2019年02月09日

◆ 象牙取引を禁止すべきか?

 象牙取引を禁止すべきだ、という論調がある。

 ──

 象牙の国内市場をすべて閉鎖すべきだ、という方針で、それを日本にも要求する……という国際決議が提案された。日本の象牙市場が世界最大であることを背景としている。(すでに国内市場が閉鎖された中国を上回る。)
 象牙目当てのアフリカゾウの密猟防止には需要をなくす必要があるとして、各国内で象牙や象牙製品の販売禁止を求める提案をケニアなどがワシントン条約事務局に提出したことが5日、分かった。日本を名指しし、国内取引の規制が緩く密猟や違法取引を招くと批判している。
 日本では、条約の規制前に入手した合法的なものだとして象牙の印鑑や装飾品などが大量に流通する。
( → 象牙、各国内での販売禁止を提案 | ロイター

 これに対して日本政府は反対している。「きちんと管理された市場だからだ」という理屈。
  → 「象牙国内市場、すべて閉鎖を」 ケニアなど9カ国、日本を批判:朝日新聞
  → 象牙“取引禁止” 密猟の現場は|NHK
 
 上の NHK の記事では「適切に管理されている」という主張が見られる。(政府の主張でもある。)
 しかしながら現実には、抜け穴だらけであるそうだ。
 調査では、日本の規制が抜け穴だらけで、悪用しようと思えば簡単にできる実態が明らかになった。象牙の不正登録、国外発送、そして私自身が経験したように、海外へ持ち出すとわかっている客へ販売するなど。野生生物取引を監視する団体「トラフィック」によると、2011年から2016年にかけて、日本から国外へ持ち出そうとして没収された象牙の量は2.4トン、そのほぼ全てが中国向けだった。
( → 象牙の違法取引を日本が助長か

 とはいえ、上記で問題視されていることの多くは、日本からの輸出であり、日本への密輸入ではない。密輸入ならば象の生存が脅かされるが、輸出ならばそうではない。(もともとある象牙を輸出するだけだ。日本にいる象を殺すわけではないので。)
 このことは、次の記事にも示されている。
 日本からの象牙の違法輸出が増加したことが明らかになったのです。(しかし……)
 日本は、現在アフリカで年間2万頭ともいわれる規模で行なわれている、アフリカゾウの密猟で得られた象牙の直接の仕向け地にはなっていないと思われます。
 つまり、日本は国際的な違法取引における象牙の供給国と位置付けられ、そこに供給されている象牙の多くは、日本国内に以前から存在してきた古い大量の在庫であると考えられます。
( → 日本の国内象牙市場が違法輸出の温床に 最新報告書発表 |WWFジャパン

 とはいえ、同じ記事では、問題点も指摘されている。国内市場での商品の多くは、登録などが違法状態で、違法の取引になっているそうだ。

 ──

 さて。以上を見て、どう評価するか? 
 私としては、はっきりと結論を出すまでには至らないのだが、一応の結論としては、次のように決めたい。

 (1) 在庫品の輸出ぐらいならば、それほど厳しく取り締まる必要はない。密輸入こそが問題なので、これを厳しく取り締まるだけでいい。
 (2) とはいえ、その状態が続くのも好ましくないので、輸出もまた将来的には禁止する方向にしたい。たとえば、5年後の輸出禁止。それまでは、経過期間として、国内にある象牙はすべて国外に出してしまって、国内の在庫をなるべくゼロにする。(そのときまでに在庫を吐けなかった人は損するが、仕方ない。十分な経過期間があるのだから。)
 (3) 経過期間においては、「象牙取引税」という税を高額に課する。例。1年目は50%、2年目は 100%、3年目は 200%。……こういう高額の課税をすることで、課税逃れの業者からは高率の脱税課徴金を徴収する。もちろん、違法な取引をした業者からは、(脱税課徴金を)高額に徴収する。

 ──

 残る問題はただ一つ。
 「象の自然死によって新たに誕生した象牙をどうするか? 単に捨ててしまうのでは、もったいない」

 これはまあ、公的に管理することで、何とかなりそうだと思える。象牙は腐ったり錆びたりするわけじゃないから、長期的に保管しても、大丈夫だろう。その後は、何らかの有効利用を考えてもよさそうだ。

posted by 管理人 at 20:23| Comment(2) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
象牙規制のため、マンモス牙の流通量も結構多いと聞きます。
Posted by ホンロン at 2019年02月13日 12:44
 日本の象牙輸入は抜け穴だらけらしい。
  → http://j.mp/2E5ttDp
Posted by 管理人 at 2019年05月15日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ