2019年02月08日

◆ 北海道の地名をロシア語にせよ

 北海道の地名は、アイヌ語に由来することが多い。だが、いっそのこと、地名をロシア語にするといいだろう。ロシア人が大喜びする。  [皮肉]

 ──

 たとえば、北方領土の地名を、ロシア語の地名にする。こうすれば、北方領土はロシアのものだと暗示することができるので、ロシアは大喜びだ。ロシアに日本を売り渡したい売国奴ならば、この方針に大賛成するはずだ。

 一例として、北方領土の二島返還論を唱える安倍首相ならば、次のようにするといい。
  国後島(ロシア語名:クナシル島)
  択捉島(ロシア語名:イトゥルップ島)


 このように、北海道各地の名称を、ロシア語の名称にするといいだろう。
 まずは、札幌、稚内、釧路、十勝などの地名を、ロシア語名に変更する。

 ──

 これを読むと、
 「何を馬鹿なことを言っているんだ? 発狂したのか?」
 と思う人が多いだろう。しかし、さにあらず。以上のような提案は、荒唐無稽な空想ではない。実は、すでに部分的に現実化しているのだ。
( ※ つまり、ここまで書いた提案は、一種の皮肉である。)

 地名のロシア語化はもはや現実化している。そう聞くと、
 「うっそー」
 と思うかもしれない。だが、本当である。網走周辺の地域は、すでにロシア語に変更された。つまり、かつて「網走」と呼ばれていた広い地域は、今ではロシア語で「オホーツク」という名称で呼ばれているのだ。

 まず、「オホーツク」というのは、ロシアの地名である。Wikipedia 「オホーツク」を検索すれば、この地域が表示される。(サハリンの北方)
  → オホーツク - Wikipedia

 一方で、かつて「網走支庁」と呼ばれていた組織は、今は「オホーツク総合振興局」という名称に変更された。
  → オホーツク総合振興局 (Wikipedia)
  → オホーツク総合振興局 (公式サイト)

 当然、かつて「網走」と呼ばれていた地域は、今では「オホーツク」と呼ばれるようになった。(下図の赤い地域)


ohotuku.gif


 なお、公式サイトの URL では、ロシア語の英語表記である「Okhotsk」という表記がなされていて、日本語のローマ字表記である「Ohotsuku」にはなっていない.このことからも、ロシア語表記であることがわかる。

 「 URL だけだろ。ただの記号だろ」
 と思われるかもしれないが、そうではないことは、地の文で「Okhotsk」が使われていることからわかる。
  → サイト内 検索

 ここで見つかる英文 PDF では、もっとはっきりする。
  → OKHOTSK Hokkaido, Japan

 ──

 というわけで、かつて「網走」と呼ばれていた支庁の地域は、今ではロシア語で「オホーツク」と呼ばれるようになったのだ。ロシア語の地名を転用することで、ここがロシアのための地域であることが明示されるようになったのだ。
 実現した日は、2010年(平成22年)4月1日である。民主党政権が始まってから半年後のことだ。民主党政権がいきなり決める(たったの半年間で断行する)ことはできないだろうから、自民党時代にすでに決まっていたものと思える。

 ※ Wikipedia で沿革を調べると、(政府でなく)自治体レベルで主導したように見える。

 このあとは、どうなるか? 
 ま、安倍首相あたりだと、次のように提案するかもね。
 「北方領土の4島をすべて返してください。そのかわり、オホーツク(網走だった地域)は、ロシアに差し上げます。すでにその準備として、地域名をロシア語にしました」 

 ふむふむ。これで、地域住民は大喜びだろう。
 「おれたちは今後、ロシア人になれるんだ! 地域名をロシア語に改名した効果が出たぞ! 万歳! われらが Okhotsk!」



 [ 付記1 ]
 「網走支庁」と呼ばれた地域は「オホーツク」になったが、そのうちの一部である「網走市」という狭い地域だけは、今も「網走市」のままである。混同しないこと。
 地図は、文中の画像からわかる。
 
 [ 付記2 ]
 何でこんな馬鹿げた名前にしたのか……というと、たぶん、この地域に接する海の名前の「オホーツク海」から取ったのだろう。
 しかしそれならそれで「オホーツク海」にするべきだった。この名前ならばまだわかる。なのにそうしなかった。
 では、「オホーツク海」の名前の由来が「オホーツク」というロシアの地域であることを知らなかったのだろうか? 小学生レベルの地理的知識もなかったのだろうか? たぶん、そうだ。つまり、この名称は、地理知識のない馬鹿丸出しを示している。
 どうせなら、「オホーツク」でなく「流氷岸」みたいな名前にすれば良かったのに。それなら観光振興にもなるのだが。
  → オホーツク海と流氷の図
 
posted by 管理人 at 22:05| Comment(2) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に [ 付記2 ] を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2019年02月09日 07:52
>まずは、札幌、稚内、釧路、十勝などの地名を、ロシア語名に変更する。
十勝は、札幌や稚内と同じレベルの地名ではない。その例で言うならは、「帯広」が正しい。
地方の名称なら、「札幌(石狩)」「稚内(宗谷)」、「釧路」「帯広(十勝)」だ。
Posted by たかちゃん at 2019年02月18日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ