2018年12月20日

◆ ふるさと納税を逆用せよ

 ふるさと納税は、いくら批判されても止められないようだ。そこで、次善の策として、これを逆用する方法を示す。

 ──

 ふるさと納税は、いくら批判されても止められないようだ。提案者・旗振り役が、菅官房長官なので、振り上げた拳を下げられないらしい。
 そこで、代案として、「地方振興」という本来の狙いを破壊する……という方法を提案したい。
 ふるさと納税は、「地方振興」を目的としているから、これを逆用して、「地方衰退」にしてしまえばいいのだ。そうすれば、馬鹿馬鹿しくなって、ふるさと納税という制度の廃止に追い込める。

 ──

 これは、前項のコメントで寄せられた、次の意見を参考にしている。
 自治体のやり方次第では東京23区がふるさと納税でガッツリ税収アップすることもあり得る
( → 前項

 これがヒントとなった。この方針に従って、大都市の自治体がふるさと納税を採用すればいいのだ。そうすれば、地方の住民の住民税を盗んで、大都市の自治体の財源にすることができる。
 現状では、大都市の自治体はほとんど無為無策なので、金を奪われる一方だ。それというのも、「地元の産品があまりない」ということが理由だろう。困っているようだ。そこで、困ったときの Openブログ。私がうまい案を出す。

 (1) 地元の工業製品

 たとえば、パソコンだ。パソコンの国内工場は、次のページでわかる。
  → 国内PCメーカーの生産工場の拠点と製造工場の違い - BTOパソコン.jp
 具体的には、次の三つがある。
  ・ 神奈川県綾瀬市 …… ドスパラ
  ・ 兵庫県神戸市 ……… パナソニック(レッツノート)
  ・ 東京都昭島市 ……… 日本HP

 この3都市では、パソコンを返礼品にすることができる。(現実には、やっていないようだが。)

( ※ 「たったの3市かよ」と思うかもしれないが、この3市が巨額の金を奪えばいい。この3市が得をすることが目的だというより、この3市が多くの地方都市の財源を奪うことが目的だ。)

 他にも、さまざまな家電製品の工場などもありそうだ。都会の自治体は、地元の工場を調べるといいだろう。
( ※ 都心部には工場は少ないだろうが、郊外部ならば、けっこうありそうだ。)

 (2) ホテル券

 大都会ならば、ホテルの無料宿泊券(または割引券)を返礼品とすればいい。たとえば、1枚1万円分の割引券。1日に1万円以上の宿泊で使える。(1名でも2名でも。ただし3名は不可。また、1万円以下の安宿も不可。)
 このホテル券は、住所氏名を記入済みにして、本人以外では使えないようにするといいだろう。利用の際には身分証明書の呈示が不可欠となる。(これなら転売ができないので、金券扱いにはならない。)
 このようなホテル券は、すこぶる強力だ。地方の人々が上京する機会を提供するし、東京での買い物や観光の機会を提供することにもなる。強力な吸引力を持つ。その分、地方にとっては、金を使う機会が奪われる。非常に強力な地方衰退策となるだろう。(地方振興の逆だ。)
 なお、海外旅行をする人は、事前に成田のそばで一泊してもいいので、そのときにホテル券を使うという手もある。また、ディズニーランドに行くときにホテル券を使うという手もある。千葉県あたりのホテル券は人気になるだろう。
 千葉県ならば、ディズニーランドの入場券にしてもいいだろう。(ただし本人確認を必要とする。転売禁止のため。)

 (3) 保育園の優先入園権

 保育園に優先入園できる権利を、高額で提供するといいだろう。これは、地元住民向けだが。
 たとえば、世田谷区が、世田谷区内の保育園に優先入園できる権利を、30万円ぐらいで提供する。世田谷区内の高額納税者ならば、通常ならば 30万円ぐらいの額で、ふるさと納税の返礼品を受けるはずだが、それをやめて、地元の世田谷区内でその金を使う。(地元で使っても問題はないはずだ。)
 世田谷区は、その 30万円を受け取った上で、その高額納税者の子供を優先入園させる。優先入園といっても、もともと入園できるような子供なのだから、特別に何かを与えるわけではない。単に「確実さ」を与えるだけだ。(本来ならば、何らかの選別基準があるので、不確実であったが。)
 で、世田谷区としては、こうやって多くの金を得ることができる(金を奪われなくなる)ので、そういう形で増えた金(減るのを免れた金)によって、保育園建設の財源とすればいい。
 この際、こういう高額納税者が増えれば増えるほど、保育所のための財源が増えるので、保育所の総数が増えることになり、他の納税者も保育所に入れる可能性が高まるようになる。恩恵を受けるわけだ。
 一挙両得。

 ──

 ともあれ、こういう形で、大都市圏での「ふるさと納税」を推進するといいだろう。そうすれば、地方の財源がどんどん減って、地方はどんどん衰退していく。
 そうすれば、さすがのお馬鹿な政府も、ふるさと納税の馬鹿馬鹿しさに気づくようになるだろう。


posted by 管理人 at 23:25| Comment(2) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい!
まさに本サイトの面目躍如ですね。
個人的なわだかまりがスッキリ解消しました。
Posted by 船橋のひと at 2018年12月21日 07:38
ふるさと納税は毀誉褒貶の激しい制度だけれどもOpenブログさんで提案されている内容なら不公平感がないですよね。

無策な安倍政権や総務省にも見習ってほしいものです。
Posted by kanamorikanamori62506250 at 2018年12月28日 09:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ