2019年01月24日

◆ 女に貢いだ金は取り戻せるか?

 女に貢いだ金は、あとで取り戻せるか? 「返せ」と言えば、返してもらえるか?

 ──

 キャバクラなどで、女の歓心を買おうとして、女に貢ぐ男は多い。そのあと、最終的に女に拒まれて、怒り狂って、「これまで貢いだ金を返せ! 400万円も貢いだのだから、400万円を返せ!」と息巻く男もいるだろう。
 しかし、このような金は、取り戻せない。「返せ」と言っても、返してもらえないのだ。なぜなら、金は貸したものではないからだ。それというのも、借用証が存在していないからだ。

 このことは、ググればすぐにわかる。
  → 貢いだ金を返せ - Google 検索

 回答の一例は、こうだ。「否」という回答。
  → 貢いだお金は返済義務があるのか? - 弁護士ドットコム

 ──

 こんなことは世間常識だと思っていたのだが、このことを理解できない人が多いようだ。
 なるほど、貢いだ方にしてみれば、「これは結婚詐欺の一種である」と感じられるかもしれない。貢いだ人を被害者と見て、被害者に同情的になる人も多いだろう。それゆえ、金を得た方を「結婚詐欺師も同然だ」と見て、「けしからん」と思う人が多いようだ。
 しかし、いくら非道徳的であって、「けしからん」と思ったとしても、これはどうにもならないことなのである。むしろ、「貢いだ方がバカだっただけだ」と見なされるのが普通だ。

 ──

 それでも、世間は「貢がせた方が悪い」というふうに感じるものだ。
 たとえば、週刊新潮と週刊文春は、そろって小室さんの母親を非難している。
  → 小室圭さんの公表文書に元婚約者が「デッチ上げ」と反論 | 文春
  → 週刊新潮 | 新潮社

 また、次のサイトは、「結婚詐欺師だ」といわんばかりの扱いをしている。
  → 小室圭母子の致命的欠陥は贅沢とたかり体質 ? アゴラ

 相手側の男性の批判もある。
  → 「週刊現代」2018年3月3日号より

 しかし、小室さんの件では、「返す義務がない」と弁護士が判定している。
  → 「小室さん側に返済を求めるのは難しい」弁護士見解 : 日刊スポーツ
 一部抜粋すると、こうだ。
 「借金は、貸す約束をし、実際にお金が動き、借り手に返済の意思があったことを、貸した側が証明しなければならない。小室圭さんの母、佳代さんと元婚約者の間には、借用書がないとされており、金銭の貸借関係があったことを証明できない可能性がある。道義的な問題は別にして、小室さん側に返済を法的に求めるのは難しいだろう」

 借用証がなかったことは、次で確認されている。
  → 借用書は作っていなかった

 ──

 以上をまとめれば、世間をにぎわしている小室さんの問題は、
 「女に貢いだが、結婚できなかった」
 という事例にすぎない。貢がせた女の問題ではなく、貢いで失敗した男の問題だ。

 女の方に悪意があったかどうかは、はっきりしない。最初から、だますつもりだったのかもしれない。
 あるいは、だますつもりはなくて、結婚するつもりだったが、息子に皇族との結婚が持ち上がったので、方針を撤回して、結婚を取りやめることにした、というだけかもしれない。
( ※ というか、実際には、男の方から婚約解消を申し出たのだから、男の方に責任がありそうだ。この件、後述。)

 いずれにせよ、もはやただの男女間のトラブルであるにすぎない。法的には、司法が介入できる案件ではない。道義的に問題があるかもしれない、というだけの話だ。
 男性の方はお気の毒だが、「結婚できなくて残念でしたね」ということで片付けられる問題だろう。「多くの金をふんだくられて、腹の虫が治まらない」と思うかもしれないが、少なくとも婚約する仲ではあったし、ふたりで旅行に出かけたこともあった( → 出典 )のだから、キャバクラで親しくしたのと同様だと思うしかない。

 ──

 おまけで、私自身の経験からして言うなら、こうだ。
 「すごい美人というのは、付き合うのに、とかく金がかかる」
 
 すごい美人は、やたらとおごってもらうことに慣れているから、金のかかることを平気で(さりげなく)おねだりしてくる。民放の女子アナだと、もっと堂々と(平然として)おねだりしてくるようだ。
 というわけで、この手の女性は、金がかかるのが普通だ。そういうものだと、諦めるしかない。こちらの財布はどんどん薄くなっていくが、美人と付きあえる代償だと思うしかない。

 今回の小室さんの母は、写真からすると、これといって美人ではないようだ。とはいえ、ひどいブスというわけでもなさそうだから、相手の男にとっては金を投じる価値を感じたのかもしれない。そして、そうだとすれば、今さら「金を返せ」なんて言うのは、みっともないね。

 小林よしのりはこう言っている。
 今頃になって、400万円返せと言い出した男の方が常識ないだろう。男としてみっともない。
 惚れた女のために使った金を、あとで戻せという男の側に立って、眞子さまと小室氏の仲を壊してしまおうという情熱を持つ馬鹿な奴ばっかりだから、不愉快でしょうがない。
( → たった400万円くらいくれてやるぜ | ゴー宣ネット道場

 貢いだ金をあとになって「返せ」と言うのは、あまりにもみっともない。
 で、本人もそれがわかっているから、あくまで匿名で騒いでいるのだろう。自分が本当に正しいと思うのであれば、堂々と実名を出して、「貸した金を返せ。借用証はここにあるぞ」と言えばいいのだが、それができないから、こっそりと名を隠すわけだ。みっともない。
 この男が匿名を守り続けているということからして、この男に正義も理もないことは明らかだろう。

 ※ だからといって小室さんの母が「正義だ」ということにはならない。が、だとしても、「悪だ」と世間が批判するには値しないだろう。
 ※ 基本的には、これは、貧しいもの同士の金銭トラブルである。誰かがここに 400万円をつぎこめば、トラブルは一挙に解決する。小林よしのりが たった400万円くらいくれてやるぜと言っているので、案外、あっさり解決するかもしれない。



 [ 付記 ]
 婚約解消したので金を返せ……ということなので、女性の側が婚約解消をしたのだとばかり思っていたが、男性の方が婚約破棄をしたそうだ。
 平成24年9月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。母は、突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明をしていただけなかったことから憔悴した様子を見せていましたが、最終的には元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。
( → 小室圭の金銭トラブル説明コメントに3つの矛盾!文書全文書き起こし

 男の方が婚約解消を申し出たのなら、男の方が違約金を払って当然だろう。
 「男が貸したという金は贈与なので返還の必要はないが、婚約解消の慰謝料は男が女に数百万円を払うべきだ」
 というのが、法的には妥当だと思える。
 
posted by 管理人 at 19:00| Comment(7) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前も書いたけど法律的な問題ではないですよね。法律的には無罪だし。これは道徳問題なのでそう扱うべきでしょう。

管理人さんも、法律的に無罪の事柄を批判的に書いてるのありますよね。将棋の不正問題も法律的には白だけど、管理人さんは灰色と見ていましたよね。私もだけど。

他の例では、ゴーンもそうなるのではないでしょうか。無罪になりそう。でも道徳的に批判されるでしょう。

一番分かりやすいのは煙草。少し前だと発展途上国で、先進国の旅行者がバス内で煙草吸っていた。(今は分かりませんが)。現地では適法でも道徳的に問題でしょう。

今回の件も道徳問題としてみると、私の感想は、「なんとみっともない事件だなあ。キャバクラとかホストに貢いだ話みたいだなあ。母親は大丈夫なのか。」こんな感じですねえ。

まあ、結婚するのは息子の方なので母親の良しあしは置いておくとしても、その息子の発表した文章もあまり良くなかったと思います。

ところで、小林よしのりの「男としてみっともない」は男女差別かな。(笑)
Posted by 天猫 at 2019年01月25日 00:09
いや、ですから、金を借りた返すの問題じゃなくて、
その時の態度とか、反論文書から見えてくる、
小室ファミリーの人間性の問題なわけで…

まず、前提として、
日本で一番いい家のお嬢さんをお嫁さんにしたい!って
小室息子君が希望しているわけで、眞子様の両親に
自分がどう見られてしまうのかを考慮しないと。

かわいい娘の結婚相手として、自分がこういう態度をとったら
いい家の両親にはどうみられるかな?ふさわしく映るかな?
どう考えても結婚相手として失格、アウトだよね?と普通は考える。

こんなんじゃふさわしくないと判断されて当然。というか。

でも彼はそれどころじゃないw

なんの問題があるというのだ、弁護士と相談して法的にはなんも問題がないと
お墨付きはもらった。皇族だからといって俺の結婚にまったをかけるなど
何サマのつもりだ?と言わんばかり。

管理人さんも娘がいるとして、小室さん的な人って分ってたら
娘を嫁にやれますか?っていう話です。

そういう、すぐ分る話をなんでそんな訳分らん理屈で
お金だけの問題にしたがってるのか、逆に不思議というか…

実際に、文春の記事が出た時に、きっちり反論会見とかするでもなく、
だんまりを決め込んで留学逃亡(この時点で、まあ反論できない事実な
んだろうな、と大半の日本人は思った筈で…)

そういう対処をするようではやれん、と秋篠宮様に指摘されるやいなや
文書一枚で、法的には問題ないから、なんも問題ないでしょ?
(意訳:だからつまらん事をいってないで、結婚の許可お願いしますね?)
ですよ?

日本にきて頭さげて説明するとか一切なしで…
まあ帰ってきても秋篠宮様には簡単に会えないのか…?
いや、さすがに会えるか…会見もセットになりそうだから
絶対いやだったんだろうなあ。

誠意のある態度なんですかねコレ
こんなことしてれば、そりゃ日本国中で話題になるし悪く言われるわ…と思うんだけど。

秋篠宮様も眞子が悲しむからちゃんとしてくれ!スジを通してくれと
常識に沿った行動を期待したのに、俺悪くないもんね!という用紙一枚。
なんというか…気の毒すぎて…

そもそも、小室母の月々返済一万円なら返却できます、というやり口。
これって、そのスジの人のプロの手口というか… 

そんな小額の返済計画は受け入れられないと元相手の男に返済計画を断られた話、
借り手ばかりに都合のいい返済計画だから、もっとちゃんとした返済を、と断った
だけなんですが、
返済を申し出たのに誠意でいっぱいの返済計画を断ってきた、
だから返さなくてもいいのだ、借金の事はチャラになった、
と強弁してるのが小室息子君の言い分なんですが。

呆れる程の小額返済、これ、典型的なゴネる人の常套手段なんですが…
月1万だと1年で12万。無利息としても400万だとして33年以上かかる計算です 
途中でうやむやにする気満々の、間違いなく馬鹿にしてる態度w

金払う気が元々無いタイプの、結構な額の家賃を滞納してるような人が
アパートから追い出されない為に、一部だけでも入金して払う意思を示しました、
という建前のやり口なんですよ、これやると裁判所がなかなか強制退去の判断
してくれないんで家主が困るという、そういうやり口

ちょっとづづ払って、大家さんに決定的な法的な手続きをさせないための、
うやむやにするテクニックなわけで(これをしてる間は1万とか2万でアパートに
入居し続けて、うまくすればどっちかが年で死ぬw)
なんというか、そういう手口に慣れてるという感じがする。やるな小室母。プロだね!w

法的に問題がないにしても、傍目にアホな男とずる賢い女である以上
どっちも駄目だわなーというならともかく、男だけ駄目で女が通るってのが
管理人さんらしくなくてよくわかんない…

法的に問題ないように法律を整備しつつ亡国政策を押し進める
安倍政権の批判もなんというか… 法律に則って粛々と進めさせていただきます、というアレ
Posted by ひら at 2019年01月25日 20:52
> 管理人さんも娘がいるとして、小室さん的な人って分ってたら
> 娘を嫁にやれますか?っていう話です。

 前項のコメントに書いてあります。再掲:

 たとえば、「特撮オタクと結婚したい」と娘が言い出したら、それは絶対にイヤだけど、親が口出しするべきじゃない。本人の勝手だ。

 婚姻は両性の合意のみでなされる、と憲法に書いてある通り。憲法を守りましょう。

 ──

 皇族でもない民間人同士の結婚に、いちいち他人が口出しするべきではない、と前項に書いてあるでしょ。ちゃんと読んで。まずは人の話を理解しましょう。

 ──

 あとね。そもそも借金は存在していないのだから、返す必要もない。また、親の借金は親に要求するべきであって、息子に要求するのは筋違い。
 そもそも、自分の名前も隠すような人間は、後ろめたいところがあるに決まっている。
 私が思うに、婚約解消したのも、後ろめたいところがあるからだ。たとえば、脱税や泥棒の前科があるというふうな。それがばれると困るので、大急ぎで逃げ出したのだろう。
 こんな後ろめたいゲス男の言葉を真に受けるんだから、あなたも相当、おめでたいですね。詐欺師の口車にあっさり引っかかるタイプ。

 ──

 さらに言えば、これは、「娘を嫁にやれますか?っていう話」ではなくて、「天皇制を廃止してまで強行に結婚を止めるべきか」という問題です。
 あなたがそれほど反対するのなら、「結婚を止めるためであれば、天皇制を廃止してもいい」というふうに論じる必要があります。
 詳しくは下記。
  → http://openblog.seesaa.net/article/463839235.html
Posted by 管理人 at 2019年01月25日 21:35
日本では、口頭でも契約が成立します。

借用書の有無は、裁判になったとき証拠が有るか無いかの違いです。

裁判になって、貸した側が「契約はあった」と言い、借りた側が「契約は無かった」と言ったら、この件は水掛け論になります。どちらが正しいのかは当事者しか知りえません。
Posted by 名無しの通りすがり at 2019年01月26日 08:36
男が名乗らないからと言って、その男を悪し様に書くのはいいのか?

マスコミで日本中に公開されてしまうのが明らかなんだから、借用書があったとしても名前出したくなんかないでしょう。
Posted by 天猫 at 2019年01月27日 16:57
> その男を悪し様に書くのはいいのか?

 匿名なんだから、誰も特定されていないし、攻撃されてもいない。迷惑を受ける人はいない。

 それはいわば、「はてな匿名ダイアリーで匿名のまま語っている人の悪口を言ってはいけない」というようなものだ。ナンセンス。
 だいたい、誰が名誉毀損の被害を受けるというの?
 回答: Nobody さんです。

> 借用書があったとしても

 借用証はない、ということが明らかになっているのに、虚偽の仮定を出しても、その命題自体が無意味。

Posted by 管理人 at 2019年01月27日 22:25
悪し様というより、悪い方向に解釈するのはどうか。ということですね。私の書き方がよくなかった。

マスコミで全国に公開されるのだから、借用書があるという良い条件でも出たくない。まして、ないのだから、よけい出たくない。つまり、借用書のあるなしにかかわらず、出たくないだろうということです。
つまり、名乗っているいないは、今回条件として役に立たない。と言いたかったのです。
Posted by 天猫 at 2019年01月28日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ