2018年11月19日

◆ 日産ゴーンの不正

 日産のゴーン会長の不正が判明して、日産は解任の方針を発表した。
 
 ──
 
 日産のゴーン会長の不正が判明した。逮捕へ。
 日産自動車(本社・横浜市)のカルロス・ゴーン会長(64)が自らの報酬を過少に申告した疑いがあるとして、東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑でゴーン氏を逮捕した。過少申告した金額は億単位にのぼるとみられる。
( → 日産のカルロス・ゴーン会長を逮捕 報酬過少申告の疑い:朝日新聞

 日産自動車は、解任の方針を発表した。(公式)
 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、内部通報を受けて、数カ月間にわたり、当社代表取締役会長カルロス・ゴーン及び代表取締役グレッグ・ケリーを巡る不正行為について内部調査を行ってまいりました。
 その結果、両名は、開示されるカルロス・ゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明いたしました。
そのほか、カルロス・ゴーンについては、当社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が認められ、グレッグ・ケリーがそれらに深く関与していることも判明しております。
 当社は、これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力してまいりましたし、引き続き今後も協力してまいる所存です。
 内部調査によって判明した重大な不正行為は、明らかに両名の取締役としての善管注意義務に違反するものでありますので、最高経営責任者において、カルロス・ゴーンの会長及び代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案いたします。また、グレッグ・ケリーについても、同様に、代表取締役の職を解くことを提案いたします。
( → 当社代表取締役会長らによる重大な不正行為について - 日産自動車ニュースルーム

 以上によると、「報酬を過少に申告した」ということだが、これは国の立場から見た「脱税」のことだ。
 一方、日産自動車の側から見れば、「公式に申告した以上の金をこっそり受け取っていた」ことになる。
  → ゴーン日産社長、年総額18億円の報酬に批判強まる…さらに三菱自からも巨額報酬か

 2017年には日産とルノーから 18億円以上(10億円+8億円)を受け取り、さらに三菱からも受け取った。20億円以上を受け取っていたはずだ。しかも、それは公式の分だけ。さらにこれ以外の分があったことになる。
 まあ、泥棒みたいなものですね。横領というべきか。

 で、それでお金が足りなくなったせいか、日産自動車は(国内では)ずっとモデルチェンジをしていない。セレナとエクストレイルがあったぐらいで、他は、6年ぐらいモデルチェンジをしていない車ばかりだ。
 古いモデルというと、ジューク(2010年 - )、エルグランド(2010年 - )、フェアレディ(2008年 - )などが思い浮かぶが、GTR (2007年 - )にいたっては 11年間も現行モデルのままだ。(マイナーチェンジだけは毎年やっているが。)
 ゴーンに開発費を食われたかな。18億円を 11年間なら、200億円近くになるしね。

 ※ 続報によると、毎年 10億円をもらっていたという名目で、実はその倍額をもらっていたという。
  → ゴーン容疑者ら2人逮捕 報酬を50億円過少申告の疑い:朝日新聞



 [ 付記 ]
 日産は解任の方針というが、先ほど発表されたばかりで、まだ議決はされていない。
 ゴーン会長自身が拒否しそうだ……と思うかもしれないが、本人は逮捕されていて、出席できないから、これはもう決まるしかない。そもそも、解任しないと、世間が許さないし、株主も許さない。
 というわけで、解任は事実上、決定済みと見なしていい。



 【 関連項目 】
 日産自動車がどうしようもなく駄目になった……という話は、今年の3月に書いた。
  → 日産自動車の没落: Open ブログ

 本サイトで書いた指摘がついに功を奏したと言えるか? ……それはどうかわからないが、内部告発者の心境は、日産を愛するゆえのことだろう。愛する日産を駄目にした張本人を告発する、という感じだ。
 その伝で言うと、日産の悪口ばかり書いている私は、日産ファンだ、ということになるのかもね。

 なお、安倍首相の悪口ばかりを書いているのは、安倍首相のファンだから……ではなくて、日本のファンだからですよね。お間違えなく。
 ※ 自民党のファンだから、じゃないよ。

 ──

 ついでだが、トヨタについても、プリウスの顔と尻の悪口を書いたことがある。
  → プリウスのデザインは分裂病: Open ブログ
  → プリウスは危険だ(テール・ランプ): Open ブログ

 そのせいかどうか、プリウスのデザインが変更されることになった。
  → トヨタ 新型「プリウス」12月にも発売 ついに不評の外観デザインテコ入れ 好評のPHV顔へ大幅変更へ
 その評判。
  → CURL : トヨタ 新型「プリウス」12月にも発売 不評のダサいデザイン改良【画像】
posted by 管理人 at 20:18| Comment(6) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後に 【 関連項目 】 を加筆しました。
タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2018年11月19日 22:21
言い方は悪いですが、ゴーンは私服を肥やして自らの資産を増やすために、日産を道具として利用した、ということになりますね。

自民党というか安倍も同じですね。
日本という国體を守るために、日本国民をツールとして利用する方向に進めつつありますので。
Posted by 反財務省 at 2018年11月19日 23:03
 日産の株が急落しそうだが、ここは、株を買った方がいいですね。ゴーンがやめれば、株はかえって上がるはずだ。
 スキャンダルだからといって株を売った人は、かえって損するね。馬鹿がやめたんだから、日産にとってはかえってありがたいはずだ。
 本項末の 【 関連項目 】 を参照。
Posted by 管理人 at 2018年11月20日 00:02
そうですね ここは買いですね
オリンパスの時と同じように業績に関係ないところですから。
今後 e-Powerのエンジンが今までの流用エンジンではなく発電専用に新設計されたものが出てくるはずなので売上増間違い無しでしょうから
Posted by P助 at 2018年11月21日 09:38
>>e-Powerのエンジンが今までの流用エンジンではなく発電専用に新設計されたものが出てくるはず

日産がE-powerを出したのはエンジン技術の維持のためかと。
今世界的に動き出した、電動化戦略はどこまでうまくいくかはわかりませんから。
自動車は必要出力の変動も激しいですし。
なので、完全発電専用のエンジンまでは考えていないでしょう。
Posted by きゅうとぴ at 2018年11月23日 12:41
今のエンジンは8000rpm近く回しても耐えられます。もしレブリミット3500rpmで良いとなるとどうなるか
しかも一定回転。これまでのエンジン設計の方向性がガラッと変わるはず。
セレナe-Powerは1200ccですよ にも関わらず 2000cc以上の圧倒的動力性能を発揮しています
https://bestcarweb.jp/feature/column/45214
(ただし長時間の全負荷走行は無理ですけどね)
だけどエンジンは流用なんです。これを新設計しないなんて考えられない
トヨタ、ホンダと違ってエンジン、変速機、モーターをセットに開発しなくてすむわけで
変速機がない分コストも低い。前後繋がなくていいので4駆にも対応しやすいです。
いい事ずくめだと思いませんか?
Posted by P助 at 2018年11月23日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ