2018年12月12日

◆ 日産の新デザインのひどさ

 日産の新デザインは Vモーション2というものだが、それがいかにひどいかは、私が予言したとおりとなった。

 ──

 この件では先に指摘しておいた。下記のように。
 「 Vモーション2 は、ナンバープレートを付けるとカッコ悪くなるだろう」
  → 日産の新グリルは欠陥デザイン: Open ブログ

 この時点では実例がなかったが、その後、新車が発売されたので、ネット上にはナンバープレート付きの画像が出回っている。いずれも、カッコ悪い。
  → http://j.mp/2PtX1O9
  → http://j.mp/2PzIxvZ
  → http://j.mp/2Pz2Uts
  → http://j.mp/2Pz2YJI
  → http://j.mp/2PA0eLW

 動画もある。




 いずれにせよ、私の予想通りで、ひどくカッコ悪い。ナンバープレートばかりがやたらと目立つ。
 人間でいえば、顔にナンバープレートを付けているようなもので、奇々怪々なデザインだと言える。鼻の下に、巨大なチョビヒゲを付けているようなものだ。あるいは、巨大な出っ歯か。はっきり言って、キモイ。

 デザイナーがデザインしているときには、ナンバープレートなしでデザインして、「これ、カッコいいな」と思ったのだろう。ところが実際の市販車には、ナンバープレートが付くので、デザイナーの思惑通りにはならないわけだ。
 まあ、間抜けなデザイナーというしかないね。というより、デザイン部長が馬鹿すぎるだけなんだが。

 だから、「会社でデザインを統一するのはやめろ」と言ったのだが。(統一しなければ、失敗は1車種だけで済む。統一すれば、失敗は全車種に及ぶ。日産はこの失敗デザインを、これから全車種に展開する予定だ。馬鹿丸出し。)
( ※ これも、ゴーンの置き土産か。青酸カリみたいな有毒物だが。)



 《 注記 》

 画像では、実際の番号は記されておらず、雑誌名などが記されている。これは、実際のナンバープレートの上に、各社がカバーをかぶせたからだ。



 【 関連サイト 】

 新型 Altima の評価は高くない。カムリやアコードに負けている。デザイン面での評価も高くないが、劣るのはインテリアとハンドリングであるようだ。評点も低い。
  However, some rivals feature better interior materials and are more fun to drive.

 That said, there are other midsize cars worth considering, like the Toyota Camry and Honda Accord. Both competitors deliver more gratifying driving dynamics and a high-quality cabin.
( → Nissan Altima Prices, Reviews and Pictures | U.S. News & World Report

 このページに限らず、他のページでも似たり寄ったりの評価だ。
 インテリアが劣るのは、昔からそうだ。部品が安いので、いかにも安っぽい。ハンドリングが劣るのは、シャシーが旧態依然であるため。トヨタはシャシーを一新したので、評判が上がった。日産はシャシーを一新するという公約を果たしていない。設備投資を惜しんでいるせいだ。
 結果的に、自動車が好きな人は、アルティマを買わない。アルティマを買うのは、「車は安ければいいさ」という人だけだ。ライバルはカムリやアコードではなく、韓国車であろう。こうなると、もう、値引き合戦で勝つしかないので、利益率は低くなる。……コストカットを狙った戦略の末路だ。
 で、値引き合戦をして利益率が低くなっても、なおかつ利益を上げるために、必要なコストをカットする。かくて、(開発費がなくて)モデルがすべて旧式化したり、(新しい検査機器がなくて)検査不正が起こったりする。
 これがゴーン経営というものだ。

 
posted by 管理人 at 23:59| Comment(1) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後に 【 関連サイト 】 を加筆しました。
Posted by 管理人 at 2018年12月13日 08:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ