2018年11月27日

◆ 外国人労働者の法案

 外国人労働者の法案が成立しそうだが、茶番としか思えないような、とんでもない状況になっている。

 ──

 どこかのアフリカの未開発国とか、ジンバブエとか、ベネズエラとか、そういうトンデモ国家ならばありそうだが、先進国の日本で、とんだ茶番が繰り広げられている。

 (1) 法案の強行

 新聞を読んでいればご存じだろうが、自民党はとんでもないやり方で法案を強行して採決しつつある。
  ・ 法案の根拠となる調査はデタラメ。
  ・ 法案の内容は、明文化されていない。
   (省令で決める、という内容ばかりで、空疎。)
  ・ まともに審議もしない。

 まあ、ひどいものである。情報はいくらでも見つかる。
  → 外国人労働者 法案 - Google 検索

 ※ さらに詳しくは、ニュース検索してもいいし、用語を指定して検索してもいい。

 (2) 賃金未払い

 本日の朝日新聞で、外国人労働者に「賃金未払い」の問題が続出している、という報道があった。
 外国人労働者受け入れ制度をめぐり、建設業の受け入れ企業で昨年度に立ち入り調査を受けた518社のうち、約4割の204社で賃金に関する問題があったことが分かった。
内容では、約束した手当の未払いや割増賃金の算定ミスといった「時間外・休日・深夜割増賃金の支払い」が140件、住居費などを過大に控除するなどの「賃金支払いの状況」が137件と突出して多かった。
( → 建設業の外国人労働者、4割の企業が未払い賃金など問題:朝日新聞

 こういう状況で、安倍首相はどう語っているか?

 (3) 安倍首相の答弁

 安倍首相の答弁は、こうだ。
 衆議院予算委員会の集中審議で、安倍総理大臣は、外国人材の受け入れを拡大するための法案に関連し、受け入れる外国人の賃金水準について、出身国の経済状況などにかかわらず日本人と同じ程度にする考えに変わりはないことを強調しました。
( → 「出身国がどういう経済的状況であろうと日本人と同等以上の賃金で」安倍首相 | 注目の発言集 | NHK政治マガジン

 まったく、妄想というか、何というか。
 そもそも、新しい法案を待つまでもなく、現在の制度では、外国人労働者は「最低賃金以上」の賃金を支払うことが義務づけられている。技能実習生であっても、だ。(以前はそうではなかったが、制度が改定された。)
  → 技能実習生 最低賃金 - Google 検索
 
 だから、法律を守っているのであれば、先の「 (2) 賃金未払い」のようなことは、ありえないはずだ。なのに現実には、そういうことがいっぱいある。
 これはつまり、安倍首相の国会答弁が画餅にすぎない、ということだ。まったく、嘘とわかっていることを、白々しく答弁するのだから、呆れるしかないね。それとも、嘘をついている自覚がなくて、妄想を語っているんだろうか? 

 ──

 もう、以上の (1)(2)(3) を見ると、日本の首相には絶望するしかないね。ジンバブエやベネズエラ並みか。



 [ 付記 ]
 外国人技能実習生が離島からどんどん逃げ出す……という話もある。
  → 「東京は820円、東京は820円」 実習生は島を出た:朝日新聞

 地方の最低賃金が安すぎるんだから、地方の最低賃金を上げるべきだろう。どうせ「人手不足」と大騒ぎしているんだから、最低賃金を上げればいいのだ。
 それで、どうなる? 最低賃金を払えない企業は、どんどん倒産する。劣悪な企業は市場から退場する。その分、劣悪な企業で勤めている労働者が、他の企業に移るから、人手不足は緩和する。労働市場で、供給が増え、需要が減る。かくて、人手不足は解消し、労働者の賃金も上昇する。……万事OKだ。
 困るのは、労働者を低賃金でこき使うことで利益を上げていた、ブラック企業だ。こういう企業の経営者は悲鳴を上げる。だが、それこそが正当なのだ。

 逆に言えば、そういうブラック経営者をのさばらせるために、外国人労働者を外国から入れて、「高賃金を払います」と言いながら、低賃金または賃金未払いにする……というのが、安倍首相の方針だ。呆れる。
 馬鹿げたことをやっている暇があったら、ブラック企業を摘発するべきなんだが。なのに、いくら低賃金または賃金未払いにしていても、摘発されずに、のさばらせる。

 ゴーンの不正は、特捜が介入したから是正されたが、群小のブラック企業は、何ら介入を受けることもなく、放置される。そして、その親玉が、安倍首相だ。困ったことだ。

 いや、もっと困ったことは、こういう安倍首相が国民から圧倒的な支持を得ているということだ。
  → 内閣支持率、4ポイント上昇 53%…読売調査
  → 世論調査、内閣支持率なぜ上昇? - zakzak

 ひどいものだ。トランプを支持する米国民みたいなものか。



 【 追記 】
 朝日新聞の記事では、安倍首相がいかにひどいことをしているか、具体的に報じている。

(i)国会でろくに審議時間を取らずに、ほぼ審議なしで法案を通そうとする。
  → (時時刻刻)入管法、熟議ないまま きょう衆院委採決:朝日新聞

(ii)審議しても、まともに答弁せず、法案の内容が不明のまま、「法律の中身は政府に白紙委任します」という内容の法律だ。
  → (時時刻刻)空疎な答弁、強引通過 「白紙委任法だ」野党は批判 入管法改正案:朝日新聞

 これはもう、民主主義の破壊だな。「法治主義」を放棄している。独裁政治になっている。さすがのトランプだって、ここまでひどくはない。これほどひどいのは、ヒトラーとか習主席とかムッソリーニとか、そのあたりしかない。



 【 関連動画 】



posted by 管理人 at 22:47| Comment(4) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後のあたりに 【 追記 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2018年11月28日 07:58
法の支配(法治国家)の明らかな返上ですね。
これは、数年前の中国包囲外交の盛んであったとき時の安倍首相の決まり文句であったはず!!!


Posted by yomoyama at 2018年11月28日 10:59
政省令への丸投げを多用すると、内閣の権限が大きくなりすぎるため、三権分立の原則が崩れますね。

時の政権が暴走しても誰も止められない。

民主党政権のころ、小沢による独裁を警戒したかと思いますが、安倍による独裁は警戒してませんよね。小沢よりも酷いことをしているのに。(むしろ、歓迎してる人がいる?)

言い方が悪いですが、日本人がどんどん馬鹿になっているように思います。

ヒトラーが台頭したのも、ドイツ国民による熱狂的な支持があったからなのですが、今の日本はこれとよく似た状況になっているように思います。
Posted by 反財務省 at 2018年11月28日 11:52
>最低賃金を払えない企業は、どんどん倒産する。劣悪な企業は市場から退場する。

他方でゾンビ企業も生き延びている。
本件を代表に、ゴーン氏逮捕の状況などを含めて、まるでアラブや中国並みなのが恥ずかしい!
Posted by yomoyama at 2018年11月28日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ