2019年01月01日

◆ 民間バスの運転手不足

 公営バスの民営化を進めたら、バスの運転手が不足するせいで、路線廃止(休止)に追い込まれているそうだ。

 ──

 朝日新聞に記事がある。
 公営バスの民間委託が、曲がり角に差しかかっている。人件費削減のために各地で導入が進んだが、運送業界が深刻な運転手不足に陥っているためだ。訪日外国人客の増加で需要が高まるなか、全国で初めて民間委託した京都市バスでは撤退・縮小の動きが続き、新年度から赤字に転落する。
 運転手不足は業界全体の問題だ。京都市バスから撤退する京阪バスは「自社路線だけでも人手を集めるのは大変」と話す。バスの運転に必要な大型二種免許の取得者は17年末時点で91万9千人。10年間で約20万人減った。
( → バスの民間委託、運転手不足が影 撤退・縮小…赤字転落の市も:朝日新聞

 それで対策はどうするかというと、こうだ。
 人手不足を補うため、警察庁が設置した有識者会議では、「21歳以上」「普通免許取得後3年以上」との大型二種免許の受験資格の緩和について、18年度中に提言をまとめる見通しだ。
 仙台市、横浜市、京都市などの交通局では、免許のない人の採用枠を設け、合格後に費用を補助して取得させる制度を導入している。
( → 同じ記事 )

 しかし、これは方向違いだろう。どの分野であれ、「人手不足」は低賃金が理由であるのが普通だ。
 ググると、次の情報が見つかる。
企業規模       平均年収 平均月額給与
大企業のバス運転手  401.2万円  25.1万円
中企業のバス運転手  332.0万円  20.8万円
小企業のバス運転手  300.9万円  18.8万円
( → http://j.mp/2AoVap7

 大企業ならまだしも、中企業・小企業では、とんでもなく低い賃金だ。(しかも、それが大半だ。)
 労働条件は、1日13時間も拘束される人が多い。( → 下記) 13時間でなくとも、11〜12時間はざらだろう。なのにこの賃金では割に合わない。最低賃金以下かもね。
 16年3月のアンケートでは、350社のうち81%が運転手不足を感じていると答えた。
 理由の一つに、厳しい労働環境がある。国交省が労組を通じて実施した17年の調査では、1日の拘束時間を13時間以上と答えた路線バス・貸し切りバスの運転手は、回答した7083人の2割近くにのぼった。
( → 同じ記事 )

 こういう奴隷的な状況を放置して、「免許資格の緩和」とか「免許取得に補助金」とかの施策を出すのだから、呆れるしかない。
 「奴隷制度への応募者が少ない」という現状に対して、「だったら奴隷制度への応募者を増やせばいい」という発想だ。
 ここでは、「奴隷制度そのものを改善する」という発想が抜けているわけだ。頭がおかしいとしか言いようがない……と思ったが、実は、これ、安倍首相が推進している方針そのものだ。「国民総奴隷化計画」というやつ。で、それを支持するのが、大多数の国民だ、という悲劇。(喜劇か?)
 
 新年初笑い。


福笑い
https://amzn.to/2F1eKvD




 [ 付記 ]
 タイトルでは「民間バスの運転手不足」だが、公営バスではこの問題は起こっていない。公営バスの運転手は公務員であり、高給だからだ。
 公務員である公営バスの人気は高い。
( → 同じ記事 )


posted by 管理人 at 08:50| Comment(4) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都に代表される観光地に限れば、昨今のオーバーツーリズムの状況を鑑みた上で、なぜ値上げや観光税像増税の話が出てこないのか不思議です。
Posted by 作業員 at 2019年01月01日 12:49
 値上げには市民が反対するせいでしょう。
 市民としても、値上げには大反対するが、路線休止・廃止には反対しない。ケチ根性。
Posted by 管理人 at 2019年01月01日 13:01
ここは市民パスの発行や市民税の減税や還付で支持が得られるのではないで消化。
Posted by 作業員 at 2019年01月01日 13:13
京都大学大学院教授の藤井聡氏が書いた「クルマを捨ててこそ地方は甦る」という本を読んだり、地方創生の為の意見を良く聞くのですが、地方は自ら衰退の道を歩んでいるような気がしてなりません。
Posted by 名無し at 2019年01月01日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ