2018年10月21日

◆ 即席コーヒーのいれ方

 インスタントコーヒーのいれ方。おいしく作るには?

 ──

 ネットで調べた限りでは、
 「いったん少量の水で粉を溶かしてから、湯を注ぐ」

 という方法が推奨されている。テレビ番組でも同様だった。
  ※ 理由はデンプンの固まるのを防ぐため。

 しかし、私の試した限りでは、次のいれ方の方がおいしい。
 「普通に粉を湯で溶かす。ただしそのあと、長い間、掻き回す。2〜3分間ぐらい」


 これはどういうことかというと、普通にちょっと掻き混ぜたぐらいでは、粉はまだ溶けきっていない。目には見えないぐらいの微粒子なので、すでに溶けているように見えるのだが、まだまだ微粒子の大きさが大きすぎる。その微粒子の状態を舌が検知して、「ざらつき感」を感じる。
 そこで、2〜3分間ぐらい掻き回すと、十分に溶けて、微粒子が十分に細分化して、湯に溶けきる。そこで「なめらか感」を感じる。と同時に、味に深みを感じる。

 ……というのが、私の舌センサーの感じたところである。
 味の好みは、人それぞれなので、誰にもこれが推奨できるとは限らない。それでも、これを好む人もいるだろう。お試しあれ。
 できれば、コメント欄に、ご報告を。



 [ 付記 ]
 「いったん少量の水で溶かしてから、湯を入れたあとで2〜3分掻き回す」
 というのも試したが、単に「湯を入れたあとで2〜3分掻き回す」のとの違いはわからなかった。



 【 PR 】



https://amzn.to/2CuTKeo

 「おいしいコーヒーのいれ方」
 という(シリーズ)タイトルのラノベ。タイトルと中身は全然関係ない。
 内容は中高生向けの恋愛小説。エッチをしない(できない)奥手の男女の話。ウブな若者の恋愛小説。
 シリーズものなので、十巻以上ある。そんなに長く続いているというのは、人気があるから。この著者の小説ではベストセラーの部類だろう。
 作者の筆力は十分にある(直木賞受賞)なので、そこいらの二流作者のラノベとはレベルが違う。ラノベのなかでは最も優れていると言えそうだ。


posted by 管理人 at 10:03| Comment(2) | 一般(雑学)5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
粉末タイプの即席味噌汁もこれでやると良い。
Posted by 先生 at 2018年10月21日 12:31
 最後に 【 PR 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2018年10月21日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ