2019年02月06日

◆ 小松菜と大根

 NHK のガッテンで、「小松菜」を薦める回があった。

 ──

 NHK のガッテンでは、「小松菜」を薦める回があった。
  → 本当にスゴいのは味だった! スーパー“葉もの”小松菜活用術 - NHK ガッテン!

 小松菜にも、(オメガ3の脂肪みたいに)循環器系に作用して健康増進する効果があるそうだ。ふむふむ。


 また、食べ方としては、やたらと茹ですぎない方が、おいしく食べられるそうだ。
 (1) さっと湯通しする (細かな手順に注意)
 (2) 塩もみして冷凍すると、野沢菜ふうになる

 というような話があった。詳しくはリンク先を参照。

 やってみたら、(1) はあまりたいしたことがないが、(2) はけっこう良かった。
 だけど、問題も発見した。小松菜を野沢菜ふうにしてみると、量があまりにも減ってしまうのだ。小松菜は、見た目は量がいっぱいあるように見えるが、実際にはたいして量がないのだ。従って、コスパが悪い。特に、冬場にはコスパが悪い。

 野菜を食べるなら、もっとコスパのいい野菜がいろいろあるので、そっちを食べる方がよさそうだ。白いものなら、白菜や大根。緑のものなら、キャベツやレタス。それらの方が、コスパがいい。




 それはそれとして。
 話のついでで、別の話。

 冬には、白菜と大根が安い。どう食べるか? 

 (1) 白菜

 白菜は、鍋物によく使われる。食べ方で困る人はいないだろう。ピェンローというのも人気だ。
  → 君は、人類の英知を結集した最強の鍋「ピェンロー鍋」を食べた事があるか
  → はてなブックマーク
  → 豚バラキャベツにんにく鍋にハマってしまった【ピェンロー鍋を超えた?】
 まあ、他にもいろいろありますけどね。「浅漬けの素」で味付けするという手もある。

 (2) 大根

 一度に大量に作るには、次の二つがお薦めだ。
  ・ なます (ニンジンといっしょに、甘酸っぱく)
  ・ 白だしで煮る


 「なます」は、ありふれている。「浅漬けの素」で味付けするという手もある。
 おすすめは、「白だしで煮る」ということだ。



https://amzn.to/2G7k2Gg



https://amzn.to/2DTTCpc


 醤油系とは違う「白だし」を使って、大根を1時間ぐらい煮込む。エノキダケや、カマボコなどを、いっしょに入れてもいい。カツオだしや昆布だしを追加してもいい。味付けは、自分の舌で。
 なお、甘味や塩味は、調節の必要がない。もともと「白だし」の段階できちんと調整されている。

 こういうのを食べると、「和食って、おいしいなあ」と、しみじみと感じる。

 ※ 大根のかわりに、カブを使うと、また絶品だ。
   貝類を使うのも、また乙だろう。

 ※ 最後に「つゆ」が残ったら、それを別に転用できる。
   うどんの「つゆ」にしたり、おでんの「つゆ」にしたり。
 
posted by 管理人 at 19:05| Comment(2) |  健康・寒暖対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>大根

ふろふき大根、豚肉、牛肉、スジの煮込みを作るとき一緒に煮る、和風のシチューやカレー等...
Posted by 作業員 at 2019年02月06日 21:59
スーパーに売ってる小松菜は味が薄すぎて萎びてますね・・・
いつも目利きのいる(市場に毎日通っている)個人店で、江戸川産の分厚い小松菜を買うのですが、肉厚で滋味深く、スーパーのそれとはモノが全く違います。失われゆく個人店で買うのが良いですね。地域還元にもなりますし。
Posted by 名無し at 2019年02月07日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ