2018年11月03日

◆ 高額な成功報酬の是非

 公的な性質のある産業革新投資機構で、優秀な経営者に高額の成功報酬を払うことの是非について考えよう。

 ──

 これは朝日新聞が本日1面トップで報じたもの。「高額の成功報酬は問題視されそうだ」という趣旨。
 《 官民ファンド、外資も驚く高額報酬 問われる透明性 》
 産業革新投資機構(JIC)が経営陣に対し、高額の成功報酬制度を設けようとしている。JICは法律に基づいて設立された公的機関で、投資資金の大半は国が持つNTT株やJT株の配当などの公的資金が原資だ。公的な側面がある業務を通じて高額報酬を受け取る是非が問われそうだ。
( → 朝日新聞 2018-11-03

 「是非が問われそうだ」なんて、他人事みたいに言っているが、タイトルで「問われる透明性」なんて書いていることからしても、朝日自体が批判的であることは明らかだ。
 そして、その理由は、「公的な側面がある事業」ということだ。しかし、本当にそうか? 

 ──

 「公的な側面」というふうに「側面」という語を使ってぼかしているが、はっきり言って、産業革新機構の扱う事業において、「公的な事業」など、ひとつもない。あるのは純然たる民間事業ばかりだ。それを「倒産させない」という点が、ちょっと公的な意味合いを持つだけであって、事業そのものはまったく公的な意味合いがない。

 公的な意味合いのある事業と言えるのは、たとえば、公共輸送機関である鉄道やバスだ。これらは公共的なものなので、公的な意味合いがある。当然、利益を目的として暴利を得て言い訳ではないし、赤字だからといって事業廃止して言い訳でもない。事業そのものが届け出制となっていて、公的認可が必要となる。また、場合によっては、国や自治体から補助金をもらえることもある。
 これらの事業では、公的な意味合いがあるがゆえに、会社が高い利益率を得ることも許されないだろう。(地域独占を利用して暴利を得ることは許されない。)また、経営者が暴利をむさぼることは許されないだろう。
 その一方で、会社が赤字を垂れ流しても、経営者はあまり批判されない。たいていの地方鉄道会社がそうだ。代表は、JR 北海道や JR 四国だ。また、多くの三セクもそうだ。赤字を垂れ流しても、経営者の責任は問われない。
 その代表が、昔の国鉄だ。超莫大な赤字を垂れ流していたが、経営者の経営責任はまったく問われなかった。そして、莫大な赤字は、国民にツケ回しされた。

 ──

 以上からわかることは、こうだ。
 公的な事業では、経営者の所得は制限されるが、責任も制限される。そのせいで、莫大な赤字を垂れ流しやすい。
 私的な事業では、経営者の成功報酬は大きいが、責任も重大だ。そのおかげで、企業は黒字化しやすい。

 このどちらがいいかといえば、国鉄の改革を見れば一目瞭然だ。経営者の給料は、十億円ぐらい節約できただろうが、事業の赤字は千億円とか兆円とか、そういう莫大な規模になった。そして、朝日新聞がめざしているのは、そういう道なのである。「経営者の給料を樹億円ぐらい減らそう。そのためであれば、事業で千億円単位の大赤字が出ても構わない。それはすべて国民にツケ回ししてしまえばいい」と。
 一文惜しみの百失い。いや、もっとひどいな。舌切り雀の欲張り婆さんもびっくりだ。
 ケチな人間というものは、目先の小さな損得にこだわるあまり、ものすごく大損しやすいのである。朝日新聞を見ると、そういうことがよくわかる。

 ──

 ちなみに、本サイトが前から何度もして意企しているのは、こうだ。
 「 JDI(ジャパンディスプレイ)は、赤字を垂れ流しているから、さっさと売却しろ(または倒産させて会社清算せよ)」
  → JDI の再建問題: Open ブログ(2016年)
  → JDI を倒産させよ: Open ブログ(2017年)
  → JDI の存続(公金投入): Open ブログ(2018年)

 私が何度も批判しているのに、その批判に従わないから、赤字は雪だるま式に拡大していった。
  → 液晶大手JDI、再建へ土俵際 構造改革で赤字最大 :日本経済新聞
  → JDI、過去最悪2472億円の赤字 スマホ向け不振:朝日新聞

 朝日新聞が産業革新機構を問題視するのなら、JDI の数千億円の赤字を問題視すればいいのだ。そして「さっさと倒産させよ」というふうに旗を振ればいいのだ。(本サイトを真似して。)
 なのに朝日には、数千億円の赤字のことは見えない。かわりに、経営者に払う数億円ぐらいの金のことばかりをやっかむ。やっかんで、嫉妬して、羨むことばかり。莫大な金が奪われていることには、さっぱり気づかないし、目にも入らない。

 小人物というのは、そういうものなのである。目先の団子のことしか考えられないのだ。





https://amzn.to/2CWazPE






 ※ 画像と本文は関係ありません。たぶん。
posted by 管理人 at 13:51| Comment(0) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ