2018年11月18日

◆ レジ袋の正しい使い方

 レジ袋の正しい使い方を、NHK の「ガッテン」で紹介していた。

 ──

 これは「刺身をおいしく食べる方法」というテーマ。刺身が劇的においしくなるそうだ。要点は下記。

  ・ スーパーの刺身を買って帰ると、まずくなる。
  ・ 理由は保温ができないから。帰途の 20分でまずくなる。
  ・ 20分で刺身の温度が急上昇し、赤い液体がにじみ出る。
  ・ これで、うまみが逃げて、味ががくんと落ちる。
  ・ おいしくするには、保温をきちんとすること。
  ・ レジ袋を正しく使えば、5度以下を保ち、おいしくなる。

 そこで結論は、「レジ袋を正しく使うこと」だ。その方法は下記。
  ・ 刺身と氷袋を並べて、その全体をさらにポリ袋で包む。
  ・ 場合によっては、それをさらにチラシで包んでもいい。
  ・ レジ袋は密閉する。空気の流入を遮断する。
  ・ レジ袋の中の空気を抜く。


 最後の二点が重要だ。この二点があるかないかで、大差が付く。たいていの人が失敗して、刺身の温度を上げてしまうのは、この二点がないからだ。
 一方、この二点を守ると、20分後でも3度ぐらいの温度を保つ。そのまま冷蔵庫のチルド室に入れればいい。
 こうして冷たいまま運んだ刺身なら、鮮度が全然違うので、味がまったく違うそうだ。劇的においしくなるという。

 ※ 保冷剤と保冷袋を使う人が大失敗していたが、それは、上記の二点がなかったから。

 ──

 さらにもう一つ、おいしくするための、裏技みたいなコツがある。「塩振り」だ。
  ・ 刺身に塩を振る。
  ・ 斜めに寝かせて、30分放置。
  ・ キッチンペーパーで塩を除去してから、冷蔵庫へ。



 ────────

 以上は、備忘録ふうのまとめ。

 詳細は、NHK のサイトで。
  → 達人直伝 本当にうまい刺身が家庭で! - NHK ガッテン!



 [ 余談 ]
 これを見て思ったが、寿司はどうなんだろう? 
 スーパーの寿司は、10度ぐらいで温度管理されている。この状態では、10度の刺身と同様で、ネタは味が落ちているはずだ。
 かといって、5度ぐらいの温度にしたら、ご飯がパサパサになってしまう。(冷蔵庫に入れたお寿司はそうなる。)
 ネタとシャリの双方をおいしく保つ温度帯というのはなさそうだ。となると、スーパーの寿司は基本的においしくないと思えるが。
 ま、実際そうですけどね。注文した寿司に比べると、大幅に落ちる。とはいえ、できたてだと、スーパーの寿司もけっこうおいしいが。並みの回転寿司と同程度のこともある。
(回転寿司は玉石混淆。かっぱ寿司はまずくて、スシローはおいしい、というのが定評だ。)

posted by 管理人 at 19:00| Comment(10) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も視聴していましたが、ガッテンは以前より盛りすぎ、誇張しすぎの感が強まっています。

実際に試してみた方の評価を知りたい処です。
Posted by 作業員 at 2018年11月18日 21:40
 番組で実際に温度測定していましたよ。科学的に結果は出ています。
Posted by 管理人 at 2018年11月18日 22:20
いや、実際にどれだけ美味しさの違いを実感できるのかという話です。
その意味で塩を振って脱水後、塩と水分を拭き取るやり方に期待をしています。かつて、(それなりに高価な)ピチットシートという脱水シートで刺身のサクを包んだ処、確かに美味しくなった覚えがありますから。
Posted by 作業員 at 2018年11月18日 22:31
 あんなに赤い汁が出たら、まずくなるのに決まっているんですけど。だいたい、刺身を 15度以上にするのなんて、論外でしょう。
 それでも味の違いがわからないのなら、自分の舌を疑った方がいいです。

 ゲストだって、「おいしい」とびっくりしているんだし。あれを「ヤラセ」でやるはずがない。民放じゃあるまいし。ヤラセの得意な イッテQ じゃあるまいし。
Posted by 管理人 at 2018年11月18日 22:35
最後に [ 余談 ] を加筆しました。
タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2018年11月18日 22:54
ドリップが出れば不味くなるのは承知していますが、店頭に並んでいる時点で、ドリップが出やすい/出にくいが店や、商品によってあるわけです。鮪はその典型です。普通に持ち帰って、あんなにドリップの出る刺身は元々美味いのか?ということです。
次エントリの地元野菜で挙げられているような、(魚の取り扱いが上手な)地元の魚屋や仕出し屋の方が店頭に並んでいる時点で既に大規模スーパーのものと差がついています。その差を持ち帰りの方法でどこまで縮めることができるのか、縮めれはしても上回ることはないだろうなぁ、というのが率直な印象です。
Posted by 作業員 at 2018年11月19日 10:36
作業員さん
おっしゃる通りで,100g500円未満のパック売りは,柵の取り方や解凍の方法が廉価品です。
そのレベルの中で少しでも工夫したいというのが,この番組の言いたい所だと思います。
ちなみに私は塩ではなく片栗粉を使っています。塩は味が付いてしまうので使いません。

それよりも,熟成を促進させる菌を付着させたシートで包んで味を向上させるという研究が成功しています。
鮪の刺身は消費期限が切れるのが美味しい(笑)ので,家庭でできるエージングは大歓迎です。
熱燗が美味しい季節になりますね。
Posted by 先生 at 2018年11月19日 11:45
本旨から逸れてしまい申し訳ありません。

先生 様
脱水に片栗粉を使うという話は初めて伺いました。〆鯖を作る際、塩味をつけ過ぎないため最初に砂糖を使った脱水は通常やっていますが。機会があれば片栗粉も試してみます。

ありがとうございました。
Posted by 作業員 at 2018年11月19日 12:05
 忘却のサチコ という番組では、マグロのおいしい食べ方があって、何やら自家製のタレを付けて食べると、甘味を感じてとてもおいしいそうだ。
 → https://anatanokurashini.info/11525.html

 塩味が少し残っても、甘味のあるタレといっしょに食べると、問題にならないのかもね。
Posted by 管理人 at 2018年11月19日 12:19
10分ですむ内容を何十分にも水増しする番組構成が苦手でガッテンあんまり見ないのですが管理人さんが分かりやすく有用な話をまとめてくださるのでありがたいです。
Posted by pulse at 2018年11月19日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ