2018年11月22日

◆ 日産とルノーの関係は?

 日産とルノーの関係は、どうなるか? ゴーン退出のあとで、関係は変化するか?

 ──

 まず、これまでの経過を見ると、前項末の [ 余談 ] で示した通りだ。フランス政府が「ルノーによる日産支配」を強めようとしていたが、いったん休戦状態となった。

 さて。報道によると、最近では、フランスの大統領がまたルノーに圧力をかけて、支配を強めようとしていた、という情勢にあったらしい。(未確認の推定記事。公的発表があったのではない。)

 このあと、「ルノーの支配を強めようとするフランス政府の方針に逆らって、日産はルノーの株を買い増すことで対抗しようとする」という観測記事も出ている。
  → 「ルノーの乗っ取り」を防いだ日産の苦悩 | プレジデント
  → ルノーによる「経営統合」を阻止する秘策とは? - FNN

 ──

 まあ、いろいろと観測記事はあるが、傾向としてはおおむね妥当な内容だろう。大きくはずしてはいない。

 ただ、私としては、二つの点を指摘しておこう。

 (1) 出資比率

 出資比率の点で、日産がルノーの 25% の株を買うことは、理論上では可能だが、現実には難しい。
 それは「親会社の株を無効にする」ということであるから、謀反も同様だ。こんなことを現実にやったら、喧嘩別れになってしまう。最終的には「離婚」ないし「親子の縁切り」しかない。それはでは両方とも傷つく。
 では、どうすればいいかというと、これは「伝家の宝刀」にするべきだ。つまり、「抜くぞ、抜くぞ」と見せかけて、抜かないでおくのが最善だ。
 そして、そのために最適の方法は、「24.5% まで買う」ということだ。つまり、抜く寸前にまで行くことだ。
 ただし、ここまでやると、相手の喉元に刀を突きつけるのにも等しい。もうちょっと甘くして、「 22% まで買う」というぐらいの方が妥当だろう。
 ただし、それも、フランス政府の強硬な方針があった場合に限られる。そうでなければ、「 22% まで買ってもいい」ということを、株式総会で決めるか、取締役会で決議するか、どちらかにするべきだろう。これによって、フランス政府の干渉を防げる。……この場合には、現実には、株は1株も買い増す必要はない。( 15%のままで現状維持だ。)

 (2) 委託生産

 マスコミでは出資利比率のことばかりを論じているが、それでは視野が狭い。もっとうまい方法がある。
 そもそもフランス政府がルノーによる日産支配を強めようとしていることの目的は、何か? フランス国内の雇用増加である。そのためには、日産がフランス国内で委託生産を増やせばいい。
 実際、すでに新型マイクラを生産している。本来ならば、日産の生産は英国のサンダーランド工場に集約するべきなのだが、フランス政府の意向を受けて、あえて新型マイクラをフランスにあるルノーの工場で委託生産した。
  → 日産がルノーの再建に向けて次期マイクラの生産委託を発表(2013年)
  → 日産 マイクラ 新型、ルノーのフランス工場で生産開始 (2017年)
 これがフランス政府の目的だ。そして、これをさらに増やして、もっとフランス国内で生産してほしい、と望んでいる。そこで、「何とかしろ」とルノーに圧力をかけているわけだ。

 ならば、日産としては、対抗策を取ることができる。
 「フランス政府が経営に圧力をかけるのであれば、自由な経営ができなくなるので、フランスから撤退する。フランス国内でルノーに生産委託するのをやめて、英国のサンダーランドで自社生産する」
 こういう形で、フランス政府の圧力をはねのけることができる。「圧力をかければかけるほど、逆効果になるぞ」と脅迫するわけだ。「北風と太陽」の北風みたいに。

 さらに、次の形で、「北風と太陽」の太陽みたいな方針を取るといい。
 「フランス政府が圧力をかけるのを止めれば、自発的に、日産はルノーへの委託生産を増やす。具体的には、新型の電気自動車や、新型の小型車」
 ここで、新型の電気自動車というのは、日産が遠からず投入する予定の新型車だ。
 また、新型の小型車というのは、ここのところずっとモデルチェンジをしていない日産から出す何らかの小型車だ。日産ノートや、日産シルフィ(ティーダ・アルメーラ)のモデルチェンジをしたものが相当する。これらの新型車は、ゴーン体制では、次の新型車を出す予定がないようだ。ゴーンの報酬に大金を取られたせいで、新型車の開発資金がないせいらしい。しかしながら、ゴーンがいなくなれば、余計な金を出さずに済むので、小型の新型車を開発できるだろう。2〜3年もあれば、新型車を発売できるはずだ。だから、それを、フランス国内においてルノーで委託生産すればいい。

 こうして、「北風と太陽」という方針で、日産はフランス政府の圧力を阻止することができる。
 また、フランス政府としても、(いちいち圧力をかけなくても)日産が自発的にフランス国内での生産を増やしてくれるのだから、文句はあるまい。

 そして、それができるようになったのは、ゴーンがいなくなってくれたからだ。「ケチって、研究開発費を惜しんで、やたらとコストカットばかりして、新型車を開発しない」という形で、モデルチェンジがほぼ皆無だった状態をやめて、新型車を開発できるようになったからだ。

 ゴーンがいなくなれば、日産もルノーもフランス政府も、みんなハッピーになれるわけだ。














 【 関連サイト 】
 参考情報。
 《 日産、欧州で従業員削減へ 間接部門の5〜10% 》
 日産自動車は欧州で従業員を削減する方針を固めた。スイスやフランスにある統括会社などの間接部門約3000人のうち、5〜10%の従業員を減らす。同地域での販売が昨年から不振で、2018年3月期の販売台数は前の期に比べて約3%減った
( → 日本経済新聞

 日産は現状では欧州では不振だ。キャッシュカイと新型マイクラ(マーチ)以外には売る車がないのだから、仕方ないという感じだ。
 しかしゴーンが退任したことで、将来的には事情は好転しそうだ。(モデルチェンジして、売れる車が出てくる。)

posted by 管理人 at 23:25| Comment(4) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴーン解任で日産がゴーン招聘前の、昔の体質に徐々に戻っていく、その恐れってないのだろうか。ゴーンがいてもダメ、いなきゃいないでもっとダメ、という...
Posted by 作業員 at 2018年11月23日 13:14
>>実際、すでに新型マイクラを生産している。本来ならば、日産の生産は英国のサンダーランド工場に集約するべきなのだが、フランス政府の意向を受けて、あえて新型マイクラをフランスにあるルノーの工場で委託生産した。
  → 日産がルノーの再建に向けて次期マイクラの生産委託を発表(2013年)
  → 日産 マイクラ 新型、ルノーのフランス工場で生産開始 (2017年)
 これがフランス政府の目的だ。そして、これをさらに増やして、もっとフランス国内で生産してほしい、と望んでいる。そこで、「何とかしろ」とルノーに圧力をかけているわけだ。

こうフランス政府が命じたのもルノーが経営不振で工場で作る車がなくなってしまったためです。あなたは「ルノーは好調」だと思っておられるみたいですが。
Posted by きゅうとぴ at 2018年11月23日 13:16
マクロンとゴーンが裏で手を握っていたなんて事はないだろうが、週刊誌とかが取り上げるだけで、フランス政府の動きも鈍くなるかも。
Posted by 次元大好 at 2018年11月23日 19:35
お薦めのウイスキーOpenブログから来ました。

>フロム・ザ・バレルよりも、はるかに美味しいウイスキーを飲むブレンドがある。それは、こうだ。
>「フロム・ザ・バレルに、アップルワイン(ニッカ)を、1割ぐらい混ぜる」
>このブレンドで、フロム・ザ・バレルが滅茶苦茶に美味しくなる。「ウイスキーは苦手だ」という人でも、「こりゃうまい」と感嘆するような味になる。ウイスキー好きの人なら、1割でなく5%ぐらい混ぜるといい。それで、「これはシェリーカスクか? 価格は 5万円か?」と思うような味になる。
>飲んだあとでは、「何て素晴らしいんだ! 感動する」という感じで、知らず知らず首を振ってしまう。…


試してみました。
フロムザバレルに、ニッカアップルワインを、全体の1割になるように加えました。

算式
X=1/9Z
補足 :Zはフロムザバレルの量

感想
何故かは分かりませんが、アップルワインには、フロムザバレルの香りを抑える効果があるようです。また、ロックで薄まったときに感じる不快なエグミをまろやかに纏める作用もあるようです。しかし、1割アップルワインを加えると、殆ど香りが立たなくなり、美味しさに欠けます。

次に5%になるようにアップルワインをフロムザバレルに加えました。

算式
X=1/19Z
補足 :Zはフロムザバレルの量。

感想
アップルワインの効果で、香りはオリジナルと比べてかなり控えめになりますが、氷が溶けるにつれ、香りが徐々に現れます。氷が溶けて薄まると、オリジナルのようなえぐみはなくなり、うまくまとまっています。



アップルワイン1割はまずいですが、アップルワイン5%なら、ありだと思います。







Posted by ウイスキー初心者 at 2018年11月23日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ