2019年02月06日

◆ 運動と健康(ガッテン)

 NHK ガッテンで、運動と健康についての話があった。

 ──

 ジョギングをするのは、快感のためではなく、健康のためだ……という話を先にした。
 その延長で、運動と健康について、NHK の番組を紹介する。(過去の放送分)

 (1) 腎臓病の予防

 腎臓病に悩む高齢者が多いそうだ。食事制限などで大変な目に遭うという。
 腎臓は、いったん壊れたら修復不能で、あとは悪化を防ぐだけであり、そのためには(腎臓の負担となるような)運動をなるべく避けるといい……というのが定説だった。
 ところが、そこにコペルニクス的な転換を出す新説を出した人がいる。「運動をすると腎臓病に良い」という新説。
 定説に反するので、論文を出しても総スカンを食ったそうだ。しかし、地道に(動物で)実験結果を出して、人間で臨床試験を繰り返して、「運動は腎臓病の治療に有益だ」と証明したそうだ。
 「タコ細胞が足を延ばす」という形で、壊れた腎臓が修復されていくそうだ。

  → 医療の常識が大逆転!患者1330万人「腎臓病」治療革命 - NHK ガッテン!
  → 【腎臓リハビリ】高いクレアチニンを下げる方法 筋トレと運動、体操で改善できる!

 (2) 血糖値の改善

 血糖値が高いと、糖尿病になりやすいし、腎臓病にもなりやすい。そこで、血糖値を改善するという方法が、ガッテンで紹介された。
 「スローなスクワット」
 というもの。

  → 血糖値がみるみる下がる!謎のポーズで体質改善SP - NHK ガッテン!
  → 【反響要約】ガッテン!血糖値がみるみる下がる!?ゆっくりスクワット「ピントレ」とは?

 似た動画が、下記にある。(腰痛対策という形。)






 [ 付記 ]
 話は別だが、ガッテンでは、次の回もあった。
  → 新発見「寿命がわかる数値」!?1分間で寿命点検SP - NHK ガッテン!

 「脈拍が高いと寿命が縮まるので、脈拍を下げるといい」
 という話だ。

 これと似た話は、次の本が有名だ。
  → ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学 (中公新書) Kindle版

 象は長命で、心拍数が低い。ネズミは短命で、心拍数が高い。そういう話。
 これは、別の生物種の話だが、ガッテンの話と合わせると、同一種の人間同士でも成立しそうだ。

 ※ このアナロジーを発見したのは、本項(私)だ。

 なお、「脈拍を下げる方法」については、本サイトでも前に述べたことがある。「入眠法」として。
  → 究極の睡眠法(入眠法): Open ブログ

 ※ ここでは「心拍数を下げる」というふうに表現している。
   実行する方法は、ガッテンのページで紹介された方法とほぼ同じ。
   (どっちも心拍数を下げる効果あり。)
 
posted by 管理人 at 19:01| Comment(0) |  健康・寒暖対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ