のような不当な利益を貪る例がまだまだ隠れているような。

今日も
”実習生に単純労働15時間 愛知の農家、賃金未払いも”https://www.sankei.com/life/news/190226/lif1902260043-n1.html
といった報道がありました。

大葉農家の収入が果たしてどの程度だったのか、明かにされるべき話じゃないかと。
Posted by 作業員 at 2019年02月26日 22:45
外国人を安い労働力としか診ていないからこそ
アベノミクスで外国人労働者を増やそうとするわけです。
頭脳労働者確保などではないですよ、目的は。

さしずめ、介護現場や農協関係者からのご意見を基にした国家強化手段なのでしょう。
が、外国人の方々には失礼ですよね。
介護実習や農業実習の名の元に、専門職を育成するという文面がそのうち出てくるんでしょうね。

失業率が低いのにワーキングプアーが山のようにいるわけですから、外国人なんて本来必要ないはずだと思います。単純労働者が不足と言うなら。

Posted by メルカッツ at 2019年02月27日 21:46
機械化で生産性は向上しても、コストは下がりませんので。
能登の田舎なんか行ったら耕作放棄地は沢山あるし、離散農家家屋も沢山あります。

農協がコストがかかるような地域を捨てていっているので、限界集落はどんどん増えます。
当然、物流コストが高いのも要因です。
が、都市に近いところは宅地化が進むので、日本の農業は、ある程度八方塞がりかと。

外国人は反対ですが、地方に人が留まるような儲かる農業や、物流を早く安くする物流優先の道路政策などを、本来やるべきかと。
費用もそんなにかからないと思います。
赤信号を物流権限のあるトラックが青にしていくだけでいいんですよ。多分。但し、制限速度を10キロほど超えて運行しないと大渋滞弊害は出ますが。

今の首相は既存の属の言いなりなので、全然戦略的ではないのです。
例えば
農業は農協潰してからが本当の農政改革
介護も医師会潰してからが本当の医療改革
いまの政権では絶対に無いでしょう。
Posted by メルカッツ at 2019年02月27日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ