2018年08月12日

◆ 日産リーフが熱中症に

 猛暑の被害が続いているが、日産リーフも熱中症になってしまったようだ。

 ──

 熱中症というのはギャグみたいなものだが、とにかく日産リーフは暑さのせいで動かなくなってしまった。電池が充電できないという状況だ。下記記事では「夏バテ」と表現している。
 今年の夏の暑さで日産リーフが夏バテになっている。……出先の日産ディーラーで急速充電すると、30分掛かって半分にもならなかったという。ディーラーに聞いたら「暑い日はこういった状況になるんです」。困惑している感じだったそうな。
 リーフの夏ばて症状、どうやら多数発生しているようだ。
 7月下旬から日産のリーフ相談窓口はほとんど電話が繋がらない状況。
 こう書くと「他の電気自動車も同じですか?」と思うかもしれない。実はリーフ以外の電気自動車やPHV(電気自動車としても使えるプラグインハイブリッド車)の場合、走行用のリチウムイオン電池を冷却するシステムが付いており、気温上昇しても一定の温度以上にならないよう保護されている。
 リーフを除く電気自動車やPHVのリチウムイオン電池は、水冷式にしたりエアコンで作った冷気を使い冷却する。
( → 電気自動車も夏ばて? 急速充電しても低速充電に(国沢光宏)

 リーフに限って、冷却システムが備わっていないせいで、暑い日には熱中症になる。
 こんなの、欠陥車も同様ですね。
 
 私は前から何度も「リーフに冷却システムがないのは問題だ」と批判してきた。
  → 新型リーフの電池の劣化: Open ブログ
 その問題がこうして浮き彫りになったわけだ。

 なお、こういうことが繰り返されると、電池の寿命はどんどん縮まる。売却時の下取価格も暴落しそうだ。
 損得で言うと、買値はコストダウンで 20万円安くなったが、下取り時の売値は 100万の損、という感じ。1文惜しみの百失い。(具の骨頂。別名、ゴーン主義 )

 とはいえ、リーフの販売台数は激減している。
  → 日産はテスラに完敗: Open ブログ
 
 売れてないのだから、被害者数も少ないわけだ。めでたし、めでたし。
 初期に初物を買って損した人は、まあ、人柱の気分だったんだろうから、覚悟の上だろう。
 
 これからは「冷却システムの搭載されていない電気自動車は、買ってはいけない」と覚えておこう。
 リーフは駄目だ。
 リーフに続く第二弾がどうなるかが、興味深い。失敗の上塗りか。それとも劇的に改善するか。



 【 追記 】
 記事の趣旨に根本的な誤りがあったので、趣旨を訂正します。
 日産リーフは「猛暑の日に熱中症を起こす」というのは誤りでした。正しくは、「猛暑でなくても熱中症を起こす」という慢性的な熱中症であるようです。下記に証言があります。
  → 日産ZESP2「旅ホーダイ」の悪影響がひどい。 | 電気自動車オーナー
 4月15日という、肌寒い日でさえ、充電がまともにできなくなっているそうです。もう、どうしようもないですね。
 日産はリーフを生産中止にして、既存販売分は全面的に回収した方が良さそうです。
 新型リーフの電池は、旧型のものとほぼ同様であって、特段には改良されていないので、旧型と同様に、寿命の短さという問題を引き継いでいるようです。(むしろ電池量が増えた分、熱の問題による悪化は増えているようです。)

 なお、メーカーに対策してもらおうにも、
 「7月下旬から日産のリーフ相談窓口はほとんど電話が繋がらない」(上記)
 とのことだから、話をしてもらうこともできない。これはもう、詐欺も同然ですね。
 リーフを買った人は「詐欺に遭った」と思うしかないですね。

posted by 管理人 at 23:59| Comment(2) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に 【 追記 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2018年08月13日 07:53
 新型リーフは、旧型に比べて、劣化の速度が3倍だという。それだけ急速に劣化していくわけだ。
 → http://blog.livedoor.jp/toshi_792t/archives/1070831687.html


 だったら、新型を買うより、旧型を買う方がマシですね。もともと価格は下がっているし。
 とにかく、新型はゴミであるようだ。詐欺商品。

 ユーザーの体験談もある。
  → https://ganbaremmc.exblog.jp/27459029/
Posted by 管理人 at 2018年08月13日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ