2019年01月26日

◆ 日産・ルノー経営統合 2

 仏政府が日産・ルノーを経営統合しようとしているが、うまく対処する方法がある。

 ──

 仏政府が日産・ルノーを経営統合しようとしている件については、前に論じたことがある。「そこには隠された悪巧みがある」というふうに。
  → 日産・ルノー経営統合?: Open ブログ
 ここでは、事象の分析をして、真相を明かそうとした。

 一方、これとは別に、解説記事が出た。
  → (投資透視)教授の見方 日産・ルノー綱引きの裏 「口先介入」は仏政府の伝統:朝日新聞

 仏政府は伝統的に、企業に介入する傾向がある。特に、「労働者の雇用を守るため」という目的のときには顕著だ……という話。
 まあ、話の内容自体は目新しくもないが、はっきりと強調されてみて、改めて考えたことがある。

 ──

 頭にひらめいたことがある。こうだ。
 「仏政府が雇用重視であるならば、それを逆手に取ることで、日産は仏政府の介入を阻止できる」


 根源は、「策略」だ。何事も、策略を巡らせば、相手をうまく手玉に取ることができる。特に外交では、策略を巡らすことで、相手を出し抜くことができる。そういう発想のもとで、うまく「策略」を巡らすことで、目的を達成することができる。
 では、どうやって?

 ──

 まずは、次の原理を得る。
  ・ 背景: 仏政府は雇用重視
  ・ 目的: 日産・ルノーの経営統合の阻止


 ここで、「背景 → 目的」というふうになるように、うまく結びつければいい。それには、こうする。
 「仏政府が経営統合に向かえば、ルノーの雇用を減らす」


 これはつまり、仏政府の思惑と正反対になるようにする、ということだ。(現状では、「仏政府が経営統合に向かえば、ルノーの雇用を増やす」と思っているので、その逆であると示せばいい。)

 そのためには、次のような方針を取る。
 「仏政府が経営統合を強要すれば、日産はルノーへの委託生産をやめる。その責任は仏政府であると公表する。仏政府が経営統合を強要するのをやめれば、この方針を撤回して、ルノーへの委託生産を続ける」


 このような声明を出せばいい。もし出せば、仏政府(マクロン大統領)にとって、致命的な痛手となる。
 「マクロン大統領が日産に無理な強要をしたせいで、日産の離反を招いて、フランス国内の雇用が減った! マクロン大統領の大失態だ!」
 というふうになる。マクロンへの抗議の嵐が巻き起こり、デモも起こり、支持率が急落するだろう。

 だから、上記のような方針を取るにしても、そのことを声明するまでには至らないのが正解だ。声明するのではなく、「声明するぞ」と内々で伝える。「無理強いをやめないと、こういう声明を出して、逆襲しますよ」と。
 こういうふうに内々で言われたら、あまりにも強力な対抗策があることを知って、マクロン大統領は縮み上がる。「ごめんなさい。もう無理強いしません」と言うしかなくなる。
( ※ もし言わなかったら、実際に声明を出す。)

 ──

 この方法が有効なのは、実際に「ルノーへの委託生産」が計画されているからだ。
 日産は、2019年半ばより、現行ルノー「カングー」のプラットフォーム(日産Cプラットフォーム)をベースにした新型小型バン「NV250」をフランスのモブージュ工場で生産を開始すると発表した。
 なお、同工場では、電動化モデルを含む次世代のカングー・シリーズのハブとなる工場になる予定とのことだ。ちなみに同工場では、メルセデス・ベンツのバン「シタン」(日産Cプラットフォーム)も生産している。
( → 日産からルノー「カングー」ベースの「NV250」が2019年に登場!! - Autoblog 日本版

 ルノーのモブージュ工場で委託生産するわけだ。工場の稼働率は上がるし、雇用も増える。
 なのに、ここで日産が委託生産をやめたら、現地の雇用は大打撃だ。雇用が増えるどころか、解雇者が出そうだ。
 そして、そのすべての責任は仏政府にあるのだ。(……というふうに日産が声明する。)

 ──

 結論。

 仏政府の強引な介入を防ぐには、莫大な件をかける必要はない。日本政府を動かすというような面倒な手間をかける必要もない。マクロン大統領にこっそり耳打ちするだけでいい。ちょっと言葉を内々で伝えるだけで、一挙に物事は解決する。「脅迫」という形で。
 それが「策略」というものだ。



 [ 余談 ]
 「策略」によって相手を思うように動かす……という見事な例が、ドラマにある。米国のテレビドラマの「リベンジ」という作品だ。ものすごい大人気で、ベスト1にも選ばれたこともある。
  → シェイクスピアも驚きの愛憎劇を日本語で観ると

 アマゾンのプライムビデオで視聴できる。(プライム会員は無料だから、お得だ。)

 ちなみに、DVD で買うと、かなり高額になる。17,880 円だ。(22話×4シーズンだから、88話となる。約 60時間分。)



https://amzn.to/2RMspNT


 メチャクチャに面白いドラマだ。おまけに、主人公のヒロインが美人だし、それも日本人好みの美人だ。(和久田麻由子さんにちょっと似ている。)

posted by 管理人 at 07:34| Comment(1) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ルノーの次期会長が決まった。対話重視で、穏健な性格。ゴーン前会長とは正反対だそうだ。
 → https://www.asahi.com/articles/ASM1T3TF7M1TULFA00B.html

 こういう人物だと、マクロン大統領をいさめて、日産との良好な関係を築けるかもしれない。一方的な略奪関係でなく、win-win こそ大切だ、とマクロン大統領に教えて上げることができそうだ。
 たとえば、「ルノーへの委託生産はマクロン大統領へのおかげです、というふうに持ち上げてあげますよ」と言って、工場の式典に出席させて上げる、というふうに。これなら win-win になる。
 
Posted by 管理人 at 2019年01月26日 13:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ