2019年01月19日

◆ わいせつ妄想事件が結審

 手術直後の患者が「医師にわいせつ行為をされた」と訴えた事件が結審した。

 ──

 記事は下記。
 2016年に医師が手術直後の女性患者の胸をなめたなどとして準強制わいせつの罪で逮捕・起訴された事件は、今月8日に検察側論告と弁護側の最終弁論が行われ、結審した。検察側は「極めて悪質」「被害者の処罰感情は厳しく、社会的影響も大きい」などとして懲役3年を求刑。弁護側は、女性の訴えは麻酔の影響による「せん妄」がもたらした「性的幻覚」などと主張して無罪を主張した。
( → 乳腺外科医のわいせつ事件はあったのか?〜検察・弁護側の主張を整理する(江川紹子)

 記事中にも書いてあるが、まわりに人がいっぱいいる状況で、真っ昼間にわいせつ行為をして、マスターベーションをしていた……という、とうていありえない話だ。エロビデオでもありえそうにない馬鹿げた話。

 こんなことでは、訴訟リスクに耐えかねて、外科医や麻酔医のなり手がなくなるぞ……という警告。
  → 執刀医の不当逮捕の影響は? 2016-09-06

 そして今では実際に外科医が不足してきているそうだ。
  → 若手と女性医師、外科を敬遠 きつい勤務や訴訟リスク…担い手不足が深刻化|【西日本新聞】
 一部抜粋。
 外科医が花形だった時代も今は昔。きつい勤務や訴訟リスクから、若手医師が外科を敬遠する傾向が続いている。

 外科医が不足しているのだから、外科医を優遇すればいいのに、それとは逆に、無実の罪で逮捕する。警察と検察は日本をどんどん崩壊させていく。



 [ 付記 ]
 冒頭の記事では、「科捜研が証拠資料を勝手に廃棄した」という話もある。
 DNA鑑定の際の増幅曲線や検量線などのデータは廃棄されており、確認ができない。
 しかも、ワークシートは鉛筆で記載され、少なくとも9カ所、消しゴムで消して書き換えた形跡があった。弁護側は、ワークシートは実験ノートに当たり、ボールペンなど書き換えができない筆記具で書くのが常識として、科捜研の対応を批判している。
 鑑定で使用したのはガーゼから抽出したDNA抽出液の一部。その残りが保存されていれば、再鑑定も可能だが、これもすでにない。研究員は残液を「2016年の年末の大掃除の時に廃棄した」と証言している。

 最大の証拠が廃棄されているのだから、そんなものに証拠価値はない、と見なすのが当然だろう。この時点で検察は不起訴にして、被告を釈放するべきだった。なのに、4カ月も勾留して、4カ月後の 12月に保釈しただけだ。
 かくて冤罪は起こる。



 [ 余談 ]
 勝手に自己崩壊を起こしていく……という社会現象は、他にもある。「ふるさと納税」だ。
 ふるさと納税なんかをすれば、地元自治体は大幅に税収減となって、住民サービスが崩壊する……という話を書いた。
  → ふるさと納税が悪である理由: Open ブログ

 実際に、「横浜市の減収は 100億円以上」という数字っを示したこともある。
  → ふるさと納税で 100億円の損: Open ブログ

 こういうことの影響もあって、横浜市では義務教育が崩壊しつつあるそうだ。
  → 義務教育崩壊へ。教員が忙しい?嫌ならやめろ!代わりはいくらでもいる・・かと思ったら、誰もいなくなってた件
 若手教師の中途退職、精神疾患での休職が相次ぎ、現場は人手不足による崩壊状態。嫌ならやめろと言われてきたら、本当に臨時講師の登録すら0になってしまう状態。教育現場から人がいなくなってしまう惨状。

 このページでは「文科省の無策」と言っているが、義務教育のための資金不足は、文科省のせいじゃない。自治体の金不足だ。そして、それをもたらしたのは、「ふるさと納税」という制度を利用して、実際に納税額を減らした住民だ。
 ここでは、横浜市の住民が、横浜市への納税を減らすという形で、横浜市の教育を崩壊させている。「ふるさと納税」のせいで、「ふるさと崩壊」をもたらしているわけだ。

 これもまた、「勝手に自己崩壊を起こしていく」という社会現象だ。
 崩壊するのは、医療だけではない。教育もまた、自己崩壊の形で、崩壊していく。
 
posted by 管理人 at 19:41| Comment(2) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自己崩壊といえば、第二次大戦中の日本ですね。

当時は、空襲や原爆による死者数よりも餓死による死者数の方が多かったそうです。
Posted by 反財務省 at 2019年01月20日 01:20
この医師と同様、検察の罠に捕らわれた佐藤優氏の著作「自壊する帝国」では、共産党独裁と官僚機構腐敗の中で求心力を喪った連邦国家が民族主義の台頭で自壊する過程を内側から描いているが、現在の日本も一強独裁と官僚機構劣化で国民の信頼を喪って崩壊しつつある。ロシア民族がロシア正教という宗教心で何とか纏ったように、今年日本は皇国に戻ることで一体化を保つ事ができるのだろうか。しかし、外国人労働者が日本の基盤を支えているとすると、象徴天皇制と国際化の矛盾が日本自壊の原動力となりかねない。新天皇には国際感覚のある新皇后と共にこの矛盾の氷解のために頑張って頂きたい。
Posted by 新道 at 2019年01月25日 05:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ