2018年09月09日

◆ 太陽光パネルで充電

 災害時の電源としては、モバイル用のバッテリーがあるが、その充電のためには、太陽光パネルが有益だ。

 ──

 災害時の電源としては、モバイル用のバッテリーがあるが、充電する手段が問題となる。( AC電源は停電で使えないからだ。)
 そこで、太陽光パネル( 12V用)を遣うといい。ガソリン式の発電機に比べて、10分の1ぐらいのコストで済む。



https://amzn.to/2CC8dHo



https://amzn.to/2M6YQil

 ユーザー評価を見ると、モバイル用の充電システムとして、十分に実用になるそうだ。(扇風機などを動かすには物足りないが。)

 なお、これ単品でスマホに接続するのは、お薦めできない。その間、スマホがずっと接続状態で、スマホを動かせなくなるからだ。
 この太陽光パネルを使うなら、モバイル用のバッテリー(前項)と併用することが、必須だ。

 ──

 なお、弱点もある。太陽が弱まると、発電力がなくなることだ。それでも、曇り空なら、何とかなるらしい。
 1番目の商品(約 2500円)は、曇り空では出力が弱くて使えないらしい。一方、2番目の商品(約 5000円)は、曇り空でも十分な出力が得られるそうだ。下記の通り。(ユーザー評。)
夏の曇天で15V以上出てます。
 ──
曇りでも40hAのディープサイクルに充電します。
 ──
曇り空で、無負荷の状態で約19V程出ていました。

 なお、スマホの充電には 5Vあれば足りるので、少々の雨の日でもたぶん充電できると思う。(日中ならば。)

 ※ スマホの充電の電圧は、定格では 5V だが、12V でも
   大丈夫だと思える。ちなみに電気自動車の急速充電では、
   標準の何倍もの電圧を掛ける。それでも大丈夫。
 ※ スマホ本体でなく、外部バッテリーへの充電であれば、
   バッテリーの寿命が少しぐらい短くなっても大丈夫。
   (低コストで買い換えが可能なので。)

 ──

 なお、太陽光パネル単体では不十分で、電気のコントローラーも必要だ。(太陽の天候に応じて、電圧を安定させるため。)



https://amzn.to/2QgApSQ


 値段は 1000円もしないので、たいした額ではない。

 ──

 ともあれ、5万円ぐらいするガソリン式の発電機なんかを買うよりは、ずっと安価に緊急用の充電システムを構築できる。



 [ 付記 ]
 マキタの電動工具用1860バッテリーを使うといい、という提案もある。
  → 災害時のモバイルバッテリーにマキタの電動工具用1860バッテリーを使うという提案 - Togetter

 しかしこれはコストがかかる。Amazon で 12,543 円だ。
  → https://amzn.to/2Me3fzR

 また、ただの大容量バッテリーだから、iPhoneを12回充電できるにしても、それ以後は空っぽになる。
 その点、太陽光パネルなら、限度なしに、いくらでも充電し続けることができる。
 それはさておくにしても、やはり、コストの差が圧倒的だ。重さも重要。アウトドアに使うなら、重さも大事だからね。

 ──

 なお、単に大容量バッテリーがほしいのなら、マキタの電動工具用1860バッテリーよりは、乾電池式の充電器(前項)の方がいいだろう。
 これは、本体は 1000円台だから安価だし、あとは乾電池を大量に買えば、iPhoneをいくらでも充電できる。(地震が起こったら急いで乾電池を大量購入すればいい。)



 【 関連項目 】

 → 携帯式のバッテリー(前項)

posted by 管理人 at 12:00| Comment(1) |  太陽光発電・風力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 太陽光パネルの出力は鰐口グリップなので、さらに変換する必要がある。
  ・ 鰐口からシガーライターへ変換  (12V)
  ・ シガーライターから USB に変換。(5V)

 型番などは下記。
  https://amzn.to/2wZOGum

Posted by 管理人 at 2018年09月10日 08:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ